まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『ショッピング王ルイ』視聴開始

2017-06-22 16:37:02 | 韓国ドラマのエトセトラ
ショッピング王ルイ OST (MBC TVドラマ) (韓国盤)
クリエーター情報なし
Loen Entertainment

レビュー一覧は、こちらから。

 

ゴールドライン会長のチェ・イルスンは、夫と息子夫婦に先立たれ、今や血縁者は孫のジソン(ルイ)=ソ・イングクくんだけ。

占い師にイルスンの運勢が強過ぎるので、傍にいる家族が早死にすると言われてしまいました。

だから、孫のルイをヨーロッパに行かせ、忠実なキム執事に守らせて生活させて来ました。

 

車の運転も危険だからと言われ、食事にも気を配り、とにかくキム執事と共に世の不安や心配という事からは、無縁の生活をして来ました。

そんな彼の唯一の楽しみと言えば、ショッピング。

ネット通販が発達し、世界のどこからでも欲しいモノはとり寄せられる世の中。

ルイは、ブランド品、限定品等の気に入ったモノを次々に買いこんでいました。

でも、ルイの目は確かなようで、彼が選ぶ品はどれも価値が高いものばかり。何でもかんでも買うと言うわけじゃ無さそうです。

 

ルイの幼馴染のぺク・マリは、ルイと結婚してゴールドラインを手に入れようと考えています。

が、ルイにその気は全くありません。

マリの父はゴールドラインのぺク・ソング社長。

え~っと、チェ・イルスン会長の事を『お母さん』と呼んでますが、どういう関係なのかしら?血縁者はルイだけというのだから、血のつながりは無いんでしょうねぇ。

ぺク社長は、次期会長の座を狙っていますけど、まだそんなにあからさまではありません。

 

ある日、ルイはTVで韓国の山奥に住むコ・ボクシル=ナム・ジヒョンさんという女の子を見ました。

日に焼けて色は真黒で、化粧っけは全くありません。

服装だって田舎のアジュンマに近いようなもの。

で、今欲しいのが、冷蔵庫だと言いました。電気も通って無い山の奥なのにね。

あまりにも自分とかけ離れた境遇の女の子なんだけど、ルイはその笑顔に引きつけられました。

 

ボクシルは祖母と弟の3人で暮らしていました。

ところが、TVの取材を受けてから、弟が都会に憧れて家出してしまったのです。

おまけに、祖母が急死。

仕方無く、ボクシルは一人ソウルに出て来ました。弟を探し出してまた山で暮らそうと思ったのかな?

ところが、電車の中で、知らないアジュンマに荷物を盗まれてしまうんです。

お金も身分証明書も失くしてしまったボクシル。

警察に届けましたが、戻ってくる可能性は極めて低いと彼女も分かっていました。

 

途方にくれたボクシルですが、くじける事はありません。

実は、山で自ら掘った山芋をお腹に巻きつけて持っていたのです。

知り合いの話じゃ、天然ものだから500万Wはするとか。

それを売って、どーにかお金を作ろうと思ったのです。

駅で通る人を次々とチェックし、買ってくれそうな人を見定めようとしました。

で、目をつけたのが、チャ・ジュンウォン=ユン・サンヒョンssi。

 

ジュンウォンはもうすぐ40歳になろうかと言うのに、結婚もしてないし、付き合ってる女性もいません。

ゴールドラインのカリスマ本部長です。

この日は、両親に無理やりお見合いをセッティングされたので、出かけた帰りでした。勿論、お見合い相手には、タイプじゃ無いと言っちゃったがため、失敗に終わってました。

ま、本人には結婚する気は全く無さそうです。

 

突然山芋を売りつけて来たボクシルに、ジュンウォンは怯みました。

当然、それが天然ものなのか怪しいと思いましたし、ボクシルの素性も言葉通りかどうか、怪しみました。

で、とりあえず、10万Wを手付として支払い、山芋を受け取り、鑑定してもらうことに。

本モノだと分かった時点で、残りのお金を払う事になりました。

なんだかボクシルの話に乗せられて、する~っとそう言う事になっちゃったわけです。ジュンウォンは家に帰って冷静になり、いつもの自分らしくないと感じていました。

 

チェ会長が倒れました。インフルエンザをこじらせて、高熱で意識不明となってしまったのです。

医者は、高齢と言う事を考えると、このまま意識が戻らなければ、覚悟をしてください・・・なんて言いました。

ぺク社長は驚きますが、つい裏ではほくそ笑んでしまいました。

後継者のルイは、ショッピングしか頭が無いぼんぼん・・・と社内では評判です。そんな人物より、ぺク社長に会社を託したくなるのも当たり前でしょう。

 

この知らせを聞いたルイは、急きょ帰国することに。

ところが、常に一緒のキム執事が同行出来なかったのです。飛行機が満席で同じ便に乗れなかったのです。

ルイは一人で韓国に向かいました。

空港では迎えの者が待ってると言う事だったのに・・・。

何故か次にルイが現れたのは、街かど。

それも、ブランド物のジャンパーを着て、路上生活者となってますよ・・・。

弟を探してビラを配っていたボクシルは、弟が来ていたジャンパーと同じモノを着てる・・・と駆けよりました。

でも、別人です。

 

その頃、チェ会長は回復し、意識を取り戻していました。

そして、ルイを後継者とすると言ったのです。ホ執事に命じて、就任パーティの準備までさせました。

ぺク社長たちは複雑な表情です。

その日の夕方には韓国に到着する筈だったのに・・・。

何故、路上生活者に・・・というところで、つづく。

人気ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ショッピング王ルイ」あらすじ | トップ | 視聴者リクエスト祭第二弾 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。