まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『Wー二つの世界』15話まで

2017-01-25 20:26:30 | 韓国ドラマのエトセトラ

                       

レビュー一覧は、こちらから。

 

チョルは漫画の世界に戻っていました。

自分でも意図しないのに・・・。

顔を挙げたチョルの目に“最終回”という文字が浮かんで見えました。

そしてそこに、これまた漫画の世界に戻ってきたハン議員が

 

ソンムは、ネットで更新された『W』を見ました。ヨンジュが生き返ったのを確認し、会いに行こうとしたのかな?

通りでタクシーをつかまえ、乗り込もうとした瞬間、彼もまた漫画の世界に引き込まれてしまったのです。

画面の隅に“最終回”の文字がありました。

 

そしてヨンジュも漫画の世界にいつの間にか引き込まれていたのです。ソヒの姿でそれを知りました。

“最終回”の文字も見ましたし。

ホテルのフロントで日にちを聞いたヨンジュ。1年が経っている事を知ったのです。

事情が分からないヨンジュは、通りかかったソヒを呼びとめ、チョルの近況を聞きました。

チョルはタブレットを持っていないと判断したハン議員によって病院に放置されました。そしてそのまま逮捕され、死亡の偽装もばれ、拘置所に入れられていたのです。

 

翌日がその控訴審でした。

裁判所に駆け付けたヨンジュ。

ドユンが驚いてヨンジュを呼んだため、チョルもヨンジュに気付きました。

チョルにとっては1年ぶりでした。

結局、公訴は棄却され、死刑が確定してしまいました。

 

ヨンジュは目が覚めてすぐに駆け付けたのに、ここでは1年と言う長い時間が経っていました。

その間、チョルは一人で耐えていたのです。再会がどれほど嬉しいか、チョルの表情で分かります。

ヨンジュは、何故チョルがこの世界から出なかったのかが分かりませんでした。1年もの間耐えなくても、移動できた筈・・・とね。

でも、出来なかったのです。

何度も何度も試みました。でも、出て行く事が出来なかったのです。

「最終回だからだ。」

と、チョル。どーいう意味

 

チョルは現実の世界に戻ってホテルに行こうとしていた時、ふと思ったのです。

本当に疲れてしまった、もう終わりにしたい、この漫画の主人公をやめてしまいたい・・・と。

その瞬間、“最終回”の文字が現れ、本当に最終回が始まったんだ・・・とチョルは思いました。

 

最終回が終わるまで、自分たちはこの世界から出る事はできない・・・とヨンジュは思いました。

 

チョルの手に手錠の鍵と拳銃が出現しました。

脱走しました。

 

ヨンジュは、カフェでチョルを待ちました。必ず来ると分かっているから。

チョルが来ました。

別のハッピーエンドを作ると言いました。自分が計画していた策は失敗してしまったからと。

 

チョルが脱走出来たのは勿論、ソンムが漫画を描いたからです。

ソンムも1年前から漫画の世界に住んでいたのです。

チョルが訪ねた時、ソンムは縄でぐるぐる巻きになっていました。自分で縛ったと言います。

ヨンジュが生き返ったかどうか、きちんと知らないまま、この世界に引き込まれてしまった・・・と言いました。

ヨンジュが目を開けたのを、見ていなかったのね。てっきり知ってると思ってましたよ、あたしゃ。

 

ソンムは1年前この世界に来た時、すぐにヨンジュがいるホテルに駆け付けようとしました。

ところが、途中で、彼の記憶の中に真犯人としての記憶が残っていましてね。突然真犯人になったかのように凶暴で残忍になってしまうのです。

タクシー運転手の首を絞め、警察でも大暴れしたため、精神病院にしまったのです。

そして、治療に来た看護師を絞め殺して脱走してしまったのでした。

 

ソンムが向かったのは自分の仕事部屋。

そこにもう一台タブレットを隠しておいたのです。万が一の時のために・・・。

そして、チョルの手錠の鍵や拳銃を描いたというわけでした。

 

チョルは、ヨンジュをソンムの元に連れて行きました。

縛られた姿は流石に娘とするとショックです。自分でも抑制が効かないからと、ソンム自身がチョルに縛るよう頼んだのですが。

 

3人での静かな生活が始まりました。ほんの少しの間でしょうが。

 

ソンムはチョルに話ました。

自分とチョルとは共存できない・・・と。

チョルがハッピーエンドなら、自分はサッドエンディングだと言いました。

 

その時、ソンムの手はいつも通りで消えたりはしていませんでした。それは何故か。その日看護師を殺したからだ・・・と。

真犯人の存在理由は、人を殺す事。何の躊躇も無く、憐憫の情も無く、人を殺す事・・・。

だから、消えていないんだと。

つまり、もうソンムは真犯人と同化してしまって、昔の自分には戻れないのです。

悪事をはたらかなければ、消滅してしまうし、万が一昔の自分に戻れたとしても、この殺人の記憶を消してしまうことはできず、娘ですら撃ってしまった自分は、もう生きてはいけない・・・とそう思ったのです。

「ここで死なせてくれ。漫画の中で。」

と、ソンムはチョルに頼みました。

でも、チョルは引きうける事は出来ません。

 

その頃、ハン議員はドユンを捕まえていました。

チョルの居場所等を吐かそうとしたけど、ドユンは殆ど何も知りません。

ハン議員はタブレットがチョルの手に渡ったと思いました。いとも簡単に脱走したからです。そうなると、いついかなる方法で復讐されるか分かりません。

「タブレットを持って来い。さもないと友達が死ぬ。」

ハン議員は言いました。

 

ドユンから二つの世界の存在について聞きだしたハン議員。

信じられない話だけど、それならこれまでの脈絡のない事件や事象の全てが説明できるとハン議員は思いました。

 

チョルが隠れ家に戻った時、ヨンジュがソンムに襲われていました。

危機一髪、チョルに助けられたのですが、父親の変貌ぶりに、ヨンジュは驚き恐怖を感じました。

やっぱり縛っていなくては・・・というところです。

 

ソンムの看護師殺しの捜査は進み、発見されるのも時間の問題でした。

チョルは、その殺人事件のこと、ドユン拉致事件をヨンジュに打ち明けました。

ヨンジュは、チョルを監禁し暴行を働いたハン議員の姿を防犯カメラの映像として描いていました。それを警察に送れば、ハン議員は逮捕されると言いました。

ハッピーエンドです。

でも、そうなるとソンムが消えてしまいます。

 

「どんな結末になろうと、お父さんが俺、どちらか一人は去る。」

と、チョルは言いました。

 

チョルはヨンジュの指から指輪を抜きました。自分の指輪も外しました。

ヨンジュをチョルの家族から外すということですね。そうやって、ヨンジュだけはチョルと関係の無い存在だとし、消滅を防ごうと考えているのです。

「どんな結末にするか、君が決めて。俺は君の決定に従うから。」

 

さぁ、最終回です。

理解し納得するのはなかなか難しいストーリーですが、チョルとヨンジュのラブストーリーだと考えると、切なくなります。

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『W-二つの世界』14話まで | トップ | 『W-二つの世界』完観 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国ドラマのエトセトラ」カテゴリの最新記事