蔵書目録

明治・大正・昭和:来日舞踊家、音楽教育家、来日音楽家、音譜・楽器目録、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

「舞踊と独唱の会」日本青年館(1927.3.5-6)

2017年09月15日 | エリアナ・パヴロバ
    

  若き満都の人々に 艶麗花の如き 
舞踊独唱

      三月五日六日夜六時より 於 青山外苑 日本青年館

  主催 国際芸術舞踊協会
  後援 読売新聞社

  プログラム

        第一日五日

 1.ハンガリヤンダンス             … アストロフ氏
 2.サロメの死                 …   〃
 3.ソプラノ独唱                … 佐藤美子嬢
  A)濱の媾曳      … 山田耕作作
  B)燕         … 弘田龍太郎作
 4.幻想的舞踏                 … ナデジタ・パヴロバ嬢
 5.トンボの舞     … クライスラー作   … エリアナ・パヴロバ嬢
                    ー休憩ー
 6.スパニッシュダンス … ルビンシュタイン作 … アストロフ氏
 7・ニグロの踊     … ラベルデイ作    … 春野芳子 瀬川光子 瀬川正子 深澤君美男 與世山彦士
 8.ワルツ       … ベーベル作     … アストロフ氏
 9.ポルカ       … シャミナード作   …   〃
 10. 瀕死の白鳥     … サンサーン作    … エリアナ・パヴロバ嬢
                    ー休憩ー
 11. 嫌はれたアルキン              … 芝麗子 與世山彦士 深澤君美男
 12. インデアンダンス  … リンゼル作     … アストロフ氏
 13. 焰の舞       … グリーク作     …   〃
 14. ソプラノ独唱                … 佐藤美子嬢
  A. ハバネラの歌(オペラカルメンノ中ヨリ)… ビゼー作
  B. 遠きサンタルチア  … マリオ作
 15. 森の精       … グリーク作     … ナデジタ・パヴロバ嬢
 16. 萌え出ずる春(舞踊詩) … ストラウス作  … エリアナ・パヴロバ嬢主演
                           芝麗子 春野芳子 瀬川光子 瀬川正子 深澤君美男 與世山彦士

         第二日六日

 1.プレリュード    … ラハマニノフ作   … アストロフ氏
 2.カルメン      … ビゼー作      …   〃
 3.ソプラノ独唱                … 佐藤美子嬢
  A)銀の小箱      … 杉山長谷夫作
  B)君と別れて     … 信時潔作
 4.ハンガリヤンダンス … ブラームス作    … ナデジタ・パヴロバ嬢
 5.悲しきワルツ    … シベリウス作    … エリアナ・パヴロバ嬢   
                     ー休憩ー
 6.スパニッシュダンス … ルビンシュタイン作 … 深澤君美男・春野芳子
 7.さすらひの人    … サンサーン作    … アストロフ氏
 8.花の精       … リンゼル作     …   〃
 9.マヅルカ      … ウイニヤスキー作  … アストロフ氏
 10. ユジツトとアラフェルマの首         … エリアナ・パヴロバ嬢
                     ー休憩ー
 11. オランダ娘(コミックバレー)        … パヴロバ生徒五名
 12. 朝         … グリーク作     … アストロフ氏
 13. オリエンタル ダンス            … ナデジタ・パヴロバ嬢
 14. エクセントリックダンス           … アストロフ氏
 15. ソプラノ独唱                … 佐藤美子嬢
  A. ジプシーの歌(カルメンの内より) … ビゼー作
  B. 嘆きのセレナータ  … トセルリ作
 16. 新舞踊                   … エリアナ・パヴロバ嬢主演 他 生徒
   「光」
     芝麗子  春野芳子  瀬川光子 瀬川正子 與世山彦士 深澤君美男
         マネージ・南欧商会演芸部
     音楽 …鈴木正一氏 … 電気照明 … 竹石秀明氏
    パヴロバ嬢生徒 … 当日出演者 … 二年生 … 芝麗子   … 春野芳子 … 與世山彦士
                      一年生 … 深澤君美男 … 瀬川光子 … 瀬川正子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「音楽と舞踊の会」 軍人会館 (1940.6)

