ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング マインドコネクション MIND CONNECTION

世界最大のケトルベル関連団体:SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター:小野卓弥がご提供する美動作学習!

速い動作でおこなうことが、すべてに良い影響を与えるわけではありません。ユックリとおこなう動作が役に立つ!トレーニングも存在するのです。

2017-06-27 17:03:59 | 正しいトレーニングへの取り組み方。
『パッキング』の技術を強く意識・使用した


トルコ式ゲットアップ。練習法。






ケトルベルに限りませんが、


★トレーニングの上達などに


共通するコツ




1:フォーム・テクニック・スキル(技術・方法論)の向上を常に行なう!



2: 時間が短いことは集中力につながる。


「長く・ゆっくり」行なうことのみが≪ 技術練習≫とは限らない。



3:だが


当初は、もちろん


ゆっくりと行なう。



意図的に、ゆっくりと。



『遅い!』ことと


『意図的にゆっくりと行なう』ことは





全く意味が違う。



4:ある程度、トレーニングのレベルやスキルが向上・進行したら



【 特に「競技者」は!】



◆短時間での集中型トレーニングを試す価値は、ある!


というよりも


この方法での成功を



最終的には目指さなければいけない


短時間での集中が出来なければ


競技での成功はありません。




これは、純粋な「競技レベルの向上に直結した練習」にも当てはまります。



5:この際に、



●スピードを出す・加速することと


<あわてる>ことを混同し


混ぜこぜにすることは


絶対に禁止!します。





<あわてる>という行動・行為には


本人の積極的な意思・向上を目的とした意図など


100%ありません。




6:フォームと呼吸を乱すことを


100%禁止します。




ここは最大限の注意を払います。


フォームと呼吸を乱すことへの注意は


心拍数を上げない!上げたてはいけない!



という意味ではありません。




間違った[口呼吸]などでは


大した負荷を与えていなくても


心拍が不適切に上がってしまう


また、そのことを


「キツイ練習だ!トレーニングだ!」



などと


全くの勘違いをする可能性が


極めて高くなるからです。




フォームが乱れても、同じ現象が起こります。


無駄に力が入り、筋肉の出力が必要な部分・場面では


適正に力が入りません。



============



そして、全くの反対の現象:適正に心拍数が上がって欲しいのに


フォームと呼吸が乱れていることが原因で


心拍が上がってこないことだってあるのです。



この場合は、全く逆のケースで



心拍数が上がってこないから



スタミナが付いた!



と、かん違いしてしまうのです。




===============




フォームと呼吸が乱れたままで


修正を試みもしないトレーニングは



負の財産・借金を継続貯蓄していることと



全く同じなのです。



今すぐに、かん違いを直して



全力で修正しましょう。



競技力のレベルアップと



外傷・負傷の予防



両方に、絶対に必要なことです。





この記事をはてなブックマークに追加

デッドリフトはここを目指せ!美姿勢作り。タオルを持って。

2017-06-27 09:59:16 | ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター
美姿勢作り。タオルを持って。




美姿勢作り。タオルを持って。




私:小野卓弥が所属する

ストロング・ファースト・ギリャ (SFG)では

明確に

★正しい姿勢

★美しい姿勢

★強い姿勢

この基準になる立ち姿勢があります。

◆ウェイトトレーニングのデッドリフトでの

完全に立った姿勢

◆ウェイトトレーニングのスクワットでの

完全に立った姿勢

◆プローン・プランクという

一般の方々が≪体幹トレーニング≫と呼んでいる

トレーニングでの姿勢

◆ショルダープレス、ミリタリープレスと

ウェイトトレーニングの種目の中で名前がついているもの

これ、全部、目指す姿勢・フォームは

同じなんです。

▲反りかえっては(そりかえっては)いけない

▲曲がってはいけない

▲乱れてはいけない

▲緊張しすぎてはいけない

▲ゆるみ過ぎてもいけない

正しい姿勢として、明確になっているものが

確実に存在していて

チェックするポイントは9点。

これはキーワードとして非常に分かりやすくなっています。

私が、指導させていただく時には

●完全立位と呼んで

全てのことにつながる!という部分を

強調させていただいています。

===========

腰から上の部分を強調して

1:何も持たない

2:タオルを持って

3:バーを持って

3種類の指導動画を作ってみましたので

ご自分のトレーニングなどにお使いになってみてください。

#ケトルベル
#ハードスタイルケトルベル
#SFG
#良い姿勢
#正しい姿勢
#美しい姿勢
#基本の立ち方


この記事をはてなブックマークに追加

ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング:次の段階はこれ!ハンドルの持ち方・握り方。

2017-06-27 08:13:22 | ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター
ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングでのハンドルの持ち方・握り方




スパルタンレースなどで


ぶら下がる・つり下がるなどの種目を克服する


背中の筋肉を鍛えて強くしたい!



