蔵書目録

明治・大正・昭和:来日舞踊家、音楽教育家、来日音楽家、音譜・楽器目録、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

「平和博覧会、慈善大舞踏会、瀕死の白鳥」 エリアナ・パヴロバ (1922-26)

2011年12月26日 | エリアナ・パヴロバ
  英国皇太子殿下お成りの節城内演舞場に於て台覧の光栄を荷ふパウロヴア嬢のダンスです。

 上の写真は、大正十一年 〔一九二二年〕 四月五日発行の『平和博覧会画報』 発行所 大阪毎日新聞社 の表紙〔部分〕である。

   
  
 慈善大舞踏会

 お茶の水女学校出身者よりなる作楽会及び木曜会の諸夫人令嬢主催で、二月二十四日、二十五日の両日、丸の内有楽座に於いて、舞台の名手エリアナ・パヴロバ嬢主演の復生病院同情会寄附の慈善大舞踏会が開催されました。因(ちな)みに、復生病院は東海道御殿場にあり、明治十七年創立仏蘭西人によつて経営される癩病の病院です。

 ・パヴロバ嬢のダンス姿 〔上左〕
 ・パヴロバ嬢とワセリークルツピン氏のダンス姿。 〔上右〕

 上の写真は、大正十二年 〔一九二三年〕 四月一日発行の『淑女画報』 四月号 第拾貳巻 第四号 の口絵に掲載されたエリアナ・パヴロバ主演の「慈善大舞踏会」四枚中の二枚である。

   
 
 再び来朝のパヴロバ嬢   震災前日本に在つた舞踏家

  エリアナ・パヴロバ嬢はその後上海へ去つたゐたが 今回後援会の熱誠な希望により再び来朝した 写真はスペインの踊姿

  A SOUTHERN EMOTION,   “Senorita” lleana Pavrova, the noted danseuse, is now staying in Tokyo.

 この写真は、エリアナ・パヴロバで、『アサヒグラフ』〔第五巻 第二号:大正十四年(一九二五年)七月八日〕の表紙を飾ったものである。

 

 パフロワ嬢の瀕死の白鳥

  露国舞踊家 エリアナ パブロワ嬢の最得意とする舞踏 瀕死の白鳥です 七月二十四日 日比谷公園の納涼会で 演じたるもの

  “Dying Swan”performed by Miss Pavlova, the Russian dancer, at the summer evening entertaiment given at Hibiya Park on July 24.

 この写真は、大正十五年 〔一九二六年〕 九月一日発行の 『婦人画報』 九月号 第二百五十二号 のグラフィックの一枚である。
『芸術家』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『清国写真帖』(写真画報臨... | トップ | 『アンナ・パヴロワ』 (192... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エリアナ・パヴロバ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事