2016年01月07日 | エリアナ・パヴロバ
  

 創立十周年記念
  音楽と舞踊の会
     昭和十五年六月六日(水)午後七時開演・於九段軍人会館

        プログラム

 ピアノ独奏
    ポール・ヴイノグラードフ教授

  1.ポロネーズ          ‥ ショパン曲
  2.ハンガリアンラプソディー二番 ‥ リスト曲

 独唱   賛助 長門美保嬢

  1.かごかき ‥ 貴志曲
  2.田植歌  ‥ 橋本曲
  3.歌劇「フライシュッ」中のアガーテのアリア ‥ ウェーバー曲

 舞踊
      エリアナ・パヴロバ教授

  1.狂人    ‥ マグトヴェル曲
  2.瀕死の白鳥 ‥ サンサーン曲

 バレー

  ショピニアナ  ‥ ショパン曲

 ヴアイオリン独奏
       ヴアレンチーナ・アバザ教授
    伴奏   アレキセイ・アバザ教授

  1.シンプル アヴイユー  ‥ トマー曲
  2.ポロネーズ ブリランテ ‥ ウイニヤウスキー曲

 合唱   指揮 三浦泰教授
      伴奏 strong>アレキセイ・アバザ教授  

  1.美しく碧きドナウ ‥ シュトラウス曲
  2.ふるさとへ    ‥ ドヴォルザーク曲

 主催・大森高等音楽院
     大森区入新井一ノ一六四

  会員券
    1円20銭
    2円40銭「税共」
    3円60銭

  プレイガイド・三省堂・音楽新聞社
  各楽器店・音楽書院・当日会場  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「一周忌 追悼舞踊大会」(エリアナ・パヴロバ)(1942.6)

2015年12月04日 | エリアナ・パヴロバ
 
 
 故 陸軍軍属 エリアナ・パヴロバ
  一周忌 追悼舞踊大会
        一 一流現代舞踊家・音楽家大挙協賛出演 一

    日時・六月二十六日(金)夜六時
    会場・九段 軍人会館
     
        一 入場料 一
         自由席 金二円(内税四割) 指定席 金三円五拾銭(内税四割

 昭和十六年六月、陸軍軍属として前線慰問出演中、不幸にも病死せる、エリアナ・パヴロバ(帰化後の日本名、霧島エリ子)の我が国舞踊界に残せる功績は余りにも大きい、茲に故人の一周忌を迎えるに当り、我が国一流舞踊家、音楽家諸氏の美しき賛助の下に、この追悼舞踊大会を開催するを得たるは洵 まこと に欣快に堪えません。何卒本会の為めに特別なる御理解と御熱心なる御後援とを賜り度くお願ひ致す次第であります。
 (本会開催に依る純益金は故エリアナ・パヴロバの慰族にお贈りする事になつて居ります。)

    主催・エリアナ・パヴロバを偲ぶ会
    後援・大日本舞踊連盟現代舞踊部

  開催順序・曲目<strong>開催順序・曲目</strong>

      ▽第一部

 一、開会の辞             ‥‥‥‥ 篠塚榮次
                       貴族院議員
 一、良き日本人としてのパヴロバを語る ‥‥‥‥ 平沼亮三
                         青木得三
 一、舞踊               ‥‥‥‥ パヴロバ舞踊研究所
   
   Ⅰの部
    (イ)アベマリア (ロ)田園舞踊 (ハ)子供     (ニ)小鬼人       (ホ)ガボット (ヘ)ウクライナ・ダンス (ト)月見草
    (チ)蜘蛛と蠅  (リ)夢    (ヌ)ファンタージ (ル)ピエロとピエレッタ (ヲ)瀕死の白鳥
   Ⅱの部
     バレー歌劇「ジョコンダ」より
     時の踊り
   
         笹田繁子 笹田幸子 羽村京子 イリーナ・マルカロワ 涌井武子 小松三代子 大瀧愛子 松田妙子 松岡緑 東海林睿子 飯島純子
         渡邊明子 坂本幸子 池上恭子 池上淳子       清水麗子 岸波俊子  戸田静子 柴崎和子  一  綾城點   島田廣

      ▽第二部
                
                       舞踊評論家
 一、パヴロバの舞踊界に於ける功績に就いて ‥‥‥牛山充
 一、・  (キング専属)松島詩子  (コロムビア専属)中野忠晴
 一、舞踊(公演曲目未定)
  
         片岡マリー    ・久世玉枝  ・芝晴園
         橘秋子と研究所員 ・貝谷八百子 ・東勇作
         藤田繁


      ▽第三部
               
                         皇軍慰問芸能編成委員長
 一、芸術家と前線慰問に就いて       ‥‥‥‥‥ 西村樂天
                         テイチク専属
 一、 (題未定)           ‥‥‥‥‥ 東海林太郎 
 一、舞踊                      (順不同)
      一、題未定           ‥‥‥‥‥ 梅園龍子
      一、槍の踊(三條昭曲)    ‥‥‥‥‥ 益田隆
      一、スペイン舞踊       ‥‥‥‥‥ 河上鈴子
      一、タンゴ(アルベニーツ曲) ‥‥‥‥‥ 山田五郎
      一、春  (石井五郎曲)   ‥‥‥‥‥ 小森敏
      一、題未定          ‥‥‥‥‥ 高田せい子
 一、閉会の辞              ‥‥‥‥‥ 吉田修三

       (各出演者の特意の作品並に此の会の為めに新作中のもの等、詳しくは当日のプロに記載致します)

            音楽・高勇吉三重奏団
            照明・松崎國雄

 エリアナ・パヴロバを偲ぶ会発起人

   平沼亮三 青木得三  加藤タカ 澤静子  金光はつ  石井漠  西村楽次 牛山充   江口隆哉 高田せい子 小森敏  池森康敝  河上鈴子
   山田五郎 東海林太郎 中野忠晴 松島詩子 広瀬堅二郎 梅田美喜 藤田繁  笹田千惠子 橘秋子  東勇作   篠塚榮次 貝谷八百子 吉田修三

      パヴロバを偲ぶ会事務所
          東京文化演奏社

      パヴロバ舞踊研究所
                  17.6.20
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平和博覧会、慈善大舞踏会、瀕死の白鳥」 エリアナ・パヴロバ (1922-26)

2011年12月26日 | エリアナ・パヴロバ
  英国皇太子殿下お成りの節城内演舞場に於て台覧の光栄を荷ふパウロヴア嬢のダンスです。

 上の写真は、大正十一年 〔一九二二年〕 四月五日発行の『平和博覧会画報』 発行所 大阪毎日新聞社 の表紙〔部分〕である。

   
  
 慈善大舞踏会

 お茶の水女学校出身者よりなる作楽会及び木曜会の諸夫人令嬢主催で、二月二十四日、二十五日の両日、丸の内有楽座に於いて、舞台の名手エリアナ・パヴロバ嬢主演の復生病院同情会寄附の慈善大舞踏会が開催されました。因(ちな)みに、復生病院は東海道御殿場にあり、明治十七年創立仏蘭西人によつて経営される癩病の病院です。

 ・パヴロバ嬢のダンス姿 〔上左〕
 ・パヴロバ嬢とワセリークルツピン氏のダンス姿。 〔上右〕

 上の写真は、大正十二年 〔一九二三年〕 四月一日発行の『淑女画報』 四月号 第拾貳巻 第四号 の口絵に掲載されたエリアナ・パヴロバ主演の「慈善大舞踏会」四枚中の二枚である。

   
 
 再び来朝のパヴロバ嬢   震災前日本に在つた舞踏家

  エリアナ・パヴロバ嬢はその後上海へ去つたゐたが 今回後援会の熱誠な希望により再び来朝した 写真はスペインの踊姿

  A SOUTHERN EMOTION,   “Senorita” lleana Pavrova, the noted danseuse, is now staying in Tokyo.

