労働相談センター・スタッフ日記

NPO法人労働相談センターと東京東部労働組合の記録

自由と生存のメーデー1000人で新宿デモ

2008年05月04日 08時46分05秒 | 若者


若者の怒りが新宿繁華街を席巻!
「自由と生存のメーデー」に東部労組が参加

5月3日夕方、フリーター全般労組が呼びかける「自由と生存のメーデー2008」が東京・新宿で開催され、私たち全国一般東京東部労組も参加しました。

集会場所となった大久保区民センターには参加者が続々と詰めかけ、若者が中心の約600人で会場はあふれかえりました。集会では低賃金で不安定な生活を強いられているフリーターや非正規雇用の若者たちから「このままでは食べていけない」「生存権を取り戻そう」との訴えがありました。

集会後のデモは、荷台に大型スピーカーを積んだトラックが先導する「サウンドデモ」です。軽快なリズムに合わせて踊りながら、「仕事をよこせ」「給料上げろ」などのシュプレヒコールをあげました。ヨーロッパのデモでは有名な巨大なパペット(人形)も登場しました。東部労組の赤旗や黄色ののぼり旗もひるがえりました。

デモは靖国通りや新宿通りなどの繁華街を回るコース。解放感あるデモに、沿道の通行人は手を振ったり、声援を送ったり大盛り上がりでした。出発時には約600人だったデモには飛び入りの参加者が相次ぎ、解散地点である新宿東口のアルタ前広場に着くころには約1000人に膨れあがっていました。

いま、若者は派遣やパートなどの非正規雇用で低い収入しか得られず、ワーキングプアという貧困化に直面しています。正社員でも満足に家族と生活できるだけの賃金すら得られない人が多くいます。残業代不払いや有給休暇を与えないなど企業の違法行為が横行しています。こうした状況は断じて若者の「自己責任」ではありません。間違っているのは、若者の生存権すら脅かしている企業と社会です。若者のみなさん!おかしいことはおかしい、といっしょに声をあげましょう。

正義は、働く若者にあります。
希望は、たたかう労働組合にあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5・1メーデーでTCSA前アピ... | トップ | 『東京新聞』(堤未果さんコラム... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って! (HTS組合員です)
2008-05-04 17:08:39
生活向上のために、声を上げましょう!あなた達は正しい!いまのシステムは明らかに間違っています。応援しています!
発達障がい者にも人間らしい生活を! (私も同感)
2008-05-04 20:56:18
私は発達障がい者です。本巣市内にある物流会社で働いています。
最低賃金はクリアしていますが(最賃が)あまりにも低すぎます。その上、トライアル雇用であることを理由に社会保険に入れてくれません。
発達障がい者の自立推進のためにも、今後は仲間と共に最賃引上げにも取り組んでいければと思います。
役人天国 (ひばり)
2008-05-05 09:51:20
役人の都合だけで動くこの国「日本」

この流れを断ち切りましょう!!
はじめて参加したよ。 (田中洌)
2008-05-20 16:07:31
同感!
凄かったね。
立ちあがるやつはたくさんいた。
どんな人間にも公平なチャンスを (元派遣社員)
2009-03-24 21:36:43
 小泉・竹中構造改革路線の負の遺産。

 全ての人間が幸福でなければ、国家は栄えられない。ワーキングプアは持続できる社会作りにはあってはならない存在。
 富裕者が社会のためにお金を使っているのではなく、自分のあふれる欲望を制御できないから、彼らは堕落した。更にモラルが壊れた。その例はホリエモンが粉飾決算をして逮捕されたのは一例である。

 日本のモラルの低下=日本の産業の低下をもたらす。一体、バブル崩壊から何を教訓にしたのか? 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。