まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『リメンバー~記憶の彼方へ~』TV放送版 17話まで

2017-04-20 09:23:49 | 韓国ドラマのエトセトラ
リメンバー~記憶の彼方へ~ DVD-SET1
クリエーター情報なし
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

レビュー一覧は、こちらから。

 

パク弁護士事務所からは、凶器も出て来ました。

勿論、ナム会長の命令で何者かが密かに置いて行ったのです。

ペ刑事は全てを承知でイログループに寝返ったのです。

 

パク弁護士は、ショックを受けました。

お金のもとでは誰もが簡単に意志を変えられるということです。

 

パク弁護士の弁護を引き受ける者がいません。

サンホは無理を承知でジヌに頼みに来ました。無実だから・・・と。

でもね、ジヌ、流石に引き受ける気にはなりませんでした。

ただ、イナはジヌが気にしている事に気づ来ました。パク弁護士が無実だと察しているからこそ、迷っているのだと。

 

カン判事は、少しずつジョンアの事件の調査を進めていました。

証拠も集まっているようです。

偶然ヨギョンに会ったことから、それとなく話をしました。今現在裁判中の事件以外にも罪を犯している・・・と。

ヨギョンにも、それがジョンアの事件だとすぐに分かりました。

ヨギョンは兄からジョンアを殺したと直接聞いていましたが、考えないようにして来たようで。

だけど、カン判事が調べていると言う事は、それが確実に立証される可能性が高いということです。

思わず、父ナム会長に訴えてしまいました。いつまで兄を庇うのか・・・と。

でも、ナム会長の反応はヨギョンにとっては意外なモノでした。ヨギョンを責めたのです。兄を庇うどころか邪魔をしようとするなんて・・・と。

ヨギョン、ショックでした。父もまた兄と同じように罪を覆い隠そうとしていると。

 

ギュマンは、パク弁護士の面会に行きました。

いい気味・・・ってな感じで嫌みの一つでも言ってやろうと思ったんでしょうね。

ここでまた、パク弁護士が言わなくても良い一言を言っちゃったよ。ジヌがギュマンの犯罪を一つ一つ暴こうとしている・・・なんてね。ジヌが襲われるとか、思わないのかね

ホント、この作品は、一言多いんだよなと感じる事が多いです。

 

ジヌはイナの助言もあって、パク弁護士の弁護を引き受けることにしました。

 

そんな時、カン判事が、ジョンアの事件の凶器・・・本物の凶器をジヌの元にもって来ました。指紋と血液に関する科捜研の調査書も添えて。

ジヌが持っている事が一番良いだろうと考えたのです。

ジヌはショックを受けました。

再度、再審請求をすると決意しました。

 

ギュマンの薬物使用と暴行致傷に関する裁判の2審が開かれました。

ギュマン側は、ハヨン以外の被害者ミニを証人として召喚していました。

あらかじめ、ミニに大金を渡し、偽証を強要してありましたから、ホン元部長検事もギュマンも意気揚々って感じです。

でもね、イナとハヨンは何度もミニの元に足を運び、説得していたのです。

ミニはギュマンに暴行されたこと、ハヨンも同様で、おまけにギュマンは大金で偽証を要求したとまで証言。

前回提出されていた動画を裁判長が証拠として有効と判断していたため、ギュマンの形勢はもーっと不利に。

 

怒るナム会長に、ギュマンはホン元部長検事の手際が悪いと責任転嫁しようとしました。

でも、今回ばかりはナム会長も息子にきつく当たりました。お前に会社は任せられないと激怒し、裁判が終わるまで自重しろと命じました。

ギュマンの怒りがどこに向かうかが心配・・・。

 

パク弁護士の1審が始まりました。

ジヌは検察側の主張をことごとく否定し、優位に立つかと思われたんですが・・・。

検事が“凶器”と言う言葉を使った時、先日カン判事が持って来た父の事件の時の真の凶器の記憶が甦って来たんです。

そうなると、記憶が混乱し、現実と過去とが分からなくなってしまったのです・・・。

ジヌは今この場が、父の裁判だと錯覚sきてしまいました。

パク弁護士も、検事も、カン判事も、突然ジヌが何を言い出したのか・・・と驚きの表情です。

ただ一人、傍聴席のイナだけがその状況を察していました。

とうとう・・・と涙があふれそうです。

 

えーっジヌ、いったいどーなるの

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『華政』49話まで | トップ | 『リメンバー~記憶の彼方へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。