ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング マインドコネクション MIND CONNECTION

世界最大のケトルベル関連団体:SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター:小野卓弥がご提供する美動作学習!

ケトルベルは、ぶっ飛ぶべき物体なのである!これは100%真剣に言っています。弾道を作れない者を≪素人≫と呼んでいます。

2017-08-23 12:45:43 | ワークショップ情報


この写真は、本年:2017年1月に

韓国:ソウルでおこなわれた

世界最大のケトルベル関連組織:SFG
(ストロング・ファースト・ギリャ)認定

ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター講習・試験で

私こと:小野卓弥が、ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングの基本であり、真髄であり、究極でもある

ワンアーム・スィングを行なっている場面です。

上半身だけの写真ですが

無資格で、まったく教育を受けていない方々がおこなうケトルベル・スィングと比較していただくと

明らかな違いがお分かりになるでしょう。





================


私のスィングの写真では


1:ケトルベルは持ち上げてはいない

2:ケトルベルが完全に浮いて【フロート】の状態になっている

3:持ち上げようとする動きを、全くおこなわないので
 僧帽筋(そうぼうきん:肩こりの時に主に気になる部分)が
全く上がってこない・力が入っていない・首が長く見える

4:ケトルベルが、自然な反動で跳ね上がっているので
 ケトルベルの底が完全に見えて角度がついている

5:肘(ひじ)に不自然な角度がついた:曲がった状態になっていない

6:ケトルベルを掴んでいる(つかんでいる)手が、ルーズ(ゆるんでいる)な握りになっている



この6項目、無資格の方々のまったく教育を受けていないスィングでは

全てを満たすことが出来ません。


項目を満たせない動作をおこなうことで


★現在の身体の使い方の不完全部分が分かります。

★ケトルベル指導から、身体能力を正しく向上させることが出来ません。

★負傷させる動作教育をしている可能性が、もの凄く高いです。

★目的と全く違う身体能力を養うことで、スポーツの成績にとんでもない悪影響を生む
(そのような実績を作ってしまったインストラクターの実例あり)



このような現象が、即時発生いたします。


==============





◆指導する立場である方

◆これから導入を考えているが、絶対に不具合・失敗を起こしたくない方

◆この写真と正しくないスィングの違いを知りたい!方

◆日本国内では、まだ数少ない正しいハードスタイル・ケトルベル・トレーニング実践者となり、他の方々と決定的にブランディングとして差をつけたい方






ハードスタイル・ケトルベルWEB講座:無料視聴をご覧になりませんか?

明後日:8月25日(金曜日)から、配信が開始されます。

それがきっかけで、心のトリガー(引き金)が引かれたら
ハードスタイル・ケトルベルWEB講座で、ご一緒に勉強いたしましょう^^



=============






無料視聴期間は、あくまでも【無料視聴】ですので
疑問に思ったこと

もっと踏み込んで知りたい!こと

この様なことにも、お答えは致しかねます。

あくまで【無料】の視聴。

ご了承くださいませ。



============



私の所属する、世界最大のケトルベル関連団体:SFG(ストロング・ファースト・ギリャ)は

各種の研究機関や外部団体と連携して取り入れた、最新の医学・科学・トレーニング知識を

ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングに100%反映させ
世界中で提供しています。

古く、カビの生えた情報や使えない理論・動作は、まったく存在しません。










=================



今回のハードスタイル・ケトルベルWEB講座は、日本国内では初めての、大型・長期での講座提供になります。

あなたは、SFGが世界中で提供している、正式なハードスタイル・ケトルベル・トレーニングを、カリキュラムに沿う形で習得する
日本国内での先駆者になるのです。




================


いよいよ!9月1日からハードスタイル・ケトルベルWEB講座がスタートします。

9月から10月までの2ヶ月間、毎週ごとにテーマを更新していきます。

この手順通りに進行していくことで、身体を無駄な危険性にさらすこと無く

段階的に学習ができるようになっています。


あらためて、お申し込みされる際の連絡先は



★WEB講座主催者である、佐々木豊様のメールアドレス
 yutafatoff@gmail.com


こちらでお申し込みください。


お申し込みいただきましたら、各種のお手続きをしていただくために
速やかに返信させていただきます。



そのやり取りをもって、正式な受付完了とさせていただきます。


早期にお申し込みいただいた方々は

小野卓弥が開催するワークショップなどに関する特別優遇リスト登録は、すでに済んでおります。

ご安心ください。



================



受講を迷っていらっしゃる方々に朗報!


なんと!



8月25日(金曜日)から8月31日(木曜日)は

第0(ゼロ)週として、ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング:座学を配信いたします。

こちらは無料でご視聴いただけます!



こちらをご覧になってからお申し込みされてもOKです!


しかしながら、講座をご受講されない場合は、WEB講座最大の長所である


ご質問・ご意見・ご視聴者様からの情報にお答えするということは、いっさい行なえませんので、ご承知くださいませ。


無料視聴期間は、ご視聴者様は受身であるだけです。






================


9月1日(金曜日)から開始されるカリキュラムは、以下の通りです

0:最初の0週目は 無料視聴:座学です。

●自己紹介と、講座受講のご準備について
●ケトルベルとは、いったい何か?
●ケトルベルを使う理由・メリット、そしてデメリットとは何か?
●ハードスタイルと、他のケトルベル動作の決定的な違いについて
●基本動作理念○ポイント・ハードスタイルとしてのキーワード○ポイントについて
●今回のゴールについて 
など。



1:第1週が最も重要!すべてに連結する基本動作とテクニック・思考


●基本○○とチェック○ポイントとは?
●グリップの秘密!学習しなければ、絶対に解き明かせない謎とテクニック!
●○○○種目と○○○種目との違決定的違い。絶対に混同してはいけない!
など。




2:第2週のテーマはハードスタイルの基本・象徴・真髄種目であり
空手における正拳突き!スィング!

ここを間違っているから、無資格・無教育のケトルベル実施者は
すべてにおいて失敗している!

●スィングは○○○を親とする!ここが分からなければハードスタイルを行なう意味が無い!
●重要なのは、○○だ!失敗の99%は、ここにある。
●パッキング&パンチング!ここにこそ真髄がある!
など。




3:第3週のテーマはスクワット!

 スクワットは人間の○○○であり、○○教育であり、○○学習である!ここにブレは無い。

●スクワットは、一般的に言われる○○を使う動作ではないと理解する!
●最も○○しやすい種目・では正しい対策は?*○○分別:3種類
●デッドリフトとの決定的な違いを、今こそハッキリさせる!目的と動作
など。



この後のラインナップは

◆クリーンは○○だ!この万能選手を知らないことは、人生の大損である!
◆トルコ式ゲットアップ!革新的トレーニングと根源とは?
◆プログラムの組み方・基礎と応用の知識と実行
◆更に上のレベルを目指す!そのこととリグレッションは同価値!詳しい解説



となっています。


もっと公開したいのですが、今はこの辺でご勘弁を。


===================


ここで、あなたが気になるのは...?


そう、受講料金ですよね。


1ヶ月あたりを5週間と捉えて、全部で10週間


お支払い方法は、あなたのご都合に合わせて、ご無理なく行なっていただけるように


このように提案させていただきます。


1:1週間6,000円を1週ごとにお支払いいただき、これを10週間・10回払いの60,000円


2:1ヶ月間(5週間)ごとに25,000円のお支払い、これを2ヶ月間・2回払い50,000円

この場合は通常より1週間分以上!お得になっております


3:10週分すべてを先払い・一括払いで43,000円
この場合は、1ヶ月あたりを5週間と捉えて、2ヶ月で10週間

なんと、通常より3週間分近く!お得になっております




お申し込みいただいた後に、お振込み先をお教えいたします。


===================





ハードスタイル・ケトルベルWEB講座の最大の特長は

世界中のどこにいても、ご多忙であるあなたが、貴重な時間をご自由に使いながらであっても

レッスンが受けられるチャンスが、目の前に開かれること!





リアルとまったく同じ価値観のレッスンです。

ぜひ!ハードスタイル・ケトルベルWEB講座でお会いしましょう!

ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングに関する、全ての疑問と運用の仕方にお答えいたします!


ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイスブックご加入者様を... | トップ | ケトルベル・スイングとは、... »
最近の画像もっと見る

ワークショップ情報」カテゴリの最新記事