蔵書目録

明治・大正・昭和:来日舞踊家、音楽教育家、来日音楽家、音譜・楽器目録、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

『写声機平円盤曲名一覧』 十字屋 2 (1905.4)

2013年11月26日 | 明治 音譜目録 十字屋
 ◎義太夫之部 奏曲者 浄瑠璃 竹本相生太夫 三絃 船澤彌七

 一六〇 A 10吋 朝顔日記(宿屋)
 一六一 A 10吋 千両幟
 一六二 A 10吋 明鳥
 一六三 A 10吋 太功記(十段目)
 一六四 A 10吋 三十三間堂(木遣)
 一六五 A 10吋 壷阪寺
 一六六 A 10吋 堀川御所
 一六七   10吋 沼津里の段
 一六八   10吋 朝顔日記(大井川)
 一六九   10吋 野崎の連引
 一七〇   14吋 阿古屋(三曲)
 一七一   10吋 阿波の鳴戸
 一七二 A 10吋 野崎村(自一至二)
 一七三 A 10吋 櫓太鼓(曲引)
 一七四   10吋 小春治兵衛 紙屋の段

        奏曲者 浄瑠璃 竹本殿太夫 三絃 竹本和佐太夫

 一七五   10吋 廿四孝(十種香の段)
 一七六   10吋 太功記(夕顔棚の段)
 一七七   10吋 壺阪寺(奥の万歳)
 一七八   10吋 阿波の鳴戸(順礼歌)
 一七九   10吋 白石噺(揚屋の段)
 一八〇   10吋 野崎の連引
 一八一   7吋 蝶花形(八ツ目)
 一八二   7吋 源平布引の滝(三人上戸)
 一八三   7吋 安達ヶ原三段目(袖萩祭文自一至二)
 一八四   7吋 玉藻前(三段目)
 一八五   7吋 熊谷呼戻し
 一八六   10吋 朝顔日記(大井川)
 一八七   10吋 堀川(猿廻し)
 一八八   7吋 伊賀越沼津の里(連引)
 一八九   7吋 日吉丸(三段目)

        奏曲者 浄瑠璃 竹本小豊後 三絃 鶴澤團光

 一九〇 B 10吋 菅原寺子屋(いろは送り)
 一九一 B 10吋 三勝半七 酒屋(サワリ)
 一九二 B 10吋 忠臣蔵(三段目)
 一九三 B 10吋 恋飛脚(新口村)
 一九四 B 10吋 恋娘昔八丈(鈴ヶ森の段)
 一九五   10吋 卅三間堂(キヤリ)
 一九六 B 10吋 堀川(鳥邊山)
 一九七 B 10吋 千代萩(御殿)
 一九八 B 10吋 廿四孝(サワリ)

        奏曲者 浄瑠璃 豊竹昇之助 三絃 豊竹菊

 一九九   10吋 廿四孝(四段目)
 二〇〇   10吋 千両幟
 二〇一   7吋 三十三間堂
 二〇二   10吋 壷坂寺
 二〇三 AB10吋 阿波の鳴戸
 二〇四 AB14吋 小春治兵衛 紙屋

 ◎清元之部 奏曲者 浄瑠璃 清元彌生太夫 三味線 清元梅吉 上調子 清元藤吉

 二〇五 A 10吋 神田まつり
 二〇六 A 10吋 北洲千年壽
 二〇七 A 10吋 吉原雀
 二〇八 A 10吋 志賀山三叟
 二〇九 A 10吋 保名物狂
 二一〇 A 10吋 三人生酔(笑ひ)
 二一一 A 10吋 梅の春

 ◎清樂之部  奏曲者 月琴、琵琶、提琴、風琴、清笛、胡弓  長原梅園社中

 二一二 C 10吋 春雨
 二一三 D 10吋 松竹梅(流水)
 二一四 D 10吋 西皮調
 二一五 C 10吋 御所車
 二一六 D 10吋 平板調湘江浪
 二一七 C 10吋 安宅の松

 ◎草笛之部  奏曲者 笛 望月太左藏 三絃 杵屋淺吉

 二一八 A 10吋 執着獅子(三下り)
 二一九 A 10吋 老松(二上り)
 二二〇 A 10吋 道成寺(梅と三々桜)
 二二一 A 10吋 越後獅子
 二二二 A 10吋 八千代獅子(合の手)
 二二三 A 10吋 舌出三番叟(花が咲き候)
 二二四 A 10吋 祇園 囃子(能営)
 二二五 A 10吋 安宅 

 ◎河東節之部  奏曲者 浄瑠璃 山彦住江 三絃 山彦秀子

 二二六 A 10吋 東山掛物揃
 二二七 A 10吋 熊野
 二二八 A 10吋 邯鄲
 二二九 A 10吋 江戸櫻(助六)

 ◎園八節之部 奏曲者 宮園千秀

 二三〇 B 10吋 桂川恋の柵

 ◎富本節之部 奏曲者 浄瑠璃 富本友喜 三絃 名見崎得壽

 二三一 A 10吋 鞍馬獅子
 二三二 A 10吋 浅間
 二三三 A 10吋 松風 

 ◎新内節之部 奏曲者 鶴賀杵太夫 富士松和國

 二三四 C 10吋 明鳥(自一至三)
 二三五 E 10吋 新内流し
 二三六 C 10吋 千両幟
 二三七 E 10吋 小鍛冶
 二三八 C 10吋 阿放陀羅経(自一至二)
 二三九 D 10吋 花井お梅(自一至二)
 二四〇 D 10吋 明鳥
 二四一 C 10吋 蘭蝶
 二四二 E 10吋 東海道膝栗毛

 ◎聲色之部

 二四三 D 10吋 鞘當(市川團十郎 尾上菊五郎)
 二四四 D 10吋 伊勢三郎(市川團十郎 中村芝翫)
 二四五 D 10吋 大杯(市川團十郎 市川左團次)
 二四六 D 10吋 小松諫言(市川團十郎)
 二四七 D 10吋 加藤清正(市川團十郎)
 二四八 D 10吋 實盛(尾上菊五郎)
 二四九 D 10吋 勧進帳(市川團十郎 市川左團次)
 二五〇 D 10吋 忠臣蔵實録(市川團十郎)
 二五一 D 10吋 鈴ヶ森(市川團十郎 中村芝翫)
 二五二 D 10吋 酒井左衛門尉(市川團十郎)
 二五三 D 10吋 河内山宗俊(市川團十郎)
 二五四 D 10吋 彌太五郎源八(市川團藏 片岡市藏)

 ◎講談及落語之部  奏曲者 松林伯知      

 二五五   10吋 木村長門守堪忍袋 (自一至二) 
 二五六   10吋 勝田新左衛門
 二五七   7吋 大高源吾竹賣 (自一至二)
 二五八   10吋 神風連
 二五九   10吋 大盃 (自一至二)

           奏曲者 橘家圓喬

 二六〇   7吋 いき過ぎ
 二六一   7吋 肴の咄(下男のシャレ)
 二六二   10吋 皿屋敷
 二六三   10吋 欲ひ物覚帳 (自一至二)
 二六四   7吋 曾我打丸(東京見物)

 ◎甚句之部  奏曲者 力士 荒岩龜之進  

 二六五   10吋 角力甚句 (自一至二)

 ◎木遣之部                     

 二六六 C 10吋 小車(返しさりとて)
 二六七 C 10吋 黒金 (自一至二)
 二六八 C 10吋 軽井沢花尽し
 二六九 C 10吋 大車(視き節)
 二七〇 C 10吋 惠志 (自一至二)
 二七一 C 10吋 打物尽し

 ◎物眞似之部

 二七二 A 10吋 鶏 馬 犬
 二七三 D 10吋 汽車

 ◎浪花節之部 奏曲者 鼈甲齋虎丸

 二七四 E 10吋 龍の口(自一至三)
 二七五 E 10吋 東白浪(自一至三)
 二七六 E 10吋 廿四天下(自一至三)
 二七七 E 10吋 辨慶五條橋(自一至三)
 二七八 E 10吋 開花之魁水戸黄門記(自一至三)
 二七九 E 10吋 後れ咲榛名の梅ケ香(自一至三)

 ◎雑曲之部  奏曲者 春風亭桜枝

 二八〇 A 10吋 大津絵日清戦争
 二八一 C 10吋 伊予節都々逸
 二八二 B 10吋 流行歌寄
 二八三 A 10吋 都々逸チャボ、犬、義太夫
 二八四 C 10吋 淀川三十石
 二八五 A 10吋 都々逸
 二八六 A 10吋 追分都々逸

