智うららです。女50の一人言

日記もどきなエッセイです。

人間が 切り刻まれ捨てられる (詩)

2016-10-13 04:40:01 | 日記
人間が 切り刻まれ 捨てられる
それはまるで 無駄に税金を使う政治家のようだ

人間が 切り刻まれ 捨てられる
それはまるで 幼子に タバコを押し付ける親のようだ

人間が 切り刻まれ 捨てられる
それはまるで 生まれた時から銃を持たされ 戦場だけに生きる
子供たちのようだ




*(*_*) 病院のお昼間・・・車イスのお婆ちゃん 首を起こす事が出来ず
うなだれてる。そのホホに手をあてて リハビリの方が 優しく声を掛ける。
「ハイ!お顔起こしましょうね〜」 ホホを撫でたら シャンとした。
けど 数秒もしないうち お婆ちゃんは ガクンと力が抜けてる。

頭に 大きな包帯巻いた人が 一歩一歩 歩く練習をしている。
不安と 勇気に満ちたような表情に 心でエールを送る。

ここは「命の現場」なんだとつくづく思う。生きることに向き合う。
生きる為に 一生懸命現実と闘う。
何とか元気で 笑える今日・・・なんて 尊い一日だろう。 *


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かけがえのない 宝物 | トップ | 人生の活力曲 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。