神鳴り

難聴ゆえに家居の好きな主婦です。過去、心臓弁膜症、大腸がんの手術を受けました。趣味は短歌です

目に見えないものの力

2017年03月21日 15時57分29秒 | 私の意見
青蘊さんという方から、私の「今一度、天皇陛下の生前譲位について私見」にコメントいただき、そのコメントでご紹介していただいた記事を読ませていただいた。

その青蘊さんの「目に見えないものの力」に対して私がコメントしたものに対して、下記のようにコメント返しくださった。

招魂神社から靖国神社 (青蘊)
2017-03-20 08:11:28
幕末維新の名称変更と軍の変遷を考えなければ靖国は権力の功労者をただ祀ることにまります。
覇権により植民地化を守る戦いと植民地化する戦いを同じと考えることは同じ過ちをくりかえすことになります。
権力を持てば何をしても良いと考えるのは、どのような結果を招くかを今の権力者が見せてくれるようです。

幼稚園出身者の職業から判断することは、どのように仕事と向き合っているか知らずに語ることになり、今の医療や企業のかかえる歪みを助長することになると思います。

権力者として祀られる霊よりも名もなき霊の弔いに務める姿に統一する国作りのスメル精神を感じます。
危惧している私は、何を務めているのでしょう。

冒頭の画像は敵を弔う静男の舞 古への日本の敵を弔う精神から争いを収束する思考に感心します。


むずかしい問題なので、もうこのまま終わりにさせていただこうとも思っていたが、それも無責任のような気がするので、もう一度コメントさせていただく代わりに記事にすることにする。


              *


(塚本幼稚園)出身者の職業のみから判断することは単略だったかもしれませんが、しかし、(世間的に)立派な職業に就いていられる(私の知り合いの)塚本幼稚園出身者達は、職業が立派なだけではなく、人間的にも立派な方々です。

その人たちが、いまの医療や企業のかかえる歪みを助長することは、私にはまず考えられません。

そこまでは踏み込んで書かなかったのですが、私としては、そこまでの気持ちを込めて、例に挙げさせていただきました。

ニュース等で見ている限りでは、「いいところは何もない幼稚園」であるかのように報道されていますが、私が間接的に知る塚本幼稚園は、そこまで極悪非道の幼稚園ではなかったといことを書いたまでです。

その後、情勢が変わって、そういう幼稚園になったのかもしれませんが、私の知る限りではという前提のもとに書かせていただきました。

私は、最近のマスコミの、付和雷同的な報道には少なからず疑問をもっているものですから、たまたま、今回知っている幼稚園が槍玉にあげられている?ことから、少し疑義を呈してみたまでです。

また一人の人間として、たとえ罪を犯した人々に対してでも、あたかも自分は完全無欠の人間だと言わんばかりの姿勢で(罪を犯した)人々を攻撃するのは、どうかと思うところもあります。

人間、神様でなければ、完全無欠の人間などいません。

人を攻撃する前に、まず自分という人間を顧みるという姿勢も忘れたくないと思います。

それからもう一点、天皇陛下が名もなき御霊の慰霊に、というくだりですが、私が言いたいのは、日本を貶めようと画策する国々の慰霊に出かけられるのなら、それより先に、天皇陛下が守るべきこの国の「お国のため、天皇陛下のために戦った御霊の慰霊」をこそと書いたのです。

日本は、日本を貶めようと画策する国々がいうほど悪いことはしていません。

間違った自虐史により、洗脳されている国民が多いことをこそ嘆かなければなりません。

それなのに、天皇皇后両陛下は、その日本を貶めようと画策する国々に対して謝罪の旅で出られます。

これほど日本を貶める行為が許されるわけはありません。

まして、国民の血税によって立っていられる方々でありますれば、余計に。

私は皇室は必要と考える者ですが、しかし、この国のためにならない慰霊の旅などを今後も続けられるのでしたら、皇室不要論が国民の間から湧き上がってきても、これはもうとどめようもないことかと。

青蘊さんの記事からは話が逸れてしまいましたが、物事を深くお考えになられる青蘊さんなら、私のこの気持ちはご理解いただけるかと。

  国民の国民による皇室であれば持つべし国守(も)る御意志  biko

  国民を思う陛下と思ふゆゑわれらは仰ぐ天皇陛下  biko

  慰霊する旅とはすなはちどの国の慰霊をすなる天皇陛下  biko

  皇室が必要なりと思ふゆゑ人は皇室尊崇すなり  biko

  皇室を不要と思ふことあらばこれほど皇室あがめざらめや  biko

  祭祀なき皇室なれば皇室の存在意義はもはやあらざり  biko

  外国(とつくに)に出かけるひまに心込めこの国祈ることが肝要  biko

  災害の多き遠因祭祀なきお上のせいと思ふ国民  biko

  これ以上災害起こらぬ国にするために祭祀をしたまへお上  biko
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢に癒される私 | トップ | 冬道麻子さんの歌・・・「短... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モモ)
2017-03-21 19:45:14
良ければ『まるぞう備忘録』、『伊勢白山 道』というブログも、ご覧になってみてくだされば。

若輩者の私がいうのも失礼かと思いましたが、何かのヒントに繋がれば、と思いました。
モモさんへ (biko)
2017-03-21 21:51:43
コメントありがとうございます。

ご紹介くださった『伊勢白山道』は時々読ませていただいています。

『まるぞう備忘録』も探して読ませていただくようにしますね。

ご紹介ありがとうございました。m(_)m
 

こんばんは、bikoさん。 (田舎親爺)
2017-03-21 22:21:19
皆さん、色々なお考えを
お持ちですね。

なるほど・・・

いい、勉強させていただき
ました。

田舎親父さんへ (biko)
2017-03-21 22:45:25
七面倒なことを書いているように見えると存じます。

私も最近までは知らなかったことを教えてくれる人がいて学ばせていただきました。

そしてただ漫然とニュースを受けるだけではいけないと思うようになりました。特に皇室のことに関して国民も考えるべき時期にきていると。

それで時々記事にさせていただいています。

お読みいただき、ありがとうございました。m(_)m
春分の日 (青蘊)
2017-03-22 09:30:06
帰省している娘と孫に振り回されつつ、春分の日の朝日を岡の上で拝みました。ちょうど南中線に下弦の月が座しており、目に見えぬ世界と目に見える世界を半月で象徴しているようでした。

あめつちに起ることは命の現れ、そんな考えが古への人は持っていたと想えます。自らの感性の鍛錬をしていた。

今ある雑多なことから何を選択するか
とりあえず孫は帰ったところです。
青蘊さんへ (biko)
2017-03-22 09:51:50
コメントありがとうございます。

上の記事で私なりのコメント返しをさせていただきましたが、青蘊さんのお考えはとても奥深く、私は十分に咀嚼できていないかもしれませんね。

とは言っても、読ませていただくことで何等かの示唆が得られるような気もいたしますので、これからも貴ブログを読ませていただくと思います。どうぞこれまで通りよろしくお願い申し上げます。m(_)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL