虚構の世界~昭和42年生まれの男の思い~

昭和42年生まれの男から見た人生の様々な交差点を綴っていきます

生きる意味14~ファイスブック症候群「偽りのタイプスリップ」⑥~

2017-07-27 08:37:50 | 小説


 村木ゆかりのFBはどうだったのか。写真で見る彼女はセレブな雰囲気と51歳とは思えない美貌とスタイルだった。

 ただ、貴志が気づいたのは、ゆかりが高校の同窓会に参加している写真だった。

 彼女は、同性からは嫌われるタイプであった。だから、学生時代の友達も少なかったと記憶している。
そんな彼女が東京で行われている同窓会の幹事をしている写真があった。

 
 「こんなことをするタイプではなかったのに・・・」

貴志はそんなことを思った。

 結婚はしているけれど子供はいないのかなあ・・・
 地元に帰ってきたいのかなあ・・・・・
 

 そんなことをふと考えていた・・・
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きる意味13~ファイスブ... | トップ | 生きる意味15~ファイスブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL