蔵書目録

明治・大正・昭和:来日舞踊家、音楽教育家、来日音楽家、音譜・楽器目録、士官教育、軍内対立、医学教育、林彪、北京之春 

「甲斐美和ピアノ独奏会」 日本青年館 (1938.6)

2012年10月26日 | ピアニスト
 

 甲斐美和ピアノ独奏会 PIANO RECITAL MIWA-KAI
 〔昭和十三年:一九三八年〕 六月二十一日(火) 午後七時半・日本青年館 
  会員券 一円・二円・三円

 昨年ワルソーに於けるシヨパン コンクールに出演後、帰朝第一回の演奏会を開催以来、専ら研究中でありました。
 今春は満鮮各地の独奏会に出演し本月初旬帰京、帝都に於ては下記の興味ある曲目を選定致しました。

 〔下は、プログラム部分の拡大〕

 

また、甲斐美和子は、『音楽世界』 第九巻 第七号 〔昭和十二年 (一九三七年) 七月号〕 に「ショパン・コンクール 甲斐美和子」(東京・昭和十二年六月十七日)という一文を寄せている。その掲載写真は、次の3枚である。

 ・ワルソーのシヨパン図書室にて‥‥右端は筆者
 ・演奏順序を決めるカードを引く筆者(左端)
 ・ワルソー郊外シヨパンの生家を背景にー後方は筆者 

 

  日比谷公会堂にて演奏中の 甲斐美和子嬢

 上の写真と説明は、『ピアノグラフ』に掲載のものである。

 

 上の写真は、『モイセヴィッチ氏自伝と独奏会曲目解説』にある広告である。

   新交響楽団公演(百二十二回)
  洋琴独奏
   甲斐美和子
          指揮 シフエルブラツト
〔昭和8年:1933年〕3月17日午後七時
          日比谷公会堂

The New Symphony 0rchestra
Subscription Concert

Conductor :
Nicolai Schiferblatt
Piano Soloist :
Miss. MIWA KAI  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ピアノの上手 :原智恵子、甲斐美和子、井上園子」 (1928.4)

2012年10月26日 | ピアニスト
     

 ・原智惠子さん 〔上左〕

 Miss Chieko Hara, a young pianist recently left for Paris and her teacher Mr. Pedora P. Villaverde.
 
 先日有島氏に連れられ、パリの楽壇を慕つて渡航された原智惠子さん(一五)とその先生ペトロ、ビラベルデさん

 ・甲斐美和子さん 〔上中〕

 貿易商甲斐織衞翁のお孫美和子さん、お父さんと米国においでゞしたが昨年桑港で開かれたピアノの競技会では二百人と争つて入賞された程の技前であります。

 Miss Miwako, granddaughter of Mr. Orie Kai, a pioneer of Japanese trade with America.

 ・井上園子さん 〔上右〕

 井上園子さんは、トドロウヰツチ氏についてピアノを研究してゐられますが少女ながら大人を凌ぐほどの技量をもつてゐられます。

 上の写真と説明文は、昭和三年 〔一九二八年〕 四月一日発行の『婦人画報』 四月号 第二百七十二号 の口絵で、「ピアノの上手 (一)(二)」として紹介された六人中の三人のものである。

 なお、同号には「趣味と実際 洋楽近道 特輯」として、以下の記事もある。

 ・洋楽の味ひ方    小松耕輔
 ・家庭と音楽と楽器  伊庭孝
 ・レコードに依る洋楽 あらゑびす
 ・ジヤズの片影    堀内敬三
 ・音楽家の作品と逸話 野村光一
 ・洋楽家となる手引  長江楽人
 
 ◇楽器の買ひ方◇

 ・ピアノを買ふ注意    近衛秀麿
 ・ヴァヰオリンを買ふ条件 山井基清

 ◇辿つて来た道◇

 ・自然の道であつた    荻野綾子

 ◇どうして洋楽が好きになつたか◇

 ・諧謔曲 ユモレスク から 上司小剣
 ・三十年来の趣味      長田秀雄

  

