まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『元カレは天才詐欺師♡~38師機動隊~』4話まで

2017-03-20 16:54:12 | 韓国ドラマのエトセトラ

                       

レビュー一覧は、こちらから。

 

ソンイルは、刑事のフリをしてノ・ドッキの家を訪れました。

詐欺が起ったとの連絡があったとソンイルは言い、警察に同行を求めたのですが、イマイチ自信無さげ。

ノ・ドッキが怪しみ始めました。

その時、ソンヒがやってきて、警察に通報したと言いました。で、ソンイルをその場から連れ出そうとしたんですが、一人だけ逃げるなんて出来ないソンイル。

結局、刑事に捕まってしまい、ジョンドと共に連行される羽目に。

事情を聞きたいとノ・ドッキとソンヒも一緒に行ったのですが・・・。

なんと、この刑事2人も、ジョンドの仲間だったーっ

 

ジョンドとソンイルはまんまと逃げだしました。

そして、この隙に、ノ・ドッキの家から大金を盗み出したハクジュ。

ジョンドは、そのお金を返してほしければ、今回の事は騒ぎ立てるなとノ・ドッキと交渉しましたよ。

 

ソンヒが刑事は偽者だったと気付いた時には、既にソンイルたちの姿は警察署から消えていました。

で、例のアジトに乗り込みましたよ。

ソンイルは、ソンヒに事情を説明するしかありませんでした。

それを聞いても、ソンヒは納得できませんでした。元々正直者でそこが好きだったソンヒ。尊敬していたのでしょう。

だから、どうしてもソンイルを犯罪者にはしたくないのです、理由はどうあれ・・・。

 

ジョンドは、ソンヒに対しては遠慮があるようです。

罪悪感でしょうね、きっと。

ソンヒは、ジョンドに騙されて以来、美術専攻から公務員へと、路線を変更しました。抽象的なモノが嫌になったから・・・と言いました。

ソンイルの正直さが好きだった・・・とソンヒ。あなたとは全く違う・・・と。

「偶然会っても、話しかけないで。不愉快だから。」

ソンヒは、冷たく言って去って行きました。

 

ソンヒは、自分がマ・ジンソクの滞納分を徴収するとソンイルに宣言しました。そうしたら、ソンイルも詐欺などしなくて済むから。

で、1課のカン課長に直談判し、ジンソクから徴収するよう行動を始めたのですが・・・。これまで無理だったモノを、今さら徴収できる筈はありません。

反対に、アン局長から勝手な行動をして・・・と注意されてしまう羽目に。

 

ジョンドたちは、今度は土地を買わせる方法を考えていました。

全く価値の無い土地を、マ・ジンソクに売りつけるやり方です。

 

ところが、ノ先生がチームを抜けると言いだしました。

ジョンドに不審感を抱いたようです。詐欺の本当の目的が何かあると考えているようです。これはあのサ刑事が何か吹き込んだのかな?

 

そして、サ刑事がジョンドを訪ねて来ました。

まるでヤクザです。

何か普通の刑事じゃないと感じましたが、ジョンドの父親と何かあるのかな?ジョンドの父は元刑事だったみたいな口調です。不正を働いた・・・と言っていますが、もしかしたら、はめられたのかな?サ刑事に。

ジョンドがノ・ドッキを詐欺にはめようとした事を知ってて、あれこれ嫌味な事を言いまくりです。

ジョンドを心配しているように見せかけているけど、その実は、全く違うようです。

 

ノ先生が抜けた事で、チームは作戦を練り直す事に。

今度は、ソンイルも直接ジンソクと関わっていくことになりました。

まだ躊躇したりぎこちないところはあるのですが、これまでのジンソクの横暴さ、無責任さを思い起こし、必死に役割を務めようとしました。

 

ところが、ジンソクは甘い相手じゃありません。

ここまで経済的にのし上がってきたのは、やはり普通の人間じゃないって事です。

ソンイルがそれと無く口にした再開発用地についての話題に食いつきはしましたが、すぐに全てを信じることはありませんでした。

まず、ノ・ドッキに確認しました。彼がジンソクの不動産についての師匠的立場にいますからね。

そしたら、ドッキは、その情報が真実だと言いました。勿論、ジョンドたちに言わされているわけですが・・・。

それでジンソクは、信じたかに見えました。

ところが、ソンイルが情報源だと言った人物に会いたいと突然ソンイルのところにやって来たのです。

 

ジンソクは、やはりそんなうまい話が転がっているとは信じていませんでした。

詐欺かもしれないと疑ったのです。

それを見極めるためには、約束を変更するのが一つの手だ・・・とジンソクは言いました。

詐欺を計画してる場合、綿密なしけジュールに添って動くわけです。だから、それを変更すると、詐欺師たちは動揺するわけです。

素晴らしい。悪人を褒めるのもなんですが・・・

 

ソンイルは、そう言われたら、応じるしかなくて。

すぐさま、ジョンドにそれとなく予定変更の連絡を入れました。

ジョンドは、必死に対応に当たりました。

ところが。

途中で事故に遭っちゃった

 

ノ・ドッキは、サ刑事にジョンドの詐欺を通報していますよ

まさか、この事故、サ刑事の仕業じゃないよね

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「TSUTAYAアジアMA... | トップ | 『華政』27話まで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。