クルマとバイクと読書の雑記

他のブログサービスから引っ越してきました。
クルマとバイク、ミステリーやライトノベルなどを楽しむ日常を綴るブログです。

鎌倉、お台場、神保町

2017-05-18 19:53:21 | 一人で旅行

この前の土日は今年2回目の東京出張に行ってました。

その行きの新幹線内で読んだ本。

三上延氏作「ビブリア古書堂の事件手帖 7 栞子さんと果てない舞台」

ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。」

「ビブリア古書堂」はドラマ化もされましたから、本を読まなくても知っている人は多いでしょう。

その最終巻です。

2月の発売時に手に入れていたのですが、大好きなシリーズのラストということで関東出張の時に聖地巡礼しながら読もうと企んで、これまで我慢してました。

作中の舞台は鎌倉で、前にも同じことをしているんですが、それがなかなか良い思い出になっているので。

 

それに関連した、出がけの妻との会話。

私:今日、行きの新幹線でビブリアの最終巻を読んで、そのまま聖地巡礼で鎌倉に行ってくるよ。

妻:今日は、太平洋側はずっと大雨みたいだけど?

私:うん、知ってる・・・・・・。

土曜日って、丸一日大雨だったんですよね。

 

 

妻との会話で、ちょっと心が折れかけましたが。

 新幹線は新横浜で下車。

 

 

 

横浜駅から横須賀線へ。

 

 

結局、北鎌倉駅まで来てしまいました。

 

この駅前にビブリア古書堂がある設定です。

実際はモデルにできそうな書店すらない場所ですが。

 

 

雨の中、テクテクと鎌倉駅方面へ歩きます。

思ったより雨がキツイ。

でも雨で煙ったような緑の中を抜けるのは、なかなか良い雰囲気が味わえます。

雨の鎌倉とは、なかなか風情があるではないですか(と、自分に頑張って言い聞かせる)。

 

 

鶴岡八幡宮

 

を通り抜け 、雪ノ下にある蕎麦屋さんに入って昼食にしました。

 

 

 

手打ちそば 千花庵

 ちょっと高級なそばのお店のようで、全国各地のそば粉をお店で当日に手打ちにしているらしい。

日によって時間帯によって出されるそばの産地が違うようです。

 

 

ざる蕎麦を頼みましたが、これは青森産だそうです。

私の後に注文中だったお客さんと店員さんの会話から「今から岩手のそば粉になります」と聞こえてきていました。

違いが気になりますね。

 

 

塩でも味わってみてください、と。

 

 

ざる蕎麦を塩で食べるのは初めてでしたが、なかなか良い。

ぞばの風味がタレで食べるよりわかりやすいのかな。

メニューに「食べ比べ」のセットもありましたが、産地の違う蕎麦の風味の違いはこの塩でというのがわかりやすくていいかも。

 

 

 

 

蕎麦を食べ、更に歩いて鎌倉駅に到着。

足下がずぶ濡れになって、後でホテルに入った後、ドライヤーで靴とソックスを乾かす羽目になってしまった。

でもやはり行ってよかった。

最終巻の内容も良かったですしね。

大輔と栞子さんのプロポーズのシーンは、二人らしい雰囲気が出ていて爽快でした。

これでラストというのがとてもさみしいですが、あくまで本編が完結であって外伝的な話やスピンオフがこれからも出てくるということなので、そこには期待しています。

すでに電撃文庫から出ているスピンオフは入手済みですし。

あと実写とアニメ両方での劇場版も作られる予定になっています。

ドラマの方は、主演女優さんのイメージがあまりに栞子さんと違いすぎるということで原作ファンからは不評でしたが、劇場実写版はどんな人になるのか。

私はやはり、アニメ版の方を見に行くつもりです。

 

 

 

 さて、次はこの日の宿泊場所へ。

 

久々のお台場です。

前回は2012年11月なので4年半振りになります。

あの頃はあった実物大ガンダムが、今はもうないんでしたっけ。

ちょっとさみしいですが、次はユニコーン・ガンダムが作られるらしいですね。

完成したら是非見に来ないと。

 

 

自由の女神とレインボーブリッジの夜景。

 

 

このイルミネーションが色鮮やかなビルはフジテレビ?

東京の泊まりは品川が多いので、今回はちょっと新鮮でした。

 

 

翌日の日曜日。

午前が仕事。

昼過ぎには自由の身となり、京都へ帰る前にここへ立ち寄りました。

 

 神田の神保町。

世界最大規模の古本屋街ですね。

絶版になっているため新刊で買えないミステリーで欲しいものが一冊あるので、ちょっと探してみましょうと。

特に希少価値があるものではないので、ネットで探したりブックオフのハシゴをすれば容易に見つかりそうなものですが、古書店巡り自体が楽しいイベントですので。

 

結局、目当ての本はありませんでしたが、神保町の雰囲気が楽しめたのでよしとしましょう。

古書店巡りの後は昼食。

日乃屋カレー 神保町店

 

神保町といえばカレーですね。

ここにカレー店が多い理由は、ビブリオマニアが古書店巡りで得た戦利品を読みながら食べるのに、スプーンを持つ片手で事足りるカレーが最適だからということらしいです。

 

 ということで、勿論私も本を片手にいただきました。

ごちそうさまでした。

 

 

読書の備忘録の続き。

奥泉光氏作「黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 2」

夏。文芸部の女子学生を引き連れて海に合宿へ赴いた桑潟幸一准教授に怪事件が降りかかる。女子部員の水着が消失、羽衣伝説のある岩で発見されたのだ。日頃の行ないゆえ、容疑はクワコーに!表題作と、答案用紙消失の謎をめぐる「期末テストの怪」を収録。笑いの地雷を敷きつめた傑作ユーモア・ミステリ。」