    小さき踊り子

  甲斐美和子さんのバタフライダンス

 白木屋呉服店丸ビル支店に御勤務の甲斐榮一郎氏の令嬢美和子さんは今東洋英和の小学部四年生ですが、ニ三年前まで、サンフランシスコにゐらしゃった当時は小さいピアノの天才として、又日本娘のダンサーとして何かの会のある時など引っぱりだこの花形でした。日本へかへられてからはその可愛いゝダンス振りを、拝見出来ませんでしたが、最近、報知講堂でクリスマスの催しのあった際、久し振りでお兄様の伴奏に、本場仕込みのお得意のバタフライダンスを踊って、日本生れのお嬢さん方をあっと言はせました。でも美和子さんの天才は、ダンスよりピアノの方により多くあるとは、恵まれた小さき多幸な天才よ!と羨まずには居られません。
 桑港 サンフランシスコ の先生もぜひ惜しいからこっちによこして仕込みます様にと仰しゃって下さいますが、何分まだ小さいものですから、日本でも好い先生があるのでせうが、電車も不便ですし郊外にゐますので通はすのに困って居ます。」とはお子様の御教育に熱心なお母様のおはなし。
 写真は、バタフライの衣裳をつけた美和子さんと、在米当時オールドファッション・ダンスを踊った時の記念撮影

 上の写真と説明文は、大正十四年 〔一九二五年〕 二月一日発行の『婦人グラフ』 二月号 第二巻 第二号 に掲載されたものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『田中希代子ピアノ独奏会』 日比谷公会堂 (1955.8)

2011年12月07日 | ピアニスト
 

 表紙には「29 REGULAR CONCERT TOMINGEKIJO MUSIC CIRCLE」とあり、内表紙には「PIANO RECITAL by KIYOKO TANAKA 音楽サークル第29回 8月定期鑑賞会  田中希代子ピアノ独奏会  1955年 〔昭和三十年〕 8月30・31日・9月1日 6時半 日比谷公会堂 主催 東京都教育庁・財団法人都民劇場 協賛 毎日新聞社 表紙 山名文夫」とある。25.2センチ、10頁。

 上の写真は、見返しにある「Miss KIYOKO TANAKA 田中希代子嬢」である。

 曲目

 1.  変奏曲       ヘ短調  作品83     … ハイドン
 2.  奏鳴曲   第18番 変ホ長調 作品31の3   … ベートーヴェン
 3.a. 夜想曲   第7番 嬰ハ短調 作品27の1   … ショパン
   b. マズルカ  第13番 イ短調  作品17の4   …   〃
       〃   第32番 嬰ハ短調 作品50の3   …   〃
   c. スケルツォ 第4番 ホ長調  作品54     …   〃
 休憩
 4.  子供の領分                  … ドビュッシー
 5.a. レジェレッツァ(「三つの演奏会練習曲」より) … リスト
   b. メフィスト・ワルツ 第1番          …  〃

 曲目解説 野村光一
 リストとドビュッシー (沼田俊一) 
 田中希代子さん〔訪問〕

  

  戦後の混乱時代、無気力であった日本人たちに大きな力を与えた出来事が三つあるとすれば、それは湯川博士のノーベル賞受賞であり、古橋君の水泳記録であり、そして田中希代子嬢のパリ・コンセルヴァトワール、プルミエ・プリ獲得とその後の活躍だ、という人がある。
  〔以下省略〕

 略歴

  田中希代子さんは、ヴアイオリンの詠人氏を父に、アルトの重鎮・伸枝さんを母に、昭和7年東京で生れた。両親が音楽家なので、幼時から理想的な音楽的環境におかれていた訳だ。
  小学校の1年から小山郁之進氏についてピアノの手ほどきを受けた。女学校にはいってから一時井口基成氏に師事したが半年あまりで中止した。その後、故クロイツアー氏に師事したが、あまり長く続かなかった。
  この頃は丁度敗戦前後で、ピアノなどを落着いて練習する所ではなかったろう。
  当時希代子さんは12.3才で、漸く独力で物事の価値判断の出来ようとする年頃だけにひとしお、時代の悩みには敏感であったろうから「精神的な拠り所を履えされてしまった」のであろう。
  しかし、若い精神は順応力も大きい。戦後の虚脱状態を脱することも早く、やがて安川加寿子さんを師として必死の勉強が始った。その努力が報いられ、昭和24年(17才)の音楽コンクールでは第二位特賞を受賞され、又フランス政府給費留学生の試験に合格し、25年8月に渡仏、パリ・コンセルヴァトワールに入学、翌26年7月卒業。コンセルヴァトワールでは、我々にも馴染の深いラザール・レヴィ氏に師事した。
  27年秋の第8回ジュネーヴ国際音楽コンクールで第2位、28年2月ジュネーヴで開かれたロン・ティボー国際コンクールで第4位(女子の部の第1位)に入賞した。更に本年3月ポーランドのワルソーに於けるショパン・コンクールで第10位に入賞し、我国のために万丈の気を吐いてくれたことは、未だ記憶に新しい。
                        ○
  今回の帰国は、シーズン・オフと夏休みを兼ねたもので、10月末には再び渡仏する。

 

 表紙には、「帰国演奏会 田中希代子」とあり、内表紙では「田中希代子帰国特別演奏会プログラム」とある。24.6センチ。

  田中希代子さんを迎えて 牧定忠
  田中希代子経歴
  オキヨちやんのこと 矢代秋雄
  ヨーロッパの田中希代子さん〔写真4葉〕 日本のみなさまへ 田中希代子
  演奏日程

   6月6日(木) 曲目E 東京 産経ホール
    〔中略〕
   7月24日(水) 曲目C 札幌 北星学園

     招聘 日本楽器

 プログラムA

  ・即興曲 作品90より 2,3,4番                 シューベルト
  ・鏡 
    蛾ー悲しめる小鳥たちー洋上の小舟ー道化師の朝の歌ー鏡の谷 ラヴェル
  ・ソナタ                            平尾貴四男
  ・トッカータ 作品11                      プロコフィエフ
  ・ノクターン ホ長調 作品62の2                ショパン
  ・ソナタ 変ロ短調 作品35“葬送行進曲”附           ショパン

 プログラムB

  ・ソナタ(2曲)ニ短調                     スカルラッテ
  ・ソナタ 第3番 作品46                    カバレフスキー
  ・舞踊組曲                           宍戸睦郎
    アレグローアダージョ・モデラートーアレグロ・アッサイ    
  ・影像 第1集                         ドビュッシイ
    水の反影ーラモー讃歌ー運動
  ・バラード 第1番 ト短調 作品23                ショパン
  ・スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39              ショパン

 プログラムC

  ・ソナタ ニ長調 K.576                     モーツアルト
  ・32の変奏曲 作品90より 2,3,4番 ベートーヴェン
  ・即興曲 作品90より  2,3,4番                 シューベルト
  ・雨の庭                             ドビュッシィ
  ・道化師の朝の歌                         ラヴェル
  ・ソナタ 変ロ短調 作品35“葬送行進曲”附            ショパン
  ・スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39              ショパン
  
 プログラムD

  ・ソナタ (2曲) ニ短調                    スカルラッティ
  ・32の変奏曲                           ベートーヴェン
  ・謝肉祭 作品9                         シューマン
     前口上-ピエロ-アルルカン-高貴なるワルツ-オイセビウス-フロレスタン-コケット-応答-パピヨン-文字の踊り-キヤリーナ-ショパン-エステレラ-再会-パンタロンとコロンビイヌ-ヴァルス・アルマンド-告白-プロムナード-休み-フィナーレ

  ・即興曲 作品90より 2,3,4番                  シューベルト
  ・金色の魚                            ドビュッシィ
  ・道化師の朝の歌                         ラヴェル
  ・練習曲 (3曲)                        ショパン
  ・バラード 第1番 ト短調 作品23                ショパン

 プログラムE

  ・ソナタ ニ長調 K.576                     モーツアルト
  ・ソナタ 嬰ヘ長調 作品78                    ベートーヴェン
  ・ソナタ 変ロ短調 作品35“葬送行進曲”附            ショパン
  ・鏡                               ラヴェル
    蛾-悲しめる小鳥たち-洋上の小舟-道化師の朝の歌-鏡の谷
  ・トッカータ 作品11                       プロコフィエフ

 プログラムF

  ・ソナタ 変ホ長調 作品31-3                   ベートーヴェン
  ・謝肉祭 作品9                         シューマン
     前口上-ピエロ-アルルカン-高貴なるワルツ-オイセビウス-フロレスタン-コケット-応答-パピヨン-文字の踊り-キヤリーナ-ショパン-エステレラ-再会-パンタロンとコロンビイヌ-ヴァルス・アルマンド-告白-プロムナード-休み-フィナーレ
  ・舞踊組曲                            宍戸睦郎
      アレグロ-アダージョ・モデラート-アレグロ・アッサイ
  ・練習曲 嬰ハ短調 作品10の4                  ショパン
       嬰ハ短調 作品25の7                  ショパン
       ハ短調  作品10の12                  ショパン
       変イ短調 作品25の1                  ショパン
       ハ短調  作品25の12                  ショパン
  ・バラード 第1番 ト短調 作品23                ショパン
 
  曲目解説 牛山充、平尾貴四男
  田中希代子海外演奏記録(年代順)
  ヨーロッパにおける批評から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「井上園子 ピアノ独奏会」 軍人会館 (1935.5)

2011年09月30日 | ピアニスト
 表紙には、「井上園子ピアノ独奏会 〔昭和十年:一九三五年〕 五月二十九日(水) 午後七時 於 軍人会館 入場料・ 三・二・一円 前売プレイガイド Sonoko Inouye Under the Patoronage of T.E.M. Mr. & Mrs. Joseph Clark Grew at GUNJINKAIKAN Wednesday 29th. May. 7.p.m. Admission: Yen 3.00 2.00 1.00 Booking Play-Guide」などとある。18.8センチ、二つ折れ。

 
 
曲目

 1.トッカータとフーガ ニ長調  
                 ‥‥バッハーブゾオニ
 2.奏鳴曲     ハ長調 作品五十三  
                 ‥‥ベートーヴェン
 3.練習曲 二 ツ        ‥‥ショパン
          バラード ヘ長調 ‥‥ 〃
          円舞曲 変ホ長調 ‥‥ 〃
 4.前奏曲            ‥‥プロコフィエフ
          スケルツオと行進曲 ‥‥ 〃
             歌劇「三ツのオレンヂの恋」より
 5.円舞曲「美しき碧きダニューブに沿ひて」
                 ‥‥ヨハン・シユトラウス
                  シユルツーエヴラー編曲

    

 井上園子ピアノ独奏会

    4月14日(金)午後7時半  日比谷公会堂 主催 東京朝日新聞社会事業団

    

 曲目

 1 奏鳴曲 変ホ長調 作品81A
      (告別)       … ベートーヴェン
    告別(アダヂオ - アレグロ)
      不在(アンダンテ エスプレシヴオ)
        帰還(デイヴァチツシメント)
 2 ヘンデルの主題による変奏曲と
       遁走曲 作品24   … ブラームス

          休憩

 3 道化師の朝の歌       … ラヴェル
 4 舞踏への誘ひ        … ウェーバー
 5 練習曲 嬰ハ短調 作品 25ノ7 … ショパン
 6 ラ・カムパネラ       … リスト

   
 
 表紙には、帽子を被った井上園子の写真があり、「井上園子ピアノ独奏会 昭和十六年 〔一九四一年〕 十月二十八日午後七時 日比谷公会堂」とある。二つ折れ、21センチ。
 
 曲目 〔一部省略〕

 1 スメタナ   序曲 「売られた花嫁」

 2 モッアルト  協奏曲 変ホ長調 (ケツヘル 482)
     
     アレグロ
      アンダンテ
       アレグロ

 3 チャイコフスキー  変ロ長調 作品 23

     アンダンテ ノン トロッポ エ モルトマエストオゾ
                   アレグロ コンスピリト

           アンダンテイノ セムプレス
              アレグロ コン フォコ     

           伴奏 新交響楽団
           指揮 ヨセフ・ローゼンシュトック

   

 表紙には、「第三回 近藤音楽定期演奏会 ピアノ独奏 井上園子 昭和18年 〔一九四三年〕12月14日 日比谷公会堂 午後6時半」とある。裏の広告は、東宝映画「あの旗を撃て」である。二つ折れ、21センチ。
 内容は、曲目・予告であり、曲の解説1枚が挿まれていた。    
 
 曲目

 Ⅰ 小組曲 有馬大五郎作曲
     前奏曲 
      トツカッター 
         フーガ

 Ⅱ 奏鳴曲 ヘ短調 作品5 ブラームス作曲
     遠く威厳を以て 
      遅めに表情を以て 
       諧謔曲・速く力強く
        間奏曲・遅めに 
         終曲・中庸の速さで然し自由に

   -(休憩)-

 Ⅲ 舟歌  作品60 ショパン作曲
   子守歌 作品57 ショパン作曲

 Ⅳ 美しき青きドナウ シュトラウス作曲 シュルツーエルウァ編
     演奏会用アラベスク

 「碧きドナウ」演奏会用アラベスク
                   (ヨハン・シュトラウス作シュルツ……エルヴァ編)

  十八世紀後年に維納 〔ウインナ〕 ワルツの王者として知られたヨハン・シュトラウスの圓舞曲中最も有名な「美しき青きドナウ」を演奏会用ピアノ曲として、絢爛華麗な技巧を凝 〔こら〕 し、ピアノ演奏の技能を十分に活して編曲された楽しく美しい曲である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「田中希代子ピアノ独奏会」 名古屋市公会堂 (1955.9)

2011年07月23日 | ピアニスト
 

 「帰朝記念 田中希代子 ピアノ独奏会  〔昭和三十年:一九五五年〕 9月9日 (金)6時半 名古屋市公会堂 主催 名古屋中央放送局、ラジオサービスセンター 後援 毎日新聞中部本社」とある。18.5センチ、二つ折れ。

 

 国際コンクールの檜舞台で華々しい活躍をみせた田中希代子嬢は去る6月、5年ぶりに故国へ帰つた。そして今秋再びフランスにのぼる彼女の滞在は、まことに短い期間ではあるが、日本の楽壇に与えた影響は計り知れないものがある。今やヴァイオリンの江藤俊哉氏と並んで彼女の活躍は我々日本人の最も大きな期待であり、誇りでもあろう。
 
 ターゲ・ブラット紙アルベルト・マース記

  希代子はベートーヴエンを魅力的な輝きを以つて弾き、そのピアニシモのパッセージは、まるで真珠のつながりのようであつた。印象派ドビュッシーの曲に至つては素晴らしいものであつたが、ショパンのものに於ては、この、もの静かな年若い日本のピアニストは絶頂に達した。このような演奏は近来に稀なもので全く魅力的であつた。


 田中希代子略歴

  昭和19年   井口基成氏に師事
    20年   クロイツアー氏に師事
    23年   安川加寿子さんに師事
    24年   第18回音楽コンクール入賞、特賞を受く
    25年8月  フランス政府給費留学生として渡仏
    同年9月  国立パリ音楽院に入学、ラザール・レヴィ教授に師事
    26年7月  プリミエル・ノンメ(特賞)を得て卒業
    27年秋  第八回ジュネーブ国際音楽コンクール女子部第二位(第一位空席)に入賞
    28年2月  パリ・ザール・カボウに於て、第一回独奏会を開催絶大なる好評を受く    
    28年5月  ジュネーブに於ける世界的なロン・テイボー国際コンクールに於て第四位(女子第一位)に入賞
    30年3月  ポーランド、ワルソーに於けるショパン・コンクールに於て第十位入賞、日本人は初めての入賞であつた。

 プログラム

 Ⅰ a) ロンド ハ長調 作品51 ‥‥ ベートーヴェン
   b) 奏鳴曲「ワルドシュタイン」 ‥‥ ベートーヴェン
 Ⅱ a) ノクターン ヘ長調 ‥‥ シヨパン
   b) 三つの練習曲 作品25の6.2.8番 ‥‥ 〃
   c) バラード第4番 ‥‥ 〃
 Ⅲ a) 西風のみたもの ‥‥ ドビュツシー
   b) 雲の上の足跡 ‥‥ 〃
   c) パツクの踊り ‥‥ 〃
   d) 霧 ‥‥ 〃
   e) 花火 ‥‥ 〃
 Ⅳ a) 演奏会用練習曲 第2番 「軽快」 ‥‥ リスト
   b) メフィスト・ワルツ ‥‥ 〃
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「原智恵子ピアノ独奏会」  (1933)

2011年04月14日 | ピアニスト
 この女性は、原智惠子であり、「朝日会館の最近の催物」というお知らせ葉書にある「原智恵子ピアノ独奏会 〔昭和八年:一九三三年〕二月一日午後ー七時 入場料 三円・二円・一円」中の写真である。
 その説明は、次のようである。

 原智恵子嬢は巴里・コンサル・ヴアトアを卒業、昨年同校の音楽コンクール(現在欧洲のコンクール最高権威)に出演して邦人としては最初の輝かしき一等賞をかち得全欧洲の楽人から驚異の眼を以て見らるゝに至つた天才少女ピアニスト。当年十八歳の吾楽壇の至宝とも云ふべく新帰朝第一回関西公演を通して関西好楽諸士の切なる御賛助を乞ふ次第です

 

 表紙には、「原智恵子ピアノ演奏会 昭和十四年 〔一九三九年〕 一月三十一日 於日比谷公会堂 指揮 ロゼンシュトック〔ローゼンストック〕 新交響楽団」(日文・仏文)などとある。26センチ、三つ折。
内容は、三つ折の左がショパンの写真、中央がプログラム〔仏文のみ〕、右がシューマンの絵である。
 
 序曲 魔弾の射手 ヴェーバー
 ピアノ協奏曲 イ短調 シューマン
 休憩
 ピアノ協奏曲 第一番 ホ短調 ショパン

 

 なお、この演奏会は、いわゆる「告別演奏会」であり、原智恵子は、二月八日に鎌倉丸で横浜から米国へと向かった(「アジア歴史資料センター」による「原智恵子」での検索結果「ピアニスト原智恵子関係」〔外務省外交史料館所蔵〕による)。

 

 原智恵子のピアノ連続独奏会(昭和十八年 〔一九四三年) 五月八日・十五日・二十二日の三日間)のプログラム(事前配布チラシ?)と思われる。四つ折、18.5センチ。
 
 内容は、原智恵子の写真および「2603.5・8-15-22」とある表紙、プログラム(日文、仏文)、バッハよりドビュッシーへ 二月会、三浦環独唱会の広告などである。

 帝劇音楽会ー五月マチネー 

 原智恵子連続独奏会 

 8日 イタリア協奏曲  ‥‥  バッハ 
     謝肉祭      ‥‥  シューマン 
    ソナチネ     ‥‥  ラヴェル 
   浮世絵   ‥‥  ドビュッシー 
   五重ノ塔  ‥‥  
   雨の庭 
   月光の曲  ‥‥  ベートーヴェン  

 15日 祈りの曲     ‥‥  フランク 
    ソナタ(イ短調) ‥‥  モツアルト 
    ソナタ(作品22) ‥‥  シューマン 
    断章       ‥‥  ショパン 
    夜曲       ‥‥    〃 
    ポロネーズ    ‥‥    〃 

22日 ソナタ(イ短調) ‥‥  モツアルト 
    ソナター葬送曲  ‥‥  ショパン 
    ソナチネ     ‥‥  ラヴェル 
    ソナタ(作品22) ‥‥  シューマン 
    熱情の曲     ‥‥  ベートーヴェン

    帝国劇場

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加