虚構の世界~昭和42年生まれの男の思い~

昭和42年生まれの男から見た人生の様々な交差点を綴っていきます

恩人~部屋を出た後~

2017-06-22 18:47:31 | 小説


 彼が部屋を出た後、彼女の精神は一時的に崩壊した。
信じていた人に裏切られたショックと悲しみ・・・。そして、暴言と暴力で心に深い傷を負っていた。

 彼女は部屋から一歩も出られない状態になった。
 また、彼が電話しても電話にさえ出られなかったのだ。

 心配した彼女の友達が彼女の部屋を見舞いにきた。彼女からの相談を受けた友達は、別離をすすめた。
しかし、彼女には、別離のエネルギーさえ、もう残っていなかったのかもしれない。


 ただ、放心状態だった。

 友達は、彼に連絡した・・・。あなたから受けた傷が原因で彼女が壊れていることを知った・・・。
本当ならば、仕事も決まり、今頃、次のステップに向けて、彼女と一番幸せな時期を歩んでいる頃・・・。
しかし、・・・。

 彼が彼女と最後に出会ってから、3週間が過ぎた土曜日・・・。彼は彼女の元へと戻った。
何とか仕事にはギリギリのところで行くことができていたが、彼女の生活は荒んでいた。
あれほど、奇麗だった彼女の部屋が見事に汚れていた。


 彼女の心を物語っているかのようだった・・・。

 彼女に支えられて一歩踏み出した彼・・・。しかし、その恩人ともいえる彼女を彼は壊してしまったのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恩人~歪んだ思い~ | トップ | 恩人~私の本当の気持ち~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。