オッサンの喫煙所

オッサンが感じた事、思った事、何でもアリで書いていくブログやねん

ソニスフィアーの奇蹟

2016-09-19 19:13:14 | 日記

BABYMETALのソニスIDZ映像の再生回数が、400万回を突破したわ




投稿されてから1年以上かけて、やっとこさだわな




オッサン、今回は下調べや復習をして、結構前から書き始めたんやけど、400万回突破が東京ドーム2DAYSの初日、公演中になるとはなww




こんな掛かるとは思わんかったわww




BABYMETALの公式映像の中でも、どんだけ人気が無い映像なんだかな




あのライブから既に2年以上経つのに、ソニス当日の衝撃は、オッサン、今も忘れられんわ








2014年、武道館2daysの「黒い夜」で、メタル・レジスタンス第1章が完結し、BABYMETALの今後の活動はヨーロッパに移され、メタルレジスタンス第2章が始まる事が発表されたんだわ




そして、初のワールドツアーが組まれ、イギリスで行われるメタルフェス、ソニスフィアー・フェスティバルにも出場する事が発表されたんや




ファンの間では、ソニスフィアー・フェスティバルとは、何ぞや?ちゅー感じだったわ




当時、オッサンのBABYMETALの情報源は、2ちゃんのHR.HM(ハードロック・ヘヴィメタル)板に、「BABYmatoMETAL」、「BABYMETALの楽園」といったブログだったんやけど、それらにアップされたソニスフィアーのライブの画像は、野外のステージで演奏するバンドと、蟻ん子みたいな何万人もの観客が写ってたわ




ドルヲタのファンは、「何かスゴいフェスに出るみたいだ」、ぐらいにしか思わんかったやろけど、メタラーのファンからしたら、「かわいそう」とか「大丈夫なのか?」、「これはヤバイんじゃないか?」ちゅー声が本音やったな




メタルの世界を知っとるファンからしたら、BABYMETALのソニス出場は、手放しで喜べる事では、なかったんだわ




当時はまだ、神バンド固定、ちゅーわけやなかったから、ソニスを始め、ワールドツアーに神バンドも同行して演奏するのか、あてふりの骨バンドなのか、3人だけで出場するのかさえ判らんかったんだわ




勿論、神バンドの演奏で、ちゅー意見が圧倒的多数だったわ




オッサンも当時は、神バンド無しでソニスに出場したら笑い物になるだけやと書いた記憶があるわ




でも、最悪3人だけで、カラオケで、ゆいもあは口パク、ちゅーのも考えられてたんだわ




そんで、ワールドツアー初日のフランス公演で、神バンドが演奏しとるのを観て、多くのファンは、胸を撫で降ろした、ちゅー感じだったんだわ




BABYMETALは、これまでシンガポールとインドネシアのアニメフェスに出場した事はあるけど、ソニスは、初めて出場するヨーロッパのメタルフェスだったんや




客層も、これまでのドルヲタ、アニヲタとは違い、ガチメタラーばかりだわ




普通に考えて、BABYMETALがソニスのオーディエンスに受け入れられる、なんちゅー事は、まず考えられなかったわ




あのLOUDNESSかて、全米ビルボードでは64位に入ったけど、イギリスのチャートでは圏外やったし




VOWWOWなんかレディングフェスで空き缶攻撃を受けたしな




LOUDNESSもVOWWOWも当時は、人気も実力も日本トップクラスのメタルバンドだったんだわ




でも、イギリスでは、SUSHIやSUMOの国から来た、片言の英語で歌うバンドなんて相手にされんかったし、攻撃の的になるだけだったねん




そんなんで、オッサンの時代は、日本のメタルバンドが聖地イギリスで、認められる事は無かったんだわ




それやのに、メタルフェスのステージに、女の子3人のアイドルが立つなんて、メタルをナメとるとしか思われんやろ




しかも全曲、日本語で歌うんやからな




日本のバンドがイギリスのライブに出場する時は、英語で歌うのが当たり前やったしな




日本に限らず、英語圏以外の国のシンガー、バンドはイギリスでは英語で歌うのが普通だわ




それが、意味の解らない国の言葉で歌うんやからな




それに、メタルちゅーのは基本、暗くて重くて、悪魔的、地獄的な音楽やん




それを、可愛い女の娘が笑顔で楽しそうに、メタルに合わせて、あり得ないダンスをしながら歌うんやからな




これは下手したら、メタルを冒涜するバンド、と受け取られてもおかしくなかったと思うんだわ




ネットには、ダフニィ&セレステ、ちゅー女子2人組が、以前レディング・フェスティバルに出場した時に、観客から一斉にステージにペットボトルを投げ込まれる映像も貼られとったわ




それを観て、ダフニィ&セレステの二の舞になるんじゃないか、ちゅー声も上がってたわ




ソニスが開催されたネブワーズ・パークは、野外フェスの会場として有名な公園で、数々のライブが行われてきた場所なんだわ




1979年にレッド・ツェッペリンが再結成したのも、クイーンがオリジナル・メンバーで最後にライブを行ったのも、ここネブワーズなんだわ




そんな、伝説となって語り継がれとる場所でもあるんだわな




過去にネブワーズに登場したアーティストは…




ピンク・フロイド、ジェネシス、レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、レイ・チャールズ、チャック・ベリー、BBキング、ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、10cc、ディープ・パープル、スコーピオンズ、UFO、クィーン、オアシス、ザ・フー、アイアン・メイデン、スレイヤー、メタリカ、メガデス、モトリー・クルー、アンスラックス、リンキン・パーク、モーター・ヘッド、スリップ・ノット…等



ちゅー豪華な顔ぶれやねん




そんな神聖な場所で、日本から来た無名のアイドルが、歌い踊るわけやからな




加えて2014年は、ネブワーズで初めて野外フェスが行われてから40周年ちゅー節目の年だった事もあり、オーナー、プロモーターの会見もあり、出場するバンドも豪華な顔ぶれだったんだわ




3日間行われる、このフェス初日のヘッドライナーは、ザ・プロディジー、2日目はアイアン・メイデン、3日目はメタリカ、ちゅー大御所だわ




この年のソニスのステージは、メインステージであるアポロ・ステージの他に、サターン・ステージ、サテライト・ステージ、ボヘミア・ステージと、4つのステージと会場から成り、BABYMETALは最初、ボヘミア・ステージに立つ予定やったんだわ




ボヘミア・ステージは2000人程しか収容出来ない、テントの中の会場やねん




しかし、反響の大きさから急遽、メイン・ステージであるアポロ・ステージに一気に格上げされたんや




しかも出場する日も、メタリカがヘッドライナーを勤める3日目だったのが、アイアン・メイデンがヘッドライナーの2日目、つまり、フェスが一番盛り上がる中日に変更されたんや




これもソニスのプロモーター、キリマンジャロの格別の扱いがあったんだわな




キリマンジャロと言えば、ザ・フォーラム公演のプロモーターでもあったから、BABYMETALが予想以上の人気、実力だった事を考えての格上げだったのかもしれんな




この日、アポロステージに立ったのは、BABYMETALの他に、デフトーンズ、ゴースト、アンスラックス、アイアン・メイデンを含む全7組やねん




名前を聞いた事も無い、女子グループがメインステージに立つなんて、サブステージに出場するバンドや、そのファンからしたら、ふざけんなよ、だわな




この日のサターン・ステージにはスレイヤー、カーカス、ザ・ワイナリー・ドッグス等が




サテライト・ステージには、グラマー・オブ・ザ・キル等が




ボヘミア・ステージでは、ドッグ・イート・ドッグ、セバスチャン・バック等が出場しとったわ




スラッシュ・メタル四天王のスレイヤーがサターン・ステージやのに、無名、新人に等しいBABYMETALが大御所、アイアン・メイデンと同じアポロ・ステージやからな、これは分が悪いわな




当時はネットに、BABYMETALがソニスのメインステージに立つ事に対しての世界の反応、みたいなスレがあって、BABYMETALの悪口や嫉妬、妨害してやる、みたいなレスが多数あったんだわ




実際、海外のオーディエンスは過激的、暴力的なイメージもあったからな




そんな事もあって、当時のファンの多くは、BABYMETALのソニスでのステージの様子をネットを通して、祈るような気ちで見守っていたんだわな




オッサン的には、BABYMETALが出場する時間は昼やからな、前日のライブ観戦後、遅くまで飲んで騒いでた多くの連中はキャンプエリアのテントの中で、まだ爆睡しとる時間やねん




会場はガラガラで、シートを敷いて寝転んだり、昼食をとりながらノンビリと観戦しとる人達、中にはステージに物を投げ込む輩、ステージ近くにだけ、日本から駆けつけたファンや少数の現地ファンが盛り上がっとる、そんな中で3人が一生懸命に歌い踊っとる姿




ちゅーのをイメージしながらも、オッサンが、これは世界でも通用するんやないか?と見込んだBABYMETALが聖地イギリスで、どの程度まで受け入れられるんやろか?




ちゅーとこが、オッサンが一番、興味深く、気になったとこだったんだわ




やっぱり、どんなにバックが上手くても、クオリティーが高くても、和製メタル、ちゅーだけで受け入れられなくて撃沈されるのか




撃沈されるどころかペットボトルや空き缶攻撃にあってライブが途中で中止されるのか…




そんな事を考えながら、ワールドツアーは始まり、初日のフランス公演のファンカムを観て、観客のノリの良さにオッサン、ビックリしたわ




フランスで、これだけ人気ならイギリスでも、ちゅー感じになったわ




フランスの次のドイツ公演は、フランスほどやなかったけど、これも大盛況と言っていい公演やったわ




今、思えば、フランス人はストレートに感情を表現するけど、ドイツ人は考えて行動する人種やから、そこの違いだわな




オッサン、これはソニスでもイケるんやないか?と感じ始めてたわ




フランス、ドイツと終わり、次がソニスやったんだわ




オッサン的には、このワールドツアーでは、ここが一番の難所、勝負処やと思ってたわ




ソニスで、受け入れられたら、もう、向かうとこ敵無し、と言っても過言やないやろ




世界を手元に、ぐっと引き寄せたも同じだわ




でも、撃沈されたら、これから先の活動にも影響するやろなぁ




でも、このワールドツアーは、あくまで「武者修行の旅」と位置付けられとるから、 挫折しながらも、3人が一回りも二回りも大きくなる為のツアーやから、それもいいのかもな




とも、思ったわ




かくてBABYMETALは、日本のアイドルグループとして初めて、聖地のメタルフェスに挑んだんや
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソニスの訂正 | トップ | ソニスフィアーの奇蹟 2 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。