まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『グッバイミスターブラック』7話まで

2016-12-20 19:14:12 | 韓国ドラマのエトセトラ
OST (MBCドラマ OST) (韓国盤)
クリエーター情報なし
Loen Entertainment

レビュー一覧は、こちらから。

 

ジウォンは、病院に運ばれました。

5年前の逃走時の爆発で、命は助かったのですが、破片がジウォンの頭に刺さってしまったんですね。

それを取り除く事も出来たのですが、その時動脈瘤が出来てしまったんだとか。

頭を打つ事は、動脈瘤が破裂する危険もあるということですね。

 

メイは、なんと、ソンミンの娘でしたよ。

そしてもう一人の仲間ゲドンは、ジウォンとソンジェの軍での部下だったようですね。この二人は、ジウォンの動脈瘤の事は知らないようです。

 

スワンは、時折亡き母らしき人と一緒に居る夢を見る様です。

そしてその中はいつも象が・・・。

部屋にも象の絵を飾ってあるのですが、なんと、あのぺク・ウンドの部屋にも似たような象の絵があるんですよ。

まさか・・・ウンドとスワンは親子

 

そしてもう一つ関係が分かりました。

スワンの務めるインターネット新聞の編集長ソ・ウジンは、ソ副社長の息子でしたよ。

父親に反抗して、家を出ているようです。

今回、賭博場の映像にウジンの姿が映っているのを知ったウンドは、ソ副社長に敢えて処理させようとしました。

ソ副社長は、ウジンを殴り、大人しくしていろと言いましたが、まぁ・・・従うわけないよね。

 

ジリョンがジウォンと会うのを知ったスワンは、こっそり後をつけました。

ジリョンも、スワンが付けて来ているのを知っていましたが、スワンのジウォンへの想いを知ってるから、知らないフリをしました。

そして、ジウォンもまた、スワンが自分を見ているのを知っても、敢えて気付かないフリをしました。

全てスワンを危険な目に遭わせないためです。

 

ソヌ流通がパク・ホシクを賭博で破産させようとする理由が分かりました。

ホシクが経営している工場の敷地が目当てなんです。カジノリゾート建設地として。

だから、死んだ社員に、ホシクやその他の土地を持つ人たちを賭博に誘いこんで借金まみれにし、挙句の果てに土地を二束三文で借金のカタに買い上げたってわけです。

残すはホシクの土地だけだったので、必死ですよ、彼らも。

でも、結局、ホシクは、ウジンたちの協力で正規の価格で土地を売る事が出来ました。

 

ジウォンは、堂々と会社に現れ、ソンジェに計画をちらちら話すんですね。

5年前のガス開発の入札に関係した人物を探る・・・と言いました。

ソンジェは、すぐにそれをウンドに話しました。と言うか、それをネタに脅したって感じ。

その上、ソンジェは当時のウンドの会話を録音していたんですよ。それもウンドにとってはマズイ証拠ですわな。

ソンジェは、リゾートを自分に譲すよう言いました。その中のカジノ事業に関しては、ウンドに任せるから・・・とね。

 

しかし、そんな脅しに屈するウンドじゃありません。

MRBと投資契約を正式に結び、リゾートの入札をするつもりです。

 

ところが、ソンジェはソンジェでメイとMRB代表と会う約束をしてたんですよ。マリも一緒に。

そして、代表がなんとソンミン。

ソンジェは驚きましたよ。だって彼は5年前、ジウォンの居場所を知らせてくれたソンミンを、ウンドたちに引き渡したわけですからね。気まずいですわ。

ソンミンは、貸しがある・・・と、それも2回・・・とソンミン。

マリは、知らなかった事実です。

一瞬、ソンジェを疑いの目で見ました。

「爆発する前、最後に見た人は・・・。」

と、ジウォンが言わなかった人物の名前が気になるマリです。もしかしたら、それはソンジェなのではないかと。

 

スワンは、ジウォンの電話番号を覚えていました。

で、ふとかけてみると、ジウォンが出た・・・。

間違い電話のフリをして話しをするスワン。勿論、ジウォンはスワンだと分かっています。

親しい友達の番号だったんだけど、私だけが親しいと思い込んでいたみたい・・・とスワン。

「私を忘れてる・・・。」

と。

「忘れて無い。忘れる筈がない。親しかったのに。」

切ろうとしたスワンに、ジウォンが言いました。一瞬、心臓を掴まれて感覚になったでしょうね、スワン。

ぬかりなく会話を録音していたスワン。その部分を何度も何度もリピートして聞いていました。

 

ウンドは、MRBと契約するまで、下手な記事を出させないようにしろとソ副社長に釘をさしました。

ソ副社長、既に手は打ってましたよ。なんと、実の息子なのに、賭博と窃盗の罪を着せましたよ。スワンにも・・・。

でもね、こう言う事、何度もあったようで。

刑事とも顔なじみになっちゃってて、刑事も上司から言われて仕方なくやってるだけなんですよね。簡単な事務処理でスワンを釈放しましたよ。

ウジンは、こうなったら意地でもソヌ流通の記事を出そうと思いまして、スワンに書かせようとしています。

スワンはウンドに突撃インタビューを敢行。

勿論、答えては貰えませんでしたが、ホシクから聞いた賭博や土地の買い占めに関して、疑惑をぶつけました。

あ~ぁ、スワンもウンドに睨まれる結果になりましたね。

親子だったら、悲惨だわ・・・。

 

スワンの前に、ジウォンが現れました。

危険な事に関わらせたくなかったんじゃないの

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『グッバイミスターブラック... | トップ | 『グッバイミスターブラック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。