        奏曲者 新橋 須摩子 外二人

 二八七 C 10吋 筑摩川
 二八八 B 10吋 常磐津山姥
 二八九 AB10吋 長唄砧
 二九〇 A 10吋 かつぽれ
 二九一 A 10吋 都々逸

        奏曲者 新橋 喜多、榮次、琴治

 二九二 C 10吋 京の四季
 二九三 C 10吋 学者節
 二九四 C 10吋 獅子はほんかいな
 二九五 C 10吋 木遣くづし
 二九六 C 10吋 住吉

        奏曲者 新橋 喜代次、歌榮

 二九七 A 10吋 空ほの暗きぬしさん
 二九八 A 10吋 君は今頃獅子ほんかいな
 二九九 A 10吋 法界節
 三〇〇 C 10吋 京の四季

        奏曲者 新橋 喜代次 〆子 小蝶 若吉

 三〇一 A 10吋 をしよろ高島
 三〇二 A 10吋 喜撰
 三〇三 B 10吋 磯節越後甚句
 三〇四 A 10吋 かつぽれ
 三〇五 C 10吋 筑摩川
 三〇六 A 10吋 高砂角力甚句

        奏曲者 新橋 登女子

 三〇七 B 10吋 ごぜの高砂
 三〇八 B 10吋 をけさ角力
 三〇九 B 10吋 惚て通へば

        奏曲者 吉原 貞子、清子、夏子

 三一〇 B 10吋 秋の夜
 三一一   10吋 宇治は茶所
 三一二 B 10吋 有明及磯節
 三一三 A 10吋 ひやゝ節
 三一四 A 10吋 新内二上り
 三一五 B 10吋 夜桜及きりゝす
 三一六 C 10吋 木遣どんしよめ
 三一七 A 10吋 木遣くぜり
 三一八 B 10吋 端歌及都々逸
 三一九 A 10吋 昔噺の歌
 三二〇 B 10吋 蝶々とまれ二上り
 三二一 A 10吋 法界節
 三二二 B 10吋 春風桜の松
 三二三 A 10吋 丹波
 三二四 C 10吋 わしが思ひ三下り

        奏曲者 吉原 孝作 小奴 小勝 他三人

 三二五   10吋 御座付
 三二六   10吋 三下り
 三二七   10吋 汐汲
 三二八   7吋 忍ぶ恋路
 三二九   7吋 多摩川
 三三〇   7吋 文句入都々逸
 三三一   7吋 かつぽれ
 三三二   10吋 東京甚句及名古屋甚句
 三三三   10吋 三下り
 三三四   7吋 廻り都々逸
 三三五   7吋 海晏寺
 三三六   7吋 菊慈童
 三三七   7吋 御座付三下り
 三三八   7吋 御所と鎌倉
 三三九   7吋 夕暮替へ歌

        奏曲者 葭町 三 三、榮子

 三四〇 B 10吋 桃太郎の歌
 三四一 D 10吋 梅にも春
 三四二 C 10吋 もつれ柳
 三四三 C 10吋 雨の夜竹になりたや

        奏曲者 新富町 小玉、小新、竹松

 三四四 E 10吋 端歌香に迷ふ
 三四五 E 10吋 阿放陀羅經(自一至三)
 三四六 D 10吋 常盤津吃又角兵衛獅子
 三四七 E 10吋 名古屋甚句

        奏曲者 

 三四八   7吋 夕暮
 三四九   10吋 春雨
 三五〇   10吋 御所車
 三五一   7吋 宇治は茶所
 三五二   10吋 かつぽれ
 三五三   10吋 梅にも春
 三五四   10吋 新内流シ
 三五五   10吋 三番叟
 三五六   7吋 大津絵
 三五七   10吋 日清俗歌進軍

        奏曲者 三桝屋勝次郎、樂丸、萬代

 三五八   10吋 二上り木遣くずし咲た桜
 三五九   10吋 仲の町二上り新内
 三六〇   7吋 櫓太鼓
 三六一   7吋 端歌きぬゝ
 三六二   10吋 酒宴の場
 三六三   10吋 本納の木遣くずし富士の白雪
 三六四   10吋 鶴亀の二上り
 三六五   7吋 越後獅子曲引
 三六六   7吋 春雨
 三六七   10吋 山王祭り
 三六八   7吋 都々逸 重の井と助六
 三六九 C 10吋 大神楽 夏祭 鎌倉
 三七〇 C 10吋 大神楽屋台宮殿(大間々調目)
 三七一 C 10吋 太神楽神田丸

