労働相談センター・スタッフ日記

NPO法人労働相談センターと東京東部労働組合の記録

4/19 東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせアピール行動に結集を!

2017年04月13日 11時48分43秒 | 東京メトロ売店

写真=非正規差別を容認する不当判決に怒りの声をあげるメトロコマース支部と支援者ら(2017年3月23日)

4/19 東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせアピール行動に結集を!
不当判決に屈さず非正規差別の張本人=東京メトロ経営者への怒りを示そう!

東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が、4月19日(水)午前11時10分から、東京メトロ本社前で非正規労働者への差別をなくすよう求めるアピール行動を行います。3月23日に東京地裁が非正規差別を容認する不当判決を出してから初めての行動になります。皆さんのよってたかっての支援をお願いします!

東京地裁の不当判決を受けて、東部労組メトロコマース支部は4月5日に東京高裁に控訴状を出しました。このことを4月10日にあったメトロコマースとの団体交渉で会社側に告げたところ、なんと会社側も控訴したとのことです。地裁判決は、組合側が請求した正社員との賃金差額など約4500万円のうち、会社が正社員に上乗せしている残業代の割増率の差額4109円のみを認めましたが、それすら払いたくないとのことです。そこまで差別をなくしたくないのかと組合員は怒り心頭です。

正社員は「有為」(能力があること、役に立つこと)で、非正規労働者は有為ではないという根深い差別と偏見に満ちた不当判決に屈さず、東部労組メトロコマース支部は東京高裁での裁判闘争で恥知らずな地裁判決を歴史から葬り去る決意です。同時に、メトロコマースの親会社である東京メトロの経営者に一刻も早く非正規労働者への差別をやめるよう闘いを強めていきます。

今回のアピール行動は、様々な労働組合が参加している東部けんり総行動の一環として行われますが、東部労組メトロコマース支部を応援してくれている人や非正規差別をなくしたいと考えている人ならどなたでも参加できます。労働組合の方はぜひ組合旗をご持参ください。行動は30分程度で終了する予定です。

よってたかって非正規差別の張本人=東京メトロ経営者に向けて抗議の声をあげましょう!

【東部労組メトロコマース支部 非正規差別なくせアピール行動】

■日時:2017年4月19日(水)午前11時10分~同11時40分

■場所:東京メトロ本社前(東京都台東区東上野3-19-6)
※東京メトロ 銀座線/日比谷線 上野駅 1番、2番出口すぐ

■連絡先:全国一般東京東部労働組合
電話 03-3604-5983
メール info@toburoso.org

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 固定残業代制度を廃止させた... | トップ | 「有給休暇」を自由にとらせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。