 この写真は、エリアナ・パヴロバで、『アサヒグラフ』〔第五巻 第二号:大正十四年(一九二五年)七月八日〕の表紙を飾ったものである。

 

 パフロワ嬢の瀕死の白鳥

  露国舞踊家 エリアナ パブロワ嬢の最得意とする舞踏 瀕死の白鳥です 七月二十四日 日比谷公園の納涼会で 演じたるもの

  “Dying Swan”performed by Miss Pavlova, the Russian dancer, at the summer evening entertaiment given at Hibiya Park on July 24.

 この写真は、大正十五年 〔一九二六年〕 九月一日発行の 『婦人画報』 九月号 第二百五十二号 のグラフィックの一枚である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第二回有楽座ヴァラエティー」 有楽座 (1920.9)

2011年10月13日 | エリアナ・パヴロバ
 表紙には、「第二回 有楽座ヴァラエティー 大正九年 〔一九二〇年〕 九月十八日より 同 九月廿三日まで 毎夕六時半開演 有楽座」などとある。三つ折れ、20.3センチ。
 広告は、「今日は有楽座 明日は三越」の三越呉服店・白木屋呉服店・高島屋呉服店などである。

 出演者

 一 バレー  ヘレナ、パヴロワ嬢
         他十余名
 一 薩摩琵琶 永田錦心
 一 講談   一龍斎貞山
 一 落語   三遊亭圓右
 一 長唄   長唄玉振会連中

         唄       三味線       囃子

 (十八日) 杵屋勘次   杵屋勘喜代  笛  望月長子
       杵屋梅次    杵屋正次  小鼓 望月初子 同 望月春子
       杵屋家壽次   杵屋広次   大鼓 望月太賀
       杵屋勘光    杵屋勘久   太鼓 望月稲子

 〔以下、(廿二日)まで省略〕

 (廿三日) 杵屋勘次   杵屋勘喜代  笛  望月長子
       杵屋梅次    杵屋勘久  小鼓 望月芦香 同 望月八千代
       杵屋勘光    杵屋廣次    大鼓 望月太伊
       杵屋勘綾   杵屋勘梅   太鼓 望月初子

 一 露西亜舞踊劇

         ヘレナ  パヴロワ嬢
         ナヂエダ パヴロワ嬢
         ベー クルウピン氏

   シナリー。ニアバアタヤ。ビイシニブスカヤ。エルナフ。ベリナ。アグニワ。ロフボスキー。バセリポスカヤ。トバリ。エリザンテン。カルスカヤ。ボルスカヤ。レピナ。メリナの諸嬢 
   エブギナスキー。バニスキー。アレキシーフ。コンスタンチノフ。ジエツク。サーコフ。コビネスキー。ペトロフの諸氏。 
    総て露国舞踊家三十余名出演 
     附 管弦楽団

     十八日 (初日)

 一、バレー(舞踊) … 「クリスマスの夜」
 二、講談      … 「大高源吾」
 三、薩摩琵琶    … 「川中島」
 四、落語      … 「累ヶ淵」
 五、長唄      … 「賤機帯」   
   ロシアンバレー
 六、露西亜舞踊劇  … 「アジアデ」

     十九日 (二日目)

 一、バレー     … 「クリスマスの夜」
 二、講談      … 「前原伊助」
 三、薩摩琵琶    … 「吉野落」
 四、落語      … 「富久」
 五、長唄      … 「勧進帳」
 六、露西亜舞踊劇  … 「アジアデ」

     二十日 (三日目)

 一、バレー     … 「クリスマスの夜」
 二、講談      … 「本能寺」
 三、薩摩琵琶    … 「梅川と忠兵衛」
 四、落語      … 「九段目」
 五、長唄      … 「吉原雀」
 六、露西亜舞踊劇  … 「アジアデ」

     二十一日 (四日目)

 一、バレー     … 「クリスマスの夜」
 二、講談      … 「石童丸」
 三、薩摩琵琶    … 「二度目の清書」
 四、落語      … 「にう」
 五、長唄      … 「楠公」
 六、露西亜舞踊劇  … 「アジアデ」

     二十二日 (五日目)

