桜さくらに歌われて/お箏三弦日記

皆さまこんにちは。しがない箏三弦の師匠のブログでございます。どうぞごゆっくりおくつろぎ下さい。

つづき

2017-07-27 02:11:24 | 日記
しかし、コンクールがすべてではなく、花の咲き時はいつ来るかわからないし、人生の早い時期にスパークして後消えてしまった、ではなんにもならない事、

それより早苗のうちにしっかりした苗にして、大輪の花を咲かせ、たくさんの実りある人生にする事だと考えます。

子供の頃のコンクール入賞経験というのは確かに追い風になると思いますが、コンクールの結果がイコール人格のように見る社会風潮も肌で感じ、それは間違っていると思うので、コンクールで盛り上がり過ぎるのにも抵抗があります。何が大切でしょうか。

本人や家族は素人ですから渦に巻かれます。
入賞者が尊敬されるのは当然、力があるのだから。

しかし。
私は師匠として見るべき所を見誤らないようにしたいと思っています。
コンクールに出ると決めたら、やはり入賞目指して練習するし、あの緊張をくぐり抜けた子は強くなります。くやしい、という感情も芽生えるから良い事だと思います。コンクールは子供を育ててくれます。

ただし子供によりけりで、逆効果になる事もあるから、真剣に本人を見つめて考えて行きたいところです。

コンクールに打ち込んだ頃が懐かしいです。
来年は早くから計画するとしましょう。
また今日明日でドラマが生まれます。


……………………………………

このブログは携帯電話で作成している為、頂戴したコメントは拝見も反映も出来ない事をご了承下さい。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国小中学生箏曲コンクール | トップ | 道標/高校野球/上甲監督な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。