   

  最奇発明 高声清喨
 写声機平円盤

   符号 価格

   AA 五円○○○ 
   AB 四 ○○○
   A  参 五○○
   B  参 貳五○
   C  参 ○○○
   D  貳 七五〇
   E  貳 五〇〇
   F  貳 ○○○
   G  壹 七五〇
   其他各種

  最奇発明一大進歩
 平円盤写声機

  (大形) 価七拾五円 (中形) 価四拾六〔四拾三〕 (小形) 価 価三拾六〔三拾七〕 

 なお、本冊子には、天賞堂の同じ内容の紙片も挟まれていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『写声機平円盤曲名一覧』 十字屋 1 (1905.4)

2013年11月25日 | 明治 音譜目録 十字屋
 明治三十八年 〔一九〇五年〕 四月一日訂正  
最奇発明 一大進歩 寫聲機平圓盤曲名一覧 

販売元 銀座三丁目二番地 電話新橋一二五九 十字屋

       平圓盤寫聲機発明者
  蓄音器発明者  デインター、マクドナルド氏
  
  

  電気発明者理学大博士 エジソン氏
  電話発明者理学大博士 ベル氏

        平円盤写声機の使用法

   (イ)喇叭掛     (ロ)喇叭臺  (ハ)緩急螺子 (ニ)動止針 (ホ)廻轉盤 
   (ヘ)ゼンマイ巻把手 (ト)針止螺子 (チ)聴音器  (リ)送音筒 (ヌ)浮動桿

 機械の組立は上図の如し其聴音器を浮動桿に取付くるには間隙なき様密着せしめ聴音器背面の凸起せるところを桿の小さき穴に嵌入すべし
 斯く組立て終れば(ヘ)の把手を右 廻してゼンマイを一杯に巻き置き更に(ト)の聴音器に付着せる螺子を緩めて鐵針を挿し然る後螺子を固く止め次にレコード(平圓盤)を取りて之を廻轉盤上に置き(ニ)の動止針を引けばレコードは廻轉盤と共に均一の速度に廻轉を始むるにより浮動桿を手に支へて鐵針を徐にレコードの細線上に戴すれば忽ち音聲を發す
 廻轉の速度は(ニ)の螺子元即ち(ハ)の螺子を廻はして緩急を自在ならしむる事を得べし而して連度急なるときは發音急調を呈し若し緩なるときは發音低調を呈す
    注意  針の使用は一回限りとす若し同一の針を数回使用するときは自然にレコードを損傷するの恐あり
      機械油注の事
 (ホ)の廻轉盤と(ヘ)のゼンマイ巻把手を取外し之れと反對の側部にある把手を引きつゝ箱の上部を開けば内部發動器械あり此器械の要部には時々油注を怠るべからず若し之を怠りて乾燥せしむるときは其回轉圓滑ならず為に器械に障碍を生ずることあるべし油注に付猶ほ注意の一事あり若し誤りてレコードに油の付着することあらば忽ち其發音を阻害せらるべし

       東京市京橋區銀座三丁目二番地
          十字屋
         電話新橋一二五九

 曲種目次

  軍歌、軍楽、朗読、謡曲、長唄、常磐津、平曲、薩摩琵琶、詩吟、筑前琵琶、一中節、唱歌、讃美歌、宗教、三曲合奏、義太夫、清元、草笛、河東節、園八節、富本節、新内節、声色、講談、落語、甚句、木遣、物真似、浪花節、雑曲

    (注意)●印ハ目下製作中不日出来ノ分

  ◎最奇發明 專賣特許 寫聲機平圓盤曲名一覧 明治卅八年 一月増訂 (日本樂之部)

    注文番号 符号 大サ 曲名

 ◎軍歌軍楽及朗読之部  奏曲者 陸軍戸山学校軍楽隊

  注文番号 符号 大サ 曲名

  一  C 10吋 陸海軍人勅諭(自一至五)
  二  C 10吋 教育勅語
  三  A 10吋 七生魂
  四  A 10吋 月下の陣
  五  C 10吋 櫻井駅及戦場
  六  C 10吋 黄海及平壌大捷
  七    10吋 征露の歌
  八    10吋 征露軍歌
  九    10吋 征夷歌
  一〇   10吋 征夷歌
  一一   10吋 広瀬中佐(自一至二)
  一二 AA10吋 観兵式合奏
  一三   10吋 王師遠征
  一四   14吋 王師遠征
  一五   14吋 征露の歌
  一六 A 10吋 清元喜撰(序)
  一七 A 10吋 大和尚山雪の進軍
  一八 A 10吋 旅順港進軍
  一九 A 10吋 勧進帳(自一至二)
  二〇 A 10吋 安宅(自一至二)
  二一 AA10吋 観兵式上下分別
  二二 AB10吋 琴曲六段(自一至二)
  二三 A 10吋 俗楽鞠唄
  二四   10吋 征露軍歌(征夷歌)
  二五   10吋 広瀬中佐(海軍)
  二六   10吋 愛国行進
  二七   10吋 軍艦マーチ
  二八   7吋 箱根八里(鉄道唱歌)
  二九 A 10吋 老松(自一至二)
  三〇 A 10吋 雛鶴三番叟(廻ル日ハ)
  三一 A 10吋 紀伊の国
  三二   10吋 国歌行進
  三三   10吋 九州大演習軍刀
  三四   7吋 日本海軍広瀬中佐
  三五   10吋 王師遠征(征露の歌)
  三六   7吋 軍用鞄(雪の進軍 勇敢なる水兵)
  三七   10吋 軍用鞄(サンザ時雨)
  三八   10吋 ウヲルス

 ◎謡曲之部  奏曲者 寶生九郎

  三九 AA10吋 蘆刈(笠の段)
  四〇 AA10吋 隅田川
  四一 AA10吋 邯鄲

        奏曲者 謡 観世清廉  小鼓 幸清次郎 謡 橋岡久太郎 大鼓 川崎利吉 謡 一噌米次郎 大鼓 観世元規

  四二 AA10吋 天鼓
  四三 AA10吋 放下僧(小唄)
  四四 AA10吋 松蟲(自一至二)
  四五   14吋 石橋
  四六   10吋 羽衣
  四七 AA10吋 松風
  四八   10吋 鶴亀
  四九   10吋 猩々
  五〇   10吋 高砂

        奏曲者 沼田含翠

  五一 AB10吋 雲雀山
  五二 AB10吋 山姥

        奏曲者 喜多六平太

  五三 AB10吋 御製成歓の駅
  五四 AB10吋 八島
  五五 AB10吋 天鼓
  五六 AB10吋 熊坂
  五七 AB10吋 島頭

        奏曲者 金剛鈴之助

  五八 A 10吋 草紙洗小町
  五九 A 10吋 安宅(切リ)
  六〇 A 10吋 橋弁慶
  六一 A 10吋 熊野(小唄)
  六二 A 10吋 羽衣(切リ)

        筝曲者 松本長

  六三 AB10吋 右近(宝生流)
  六四 AB10吋 三井寺(宝生流)
  六五 AB10吋 放下僧(宝生流)(小唄)
  六六 AB10吋 葵の上(宝生流)
  六七 AB10吋 雲雀山(宝生流)

        奏曲者 勝田宜次

  六八   10吋 加茂  

 ◎長唄  奏曲者 三味線 杵屋六左衛門 唄 芳村伊十郎 上調子 杵屋勘五郎 唄 望月太左藏 大鼓 栢扇之助 小鼓 望月長九郎

  六九 AB10吋 勧進帳(旅の衣は)
  七〇 AA10吋 同 (時しも頃は)
  七一 AA10吋 同 (是やこの)
  七二 AA10吋 同 (夫れ山伏とイツハ)
  七三 AA10吋 同 (コハ嬉しや)
  七四 AA10吋 同 (士卒を引つれ)
  七五 AA10吋 同 (鎧に添し)
  七六 AA10吋 同 (ゲニゝ是も心得たり)
  七七 AA10吋 同 (人目の関の)
  七八 AA10吋 同 (元より弁慶)
  七九 AA10吋 同 (鳴るは滝の水)
  八〇 AB10吋 鶴亀
  八一 AB10吋 鞍馬山(自一至三)
  八二 AB10吋 春雨傘(自一至二)
  八三 AB10吋 鞘当(自一至三)
  八四 AB10吋 宵は待ち(メリヤス)
  八五 AB10吋 勧進帳(序)
  八六 AB10吋 同 (人目の関)
  八七 AB10吋 執着獅子
  八八 AB10吋 道成寺(鞠の段)
  八九 AB10吋 筑後川(序)
  九〇 AB10吋 父や母
  九一 AB10吋 娘道成寺(自一至六)
  九二 AB10吋 石橋(自一至四)
  九三 AB14吋 雛鶴三番叟
  九四 AB10吋 清滝三重手事(自一至二)

