まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『コ・ホ、星が輝く夜に』2話まで

2017-03-06 11:50:00 | 韓国ドラマのエトセトラ

                      

レビュー一覧は、こちらから。

 

ある日、ホの母親がお見合いの話を持って来ました。

“男による傷を男で治すなんて”・・・と最初は全くその気が無かったのですが、“アリかも”と、思いなおし、お見合いすることに。

仕事のお礼にとカンチーム長が食事に誘ってくれたのを、母と会う約束があるからと断ってでかけました。

ところが、その場所にカンチーム長が偶然来ちゃった。

これは本当に偶然だったみたいで、カンチーム長は、ホが男性と会ってるのを目撃。ホも、見られたことに気付いたーっ

 

笑っちゃうのが、見合いの相手が、カンチーム長そっくりだってこと。・・・二役です、ヨングァンssi。

カンチーム長に見られた・・・と、ホが焦った時、仕事の電話が。

現在進行中の企画のモデルが、突然消えたと言うのです。

それが、ソン・テギという韓流スターで、ジョンソクくんが演じてます。

 

Bチームは緊急会議。

企画自体を別のモノに作り変えてはどうかという案も出ましたが、ホはあくまでもソン・テギを使う案で行きたいと主張。

時間が無いのに・・・とファンチーム長も言い、別のモデルを当たろうと言う話になりました。

「状況が変われば心変わりするものです。」

と、ファンチーム長。

「私は違いましたけど・・・。」

と、ホ。ちくっと皮肉ですね。

 

とにかく、チームは泊まり込みの作業となりました。

疲れ切ったホは、控室のソファーで眠りました。そしたら、誰かが毛布と上着をかけてくれたのですが・・・。

あれはカンチーム長?それとも、他の誰か?

 

ある日、飲み会が開かれました。

ファンチーム長からは絶対に参加して・・・というメールが来ましたが、ホは敢えて欠席。

実家に帰って、お見合いをぶち壊してしまって怒ってる母のご機嫌取りをしようと考えていたのです。

大好きなアイスクリームを持って実家に帰ると、そこで母親と兄の会話を聞いちゃった。

朝から晩まで働いてもお給料は安い、情けないったら・・・とか。娘なんて嫁に言っちゃえば終わり、頼りはあんただけよ・・・とか。

仕事で見合い相手を放り出して行っちゃうなんて、ジフンに振られても当たり前よ・・・とかね。

頭に来たホは、そのまま声もかけずに家を飛び出しました。

そして、親友の同僚ヒヨンにメール。

“クラブにGo

 

ヒヨンは飲み会に参加していたんですが、そのメールを読んで、口実を設けてとっとと先に帰っちゃった。

 

クラブ仕様のメイクと衣装に着替えた二人。

クラブに行って、思う存分踊りました。

ところがそこに、二次会で会社の面々が来ちゃった。

幸い、騒々しさと人の多さでばれませんでしたが・・・。

でもね、カンチーム長は、その喧噪の中で見つけたんですよ、ホを。

近づこうとしたんだけど、邪魔が入ってちょっと目を放した隙に見失っちゃった。

 

その時、ホの前には、オ・ジョンミンが。

ジョンミンは会社の後輩で、この時点で、相当酔っ払っていました。だから、相手がホだと分かりません。

一目で気に入ったので、近づいてきたのです。

で、どさくさに紛れてkissしちