労働相談センター・スタッフ日記

NPO法人労働相談センターと東京東部労働組合の記録

5.1日比谷メーデーに行こう!

2017年04月12日 09時00分00秒 | 労働組合

8時間労働制の破壊NO!
労働者の団結の威力を示そう!
5月1日 日比谷メーデーに集まろう!

5月1日メーデーに行こう!



今から131年前の1886年5月1日、長時間労働が当たり前であったアメリカ・シカゴの労働者35万人が「8時間労働制」を要求し、ストライキへ突入、会社側の暴力的なスト破りに屈することなく、この日の闘いで多くの労働者が8時間労働制をそれぞれの資本家に約束させました。

労働者はその後の資本家側の巻き返し・弾圧に屈することなく、各国で8時間労働制を求め、1890年5月1日、「万国の労働者団結せよ!」をスローガンに全世界で第一回国際メーデーが開催されました。これがメーデーの起源です。その後も世界の労働者が一斉に決起。ついに1917年、ロシア革命で初めて8時間労働制が勝ち取られたのです。
 
そして現在、先輩労働者が体を張って、血と汗で勝ち取った8時間労働制が破壊されようとしています。

経団連と連合の両会長は3月上旬、政府の意向を受け、繁忙期の残業(8時間超の労働)時間上限を「100時間未満」とすることに合意しました。これを受け、政府は労働基準法改正案として2019年度の施行を目指すといいます。
いわゆる「過労死ライン」となる残業時間は月80時間です。「月100時間」はそれをはるかに上回っています。過労死ラインを上回る労働時間が「上限」たり得るはずはありません。
 
「365日24時間死ぬまで働け」。これはワタミの創業者である渡辺美樹氏が唱えたスローガンです。経営者は労働者の命と健康をまったく考慮に入れていません。「月100時間」はこのような経営者側の意向を反映したものにほかなりません。

労働者の命と健康をまったく考慮しない経営者に、私たちの生死をゆだねるわけにはいきません。
131年前の5月1日、シカゴの労働者が闘ったように、8時間労働制をいまあらためて、私たち労働者自身の手で体を張って守り抜こうではありませんか。労働者の団結の威力を示すため、日比谷メーデーに集まろう!
 
 
<第88回日比谷メーデー>
【東部労組の行動予定】
■日時:2017年5月1日(月)午前9時集合
■集合場所:日比谷公園大噴水前(JR有楽町、地下鉄日比谷駅・霞が関駅)
■9:50より日比谷野外音楽堂での本集会に参加、11:15デモに出発

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリーズ「解雇理由」2017年2... | トップ | 固定残業代制度を廃止させた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。