 ◎常盤津之部  奏曲者 浄瑠璃 常盤津林中 三味線 岸澤文字兵衛 上調子 岸澤八百八

  九五 AB10吋 関の戸 生酔(自一至二)
  九六 AB10吋 乗合船惠方万歳(自一至六)
  九七      山姥
  九八   14吋 靭猿
  九九 AB10吋 頼光蜘蛛の糸(自一至八)
 一〇〇 AB10吋 子宝(自一至三)
 一〇一 AB10吋 将門
 一〇二   10吋 夕霧
 一〇三      法界坊
 一〇四   14吋 式三番叟
 一〇五   7吋 浮かれ坊主
 一〇六   14吋 梅川忠兵衛 道行恋の三度笠
 一〇七   10吋 関の戸墨染の出

 ◎平曲之部  奏曲者 福地櫻痴

 一〇八 E 10吋 小松諫言(朗読)
 一〇九 E 10吋 鱸
 一一〇 E 10吋 扇の的
 一一一 E 10吋 竸

 ◎薩摩琵琶及詩吟之部 奏曲者 吉水經和

 一一二 E 10吋 吹雪の敵
 一一三 E 10吋 川中島
 一一四   10吋 黄金の花一節
 一一五   10吋 九連城一節
 一一六   10吋 川中島
 一一七   10吋 御園の花一節
 一一八   10吋 大塔宮義光訣別(自一至二)
 一一九   10吋 國の御柱 正成の最後
 一二〇 B 10吋 櫻

 ◎筑前琵琶之部  奏曲者 橘知定

 一二一 A 10吋 北白川宮殿下台湾行
 一二二 C 10吋 扇の的
 一二三 C 10吋 義光武勇錦の御旗
 一二四 C 10吋 太田道灌
 一二五 C 10吋 楠公桜井の駅(自一至二)
 一二六 C 10吋 城山(西郷)

 ◎一中節之部  奏曲者 菅野序遊

 一二七 C 10吋 鉢の木
 一二八 C 10吋 三番叟(自一至二)

 ◎唱歌之部  奏曲者 納所辨次郎

 一二九 C 10吋 山路の旅源平の戦
 一三〇 C 10吋 箱根八景
 一三一 C 10吋 日本三景及大砲
 一三二 C 10吋 寄宿舎の古釣瓶
 一三三 C 10吋 月見れば
 一三四 C 10吋 船出及北白川宮
 一三五 C 10吋 我國兵士及北條時宗
 一三六 C 10吋 埴生の宿
 一三七 C 10吋 君が代及天長節
 一三八 C 10吋 桃太郎及び兎と龜
 一三九 C 10吋 慈善
 一四〇 C 10吋 菊
 一四一 C 10吋 金太郎、お月様、大江山

        奏曲者 林貞子

 一四二 B 10吋 箱根山中学唱歌

 ◎讃美歌之部  奏曲者 林貞子

 一四三 D 10吋 二〇八番天国
 一四四 D 10吋 一七二番信徒生活試練
 一四五 D 10吋 一三二番信徒生活勇気
 一四六 D 10吋 試練(英語)

 ◎宗教之部

 一四七 E 10吋 出家發信御文章
 一四八 E 10吋 白骨御文章
 一四九 E 10吋 睡眠御文章
 一五〇 E 10吋 三首御詠御文章(自一至二)

 ◎三曲合奏之部 奏曲者 琴 合田春悦 三絃 高橋法師 胡弓 山室法師

 一五一 B 10吋 六段(自一至二)
 一五二 B 10吋 キヌタ(合方)
 一五三 B 10吋 松竹梅
 一五四 B 10吋 東獅子
 一五五 B 10吋 櫻狩

         奏曲者 尺八 荒木竹翁 琴 山室法師 三絃 山室千代子

 一五六   10吋 六段(一、二段)
 一五七   14吋 鶴の巣籠(自一至四)
 一五八   10吋 六段(自一段至六段)
 一五九   14吋 夕顔
コメント
この記事をはてなブックマークに追加