ハードスタイル・ケトルベル・トレーニング マインドコネクション MIND CONNECTION

世界最大のケトルベル関連団体:SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・インストラクター:小野卓弥がご提供する美動作学習!

おの整骨院では、ケトルベルを販売しています。

2017-05-17 15:06:37 | 革新的トレーニング!=ケトルベルとは?


個人、

或いは1個のみの購入の方に対して

販売に際しての特典情報です。




ケトルベル=ヤカン型ダンベルと称される

鉄の塊のコトです。

写真をご覧下さい。


====



こちらが価格一覧です。


★★ケトルベル、追加重量


新販売のお知らせです。



ご要望の多かった


20kg

40kg

48kg

こちらの販売を開始しました。





==============



おの整骨院で販売するケトルベルは、

全てロシアン型で、

有限会社伊藤鉉鋳工所のロゴ入りケトルベルです。



ケトルベル8KG : 5,000

ケトルベル12KG : 6,000

ケトルベル16KG :8,000

ケトルベル20KG : 10,000

ケトルベル24KG : 12,000

ケトルベル32KG : 15,000

ケトルベル40KG : 20,000

ケトルベル48KG : 24,000





=====

★純国産★


三重県桑名の、昭和25年から続く工場での生産。


原材料から塗装まで全て国産であり、


一つ一つが伝統の


「くわな鋳物」の技法を受け継ぐ


職人による手作りです。




次のような大きなメリットがあります。



●他の粗悪品との違い。

1:不純物・有害物質が一切含まれていない。

含まれていると


肌荒れを起こす・病気を引き起こすなどの


心配があります。




2:外塗装についても、


粗悪品ですと毛羽立ってしまい


身体を傷つける恐れがあります。




3:鋳物=一体成型です。


優秀な鉄製品である証拠。


後付けでハンドルを溶接すると


落下で折れる可能性があります。




4:球体バランスがJIS規格基準。


粗悪品は、バランスが狂っているものがあります。



5:ゴムなどのかぶせ物をしていない。



▲ゴムなどをコーティングすると


反動をつかう


種目実施の場合


万が一、落下した場合に


吹っ飛んでしまう位置がランダムで


負傷の危険性が高まります。




床面のみがゴムなどの柔らかい素材
(マット、シートを敷くなど)


であれば


ジャンプは小さいです。




6:伊藤鋳鉄工業様の「ロゴ入り」です。



★次のような注意点がございます。


フェアな取引をおこなわせていただくことを


最重点に心がけております。


必ずお読みくださいませ。


▼※KG表記は呼称のため若干の誤差があります。


※製品の特性上、表面の細かい傷や


多少のロゴ崩れは考えられます。



ロゴ崩れや

細かなキズが理由での交換は致しかねます。

ご了承下さい。



※トレーニング以外の用途で使用する等は

絶対にお止めください。

大変危険です!



※使用中に製品に不具合(変形や割れ等)が発生した場合


即時使用を中止してください。



※本製品を使用しての死亡・怪我・事故・物的損傷については



一切の責任を致しかねます



======




ご購入いただいた方々へ


特典がございます。


:基本取り扱い事項を記載した冊子を


同時にお渡しいたします。




:動画とメール指導・診断(希望者のみ)


▲動画を個別送付いただいたら


個別に到着から7日間


指導させていただきます。


この7日間のメール指導料金は


無料です。




:今後、私:小野卓弥が主催する


ワークショップへの参加時は、


永続的に参加費20%引きとさせていただきます。



他のサービスと併合する時には


お客様のお得な方・ご希望の方の


サービスを提供させていただきます。





=====



以上、個人、


或いは1個のみの購入の方に対して


販売に際しての特典情報です。



団体・大量・一括購入の方々には


別の特典をお付けいたします。




お問い合わせはメールにて

    

ono-seikotsuin@nifty.com



可能な限り


迅速な対応を致します。


宜しくお願いいたします。



ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレーニングの種類に関係無... | トップ | 6月、7月、8月のハードス... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む