ものすごく密度の濃い文章ですが、それが良い。

クワコーの思考が実に楽しい。

続きがまだ出ていないのが非常に残念。


望月麻衣氏作「京都寺町三条のホームズ 5 シャーロキアンの宴と春の嵐」

『蔵』でアルバイトを始めて一年。清貴や秋人と城崎温泉に行ったり、『シャーロキアンの会』に参加したりと、葵は春休みを満喫していた。一方で、ようやく気付いた自分の気持ちを清貴へ伝えるかどうか逡巡する葵。そんなある日、『蔵』に雑誌の取材と称して女性編集者が現れる。その日の深夜、清貴の目の前で円生が『志野の茶碗』を盗み出す。そして翌朝、清貴のもとに円生から挑戦状が届いた…大ヒットキャラミス第5弾!」

このタイトルならどこかで本当のホームズネタが入ってくるだろうと思っていました。

あと、ようやくこうなったかという展開も。


 

電子書籍では、

鴨志田一氏作「青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない」

榎宮祐、暇奈椿氏作「クロックワーク・プラネット 4」

くまなの氏作「くま クマ 熊 ベアー 2」

川口士氏作「魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 13」

 

以上で141冊目。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋根を開けてみた | トップ | 中村軒と無心へ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ベル)
2017-05-18 20:32:24
せっかくの出張大雨で残念でしたね
出張は雨でもいいのかな?
塩で食べる蕎麦は食べたことないですね
今度やってみようかな
雨のおかげで風情のある鎌倉足元濡れるほどの雨はちょっと勘弁してほしいかな
人は少なくてゆっくり回れるのはいいですね。
>ベルさん (ピィ)
2017-05-18 21:46:13
よりによってというタイミングでの大雨でした。
でも逆に印象には残ったから、後になってみれば良かったかもです。
塩での蕎麦は、なかなか新鮮な味わいでした。
人については土曜日だったので、場所によってはかなり多かったです。
傘をさしながら避けるのが大変でしたよ。
Unknown (me262a-1a)
2017-05-18 21:48:28
鶴岡八幡宮の階段下の大銀杏の木は、少し大きくなったようです。私が鎌倉に行った時は汗ダラダラの極暑で、違う意味でびしょ濡れになりました。^^

こんな蕎麦屋さん、新鮮ですね。塩を食べるなんて初めてです。それだけ味も香りも強いのでしょう。
>me262a-1aさん (ピィ)
2017-05-18 21:50:32
気温は快適でしたよ。
足下は濡れましたが、汗より雨の方が良いかもですね(笑)
蕎麦自体がいいのと、良い天然塩ゆえの美味しさでしょうね。
Unknown (mercury)
2017-05-18 22:40:56
雨の鎌倉、画的には風情があっていいけど、歩くのは
ちょっと気がひけます。

私が行った時はどピカーンで汗だくでした(笑)

聖地巡りという音に敏感な今日この頃、聖地としては
楽しめたのでしょうか?
そこ、「きになります!」笑

神田のカレーはいかがでしたか?
感想がないところからすると・・・なのかな~^^;)

蕎麦は家で良い岩塩があるのでやってみます(^^)

Unknown (T2)
2017-05-19 05:10:54
知った街でも雨の中をゆっくりと歩くと、また違った顔を発見することも♪
>mercuryさん (ピィ)
2017-05-19 05:46:48
今回は、歩くしかなかったですので(笑)
聖地巡礼としては楽しめました、
欲をいうなら2種原付ですね。
もうちょっと広範囲を軽快にまわりたいものです。
神田のカレーは美味しかったですよ。
なんせ、2013年神田カレーグランプリ優勝店ですし(^^)
>T2さん (ピィ)
2017-05-19 05:49:35
天気で街は表情を変えますよね。
それをノンビリ眺めるのもいいものです。
できれば屋内とか車の中で(笑)
古書店巡り (路渡カッパ)
2017-05-19 10:42:09
神保町、世界最大規模の古本屋街。そうだったんですね。
カレー店が多いと言うのも面白い。
私には知らないことばかりですが、興味津々、魅力的な街ですね。
若い頃は古書店巡りもしましたが、京都には古書店街と言えるエリアは・・・京大周辺?
>路渡カッパさん (ピィ)
2017-05-21 14:08:32
世界最大らしいですよ。
ロンドンあたりにもそんな街がありそうな気もしますが。
神保町とカレーは切り離せない関係のようです。
面白いですよね。
京都も古書店は多い印象です。
やはり人口規模に対して大学の数かな。
文系の学者さんが多いんでしょうね。
Unknown (ななパパ)
2017-05-22 20:21:03
その建物はフジテレビですね〜
見学コースで中に入って夜景を
楽しむことも出来るんですよ。
私も4月に神保町がカレーで
有名と聞いて行って来ましたが
行列が出来てました。
でも神保町のカレーにそんな理由が
あったなんて意外でしたね〜
Unknown (tak)
2017-05-22 21:28:40
出張もこういう楽しみがあれば楽しそうですね〜
フジテレビは来月の仕事関係の旅行のコースに入ってました。昼間ですが(笑)
>ななパパさん (ピィ)
2017-05-23 07:46:21
すごくカラフルなビルでしたね。
中からの夜景も見てみたいものです。
何年か前に昼間になら中に入ったこともあるのですが。
神保町にカレー店が多いのは、そういうことだと言われているようです。
真実かはわかりませんけれど。
行列店のカレーも味わってみたいですね。
>takさん (ピィ)
2017-05-23 07:48:05
空き時間をいかに楽しむかですね(笑)
昼間でもビル内は楽しめるんじゃないでしょうか。
テレビのキー局って、興味がわきますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。