まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

お勧めの宿♪

2008-10-15 12:38:14 | 北海道旅行関連

今回の旅行で利用した宿は、羽田近くのホテルを入れると6箇所

 

どこの宿も、それぞれ特徴あるサービスをしてくれまして、満足しました

 

でも、その中で、

「一番良かった

と、お勧めしたくなったのが、阿寒湖畔での宿

関連記事は、こちらから。

 

余談ですが、実は、今回泊まるのは、前回の時と同じホテル・・・というのも良いかもと、計画していたのです。

でも、結局、同じホテルは札幌のみでした。

ここ、阿寒湖の宿も、探して見たのですが、ど~も、姿が無い

”つぶれちゃったんだ・・・

と、残念に思っていたのです。

 

ところが、ところがですよ

このホテルに入って、部屋の備品をあれこれ見ていた時、私の眼に飛び込んできたのは、探していた25年前に泊まったホテルのネームプレートの付いた備品

 

ホテルの名前が変わったのに違いない

オーナーが変わった為、建物も新しくなって、名前も変わったんだろう

・・・そんな話題で、ひとしきり盛り上がった次第です。

あ・・・、でも、その点、確かめてないので定かじゃありませんよ

 

ところで、そのホテル、名前は《あかん遊久の里鶴雅》

エントランスから、ロビーで、既に圧倒

 

荷物を預けて、散歩に出る前に・・・と、入ったトイレで、これまた唖然

それが、上の写真。

”ここに住めそう・・・”

と、思っちゃいましたよ。

写ってないけど、電話室もありましたしね

 

それから、通された部屋が、広い

備品が凄い

その様子は、こちら

      

                          

備品に、コーヒーメーカーがあるのって、まぎぃはお初でした

勿論、コーヒー豆も戸棚にありましたし

 

案内してくれたお嬢さんが、お茶を入れてくれて、それを飲みつつ、丁寧な備品やお風呂の説明を聞きました。

テーブルの上にある2段重ねの小さな重箱には、たいていの場合、お饅頭が入ってるもんなんですが、ここは違った

お饅頭は、別の菓子器の中。

重箱には、下の段に豆菓子2種、上の段には、お漬物各種だったんですねーっ

 

お風呂も、勿論良かったですーっ

大浴場にも、スパ並のいろんな種類の湯船があったし、露天風呂は、阿寒湖に面してて、目の下には阿寒湖の湖面が広がってるんですよ

 

食事は、朝も晩もバイキングだったんですが、殆どがその場で作ってくれる料理だったのと、種類も豊富だったので、飽きるような感じはしませんでした

 

ロビーでは、土産物店もあるし、試食コーナーもあって、じゃがバタを提供してましたね。

でも、残念ながら、お腹一杯だったので、食べられませんでした

 

こういった環境が素敵だったと言う事だけじゃなく、何と言ってもサービスをしてくださった従業員の方々の態度が良かったんですよ

 

「旅行会社の人が、”一押し”と勧めたのが判るね

と、アルフィーと話しました。

 

ホント、お勧めします、このお宿

機会があったら、是非泊まってみてはいかがでしょうか

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーチャードグラス | トップ | お初のツーショット公開! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (温泉口コミマニア)
2010-07-19 02:03:29
はじめまして
温泉の口コミ・評判ブログ管理人の温泉口コミマニアと申します。

私のブログでは,温泉宿や旅館に宿泊したときのブログ記事を集めているのですが、大変恐縮ですけれども、事前にお許しを頂くことなくこちらの記事を私のブログの中で紹介させて頂いてます。

もしもご迷惑になる様でしたら、お手数ですけれども、私のブログのメールフォーム、またはコメント欄に「紹介をやめて欲しい」と申し出て頂けますでしょうか?

よろしければ、これからも記事を使わせて頂けるとうれしいです。よろしくお願いいたします。
はじめまして (まぎぃ)
2010-07-19 20:21:29
今、サイトに行ってきました。
まだ、ほんの少ししか見てないのですが、旅の宿を決めるに当たって、やっぱり、実際に利用した人の評判は気になります。

だから、とってもためになるサイトだと思いました。
私の感想が、少しでも参考になれば、嬉しいです。

現在は、家庭の事情でなかなか旅は出来ませんが、サイトはこれから楽しく拝見させてください。
そして、また、どこかの旅館等の記事が書けたら、読んでやってください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。