ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング マインドコネクション MIND CONNECTION

世界最大のケトルベル関連団体:SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター:小野卓弥がご提供する美動作学習!

超安全・基本!身体への意識変化と明らかな効果を感じるケトルベル講座は7月16日(日曜日)です!スパルタンレースに出る予定の方、ご一緒に汗を流しましょう!

2017-07-11 20:51:07 | ワークショップ情報



いよいよ、今度の日曜日!

ここから、17日のレッスンにもつながりますし

20日の≪ケトルベル・ワークショップ≫とも連結し

8月の13日・14日のケトルベル・ワークショップへの助走になり

WEBレッスンが、より深く理解出来て上達が早くなる!


しかも、外部の方は1000円から!



セルテーザ・フィットネス・ジム様の会員様は無料です!


あなたとお会いできるのが、本当に楽しみです!^^



================


このたび、ロシアン型:ケトルベルが

セルテーザ・フィットネス・ジム様に導入されて、早くも効果を出しています。

============

★今井学代表からの、会員様へのプレゼント!

セルテーザ会員様は、今回の講座も完全無料でご参加いただけます!

============

常設されたケトルベルを

1回:5分程度でもかまいません!

ケトルベルを、他のツールと共に正しく使いこなし

さらに美しく!

さらにレッスンが上達し!

さらに強い身体に!

さらに快適な生活に!

ご自分自身が向上していきましょう!

===========

★もう1つ!今井代表から、大プレゼント!

今回も、今井学代表のご厚意で

外部からお越しの方・受講をご希望される方も

通常のビジター料金で

(※セルテーザ様のご利用が、ご初回の方は1000円!

2回目以降の方のビジター料金は2500円です)

こちらを受講することができます。




ビジター様で、ご質問・ご出席をご希望の方は


048-990-7220まで、お電話ください。





▼▼講習は、お二階:トレーニングルームをお借りして開催いたします。

2回、行なう内容は、まったく同じです。
2回ともご出席なさっても、セルテーザ会員様は無料です。

ビジターでご出席の方で、2回受講をご希望の方は
セルテーザ様へ、お問い合わせください。






●1回目:10時30分~11時30分の60分間
●2回目:13時~14時の60分間






▲▲講習の内容について▲▲

1:絶対的に安全にご使用いただくために
安全5原則
2:絶対に効果を出すために
トレーニング5原則
3:ご自分の目的とは合っているのか?
ケトルベルを使用すべき時とは?
◆この3つは座学:合計15分です。

4:ご実践!負荷無き実技、大原則は5つ(実技=10分)
5:ケトルベルを実際に扱う!
3つの代表的種目と
応用プログラム3つを行ないます。
(実技=35分)







1:ケトルベルを使用します。

2:特殊にハードな内容は一切ありませんが
大量に汗をかく可能性があります。

運動がおこなえる服装でご参加下さい。

●靴をお履きください。
●タオル・水はご自分でご用意下さい。
●血圧・脈拍などのチェックは事前におこなってきてください。
●筆記はご自由に。
学んで、ドンドンご使用下さい。



この後の個別指導も承っております。

◆◆各種の撮影について

●≪小野卓弥≫の撮影だけはまったく問題ありません。

しかし、場所の≪権利≫は セルテーザ様にあります。

他のご参加者様の肖像権などについてもご配慮いただき

ご指導をお守りくださいませ。






講師は小野卓弥:SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクターです。

これのみが世界でただ1つの正しい運動動作としてのケトルベル指導資格です。

日本国内の日本人は、4人のみが資格取得しています。


============



7月16日(日曜日)にお会いしましょう!






開催場所 埼玉県越谷市蒲生西町1-8-72


東武スカイツリーライン:蒲生駅東口から徒歩3分


≪≪カリスマが常駐するフィットネスジム!≫≫






セルテーザ フィットネス ジム様


 Certeza Fitness Gym



http://www.koshigayakko.com/units/34215/manabu0202/



http://certeza2016.com/



●最寄り駅:東武伊勢崎線(現 東武スカイツリーライン)蒲生駅


こちらで開催いたします。



自動車などでお越しの方は


近隣のコインパーキングをお使いになって下さいませ。


ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界中、どこにいても、イン... | トップ | 膝(ひざ)の負傷を防ぐため... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む