虚構の世界~昭和42年生まれの男の思い~

昭和42年生まれの男から見た人生の様々な交差点を綴っていきます

生きる意味~タクシー運転手の生きざま~

2017-08-09 14:06:58 | 小説
 

 道東の街、釧路で馬田 崇(51歳)は、今日もタクシー運転手として働いている。
馬田は、地元の高校に進学した時は、ちょっとは名の知れた男だった。

 サッカー部のキャプテンとして、抜群の運動神経で活躍していた。また、成績も校内ではトップクラスで
地元の国立大学に進学するものと思われていた。

 

 しかし、馬田は、大学受験に失敗すると、あっさりと進学を断念し、自動車販売の会社の営業マンとして就職した。

 そこでも馬田は抜群の広い人脈を生かし、次々と車を売っていた。優秀な営業マンとして、20代前半の彼は順風満帆な人生行路を歩んでいた。

 あれから30年あまりの月日が経過した・・・。

 馬田の人生に何があったのだろうか・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きる意味22~AMラジオ~ | トップ | 生きる意味~タクシー運転手... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事