空手などの打撃系格闘技


柔道・柔術・レスリングなどの、つかむ動作がある格闘技


球技


クライミング・ボルダリング




この様な目的達成にも



大きな効果がある考え方と方法です。







ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングでは

ケトルベルのハンドルの部分の持ち方が極めて大事です。

ハンドルの持ち方は、全ての握るという行為に応用出来ます。

ウェイト・トレーニングや武道、格闘技、様々なスポーツとも関連して

応用すると

非常に役に立つ!

握り方の方法と考え方です。

ご自分の指を見つめてください。

パンチを打つ際に、実際に当たる拳(こぶし)の先端部分。

この部分を、指の付け根と呼んではいないでしょうか?










この部分は、指の付け根ではありません。

ご自分の手のひらをご覧ください。



手のひらを折り曲げるようにすると

手相でいうところの生命線の部分から折り曲がり


深く皺(しわ)が出来るでしょう?

この部分が、指の付け根なのです。







バーベルを使ったウェイト・トレーニングなどで

よくマメが出来る部分は、まだ指の最後の骨の途中なのです。



バーベルやダンベル、鉄棒やロープトレーニングなどで


よく言われている「深く握る」とは


この位置まで握るということなのです。


しかし、通常生活の意識で「深く握る」と


手首までが無駄に曲がってしまい、腕の筋肉が無駄に張ってきて


結局正しい握り方の方法論の探求をせずに


一般的と言われている方法に戻ってしまうのです。


ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングでは


『正しい握り方』についても深く学習できます。





深いグリップ・正しい握り方を覚えると


筋肉の発達、身体能力向上、競技成績の向上などに絶大な効果があります。


この握り方=グリップについての考え方を


知る・知らないで大きな差が出ます。

この記事をはてなブックマークに追加

★デッドリフトは、この姿勢になって立つことを目指せ!美姿勢という明確な答。

2017-06-23 08:12:30 | 正しいトレーニングへの取り組み方。
美姿勢作り。何も持たず。




私:小野卓弥が所属する

ストロング・ファースト・ギリャ (SFG)では

明確に

★正しい姿勢

★美しい姿勢

★強い姿勢

この基準になる立ち姿勢があります。

◆ウェイトトレーニングのデッドリフトでの

完全に立った姿勢

◆ウェイトトレーニングのスクワットでの

完全に立った姿勢

◆プローン・プランクという

一般の方々が≪体幹トレーニング≫と呼んでいる

トレーニングでの姿勢

◆ショルダープレス、ミリタリープレスと

ウェイトトレーニングの種目の中で名前がついているもの

これ、全部、目指す姿勢・フォームは

同じなんです。

▲反りかえっては(そりかえっては)いけない

▲曲がってはいけない

▲乱れてはいけない

▲緊張しすぎてはいけない

▲ゆるみ過ぎてもいけない

正しい姿勢として、明確になっているものが

確実に存在していて

チェックするポイントは9点。

これはキーワードとして非常に分かりやすくなっています。

私が、指導させていただく時には

●完全立位と呼んで

全てのことにつながる!という部分を

強調させていただいています。

===========

腰から上の部分を強調して

1:何も持たない

2:タオルを持って

3:バーを持って

3種類の指導動画を作ってみましたので

ご自分のトレーニングなどにお使いになってみてください。

#ケトルベル
#ハードスタイルケトルベル
#SFG
#良い姿勢
#正しい姿勢
#美しい姿勢
#基本の立ち方


この記事をはてなブックマークに追加

最初に行うべきというより、これが一番取り組みやすい!ケトルベルを使い、股関節をほぐす・ゆるめる。足首も柔らかくする。

2017-06-21 11:06:42 | ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター
ケトルベルを使い、股関節をほぐす・ゆるめる。足首も柔らかくする。







ご自宅や、ご自分の通われているスポーツクラブ、ジム、道場に

ケトルベルがあるならば

まず、最初におこなった方が良い種目は?

この様なご質問を多くいただきます。

===========

最初にやるべき種目は?

私は迷わず答えます。

股関節ほぐしです。

一緒に、膝下の内部もほぐれます。

そこはヒラメ筋と呼ばれます。

さあ~!やりましょう^^!

美しさ

強さ

健康

正しい姿勢への入り口:扉が開きます。




#ケトルベル
#股関節
#美しい姿勢
#正しい姿勢
#ハードスタイルケトルベル

この記事をはてなブックマークに追加