智うららです。女50の一人言

日記もどきなエッセイです。

野良猫の 目・・・ノラを生きると言うこと

2017-07-16 00:43:36 | 日記
ノラを生きる 厳しさを偶然見てしまった・・・。
その日は 仕事前に寄るところが何ヵ所かあって いつもより
二時間近く前に 家を出た。

駅まで来ると 改札前は人だかり・「人身事故が ありまして
只今 全車輌運転を 見合わせています」と アナウンス。
「あらま〜😅」小さく一人言言い 次のコースを考えながら
一応タクシー乗り場に急いだ。

もうすでに 長蛇の列だが とりあえず並んだ。タクシーロータリー
に中庭があり 中くらいの 大きな葉っぱの木の陰で 黒猫が寝てた。
背中は あまり綺麗な毛並みには 見えなかったから 多分ノラかな?!。

微笑ましくて ボンヤリ見ていたら 急に猟のポーズをはじめピョン
ピョン飛びはじめた。[あ〜(^.^)黒猫のおっちゃんも よくやってる。
カッコだけやけどな〜] と思った瞬間 紋白蝶をパクり(>_<)。
思わず「アッ」と大きな声で 叫んでしまった。

その声に気づいてか?まだ蝶々の羽が口から 少し出てる状態の
黒猫が こちらをギョッと見た。 にらみつけるような その目は
鋭い目・・・ネコのおっちゃんの目とは 違ってた。

[えらいもん 見てしもうたな⤵😅 ] 心でつぶやいた。もう それ以上
見れず スマホ取りだし 気分転換イソイソ。

ノラを生きてたら あたりまえの事やわね。誰もご飯を運んで
くれるわけでもない。一日 何も食べれない日も あるやろうし。
[車に 引かれないようにね] 黒猫の 後ろ姿に言い残した。

待つこと50分位 なかなか順番が進まなかった。 周りの人が
改札へと 急ぎ動きだし ほどなく電車が運転を再開したのに
気づいた。十分遅刻しないですむ 時刻だけど 気が重かった。

うちに来る ネコのおっちゃんと つい比べてしまい 何だか辛い
気分のまま 会社へと急いだ。

*(*_*) お盆過ぎまで いよいよ本格的に暑くなります。どうか
水分補給 よろしくお願いします🙇⤵。 *

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「少し」気に掛けることで 自... | トップ | しんどい世の中に 「光」を感じ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。