 一、バレー     … 「クリスマスの夜」
 二、講談      … 「台湾人」
 三、薩摩琵琶    … 「秋色桜」
 四、落語      … 「まくら屋」
 五、長唄      … 「綱館」
 六、露西亜舞踊劇  … 「アジアデ」

     二十三日 (六日目)

 一、バレー    … 「クリスマスの夜」
 二、薩摩琵琶   … 「西行」
 三、講談     … 「天野屋利兵衛」
 四、落語     … 「夢の瀬川」
 五、長唄     … 「新曲 浦島」
 六、露西亜舞踊劇 … 「アジアデ」

    御入場料 
 特等 二圓 一等 一圓八十銭 
 二等 一圓五十銭 三等 五十銭
    外一切御不要

 ○ 「第二回 有楽座ヴァラエティー 露国舞踊劇梗概 ロシアン - バレー 大正九年 九月十八日より 同 九月廿三日まで 毎夕六時半開演」とある。23.4センチ、片面刷り。
 内容は、日文と英文の配役・梗概などである。なお、( )内は、下の写真の英文の梗概より補充。

 ロシアン バレー (RUSSIAN BALLET)
 露国舞踊劇梗概

 第一、バレー
  『クリスマス ナイト バレー (CHRISTMAS NIGHT BALLET)』 (From 6 30 p.m.)
      第一の天使 ヘレナ・パヴロバ (Miss Helena Pavlova) 〔エリアナ・パヴロバ〕  嬢 
      第二の天使 ナジジヤ・パヴロバ (Miss Najidia Pavlova) 嬢
           他九人の天使出演
 
 雪の降りしきる寒き降誕祭の夜、二人の憐れなる孤児は飢と寒さに悩まされつゝ、とある家の軒先きにたどりつきしが、ふと窓より家内の様子を伺ひ見るに、輝かしきクリスマスツリーを圍繞しつゝ幾多の若き男女は楽しげに唄ひ且つ舞ひ居たり。彼女は暫らく此暖かく且つ楽しげなる有様を羨望の眼を以て眺め居たりしが、尚も襲ひ来る寒さと餓に堪えかねて遂に其場に昏倒し果てたり。ふと心付けば彼女は美くしきクリスマスツリーの蔭に安らかなる憩を貪り数人の天使は彼女を取りかこみつゝ美妙なる音楽につれて舞ひ居たり。彼女の憐れなる魂は斯くして暖かく楽くし且つ安らかに天使の手に抱擁されつゝ天上する事を得たりしなり。

 第六舞踊劇
  『アジアデ (ASIADE)』(From about 8.30 p.m.)

 大公    ブイ・クルーピン (Mr. V. Krupin)氏   アジアデ  ヘレナ・パヴロワ嬢
 第一の妾  ナジジヤ・パヴロバ嬢 (Assisted by 30 Artists) 
 其他の妻  エルナフ嬢 
 其他の妻  ベリナ嬢        同     アグニヴ嬢
 同     ロフボスキー嬢     同     バセリボスカヤ嬢
 同     トバリ嬢        同     エリザンチン嬢
 同     カルスカヤ嬢      同     ボルスカヤ嬢 
 宦官    エブナスキー氏     舞姫    シナリー嬢 
 同     ニアバタヤ嬢      同     ビシニブスカヤ嬢 
 奴婢    レピナ嬢        同     メリナ嬢 
 ベドイン人 パニスギー氏      同     アレキシーフ氏 
 同 コンスタンヂノフ氏

 印度大公の閨房。大公は幾多妻妾の歌舞嬌態にも漸く倦怠を感じ何等か新しき興味を欲求しつゝありし折柄一度ベドウイ人の誘拐羅致せるアジアデの美貌を見て甚く心を動かし、彼女の愛を求めんが為めあらゆる財宝を提供せんと云ふ。アジアデは何者を欲せず只一身の自由を得ん事を望み、恰も大公の意に従ふが如く装ひて私かに酒中に毒を投じて勧め、太公の死に依りて城中大混雑を来せる其隙に乗じ、彼女は旨々と虜の身より脱れ出づると云ふ筋なり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加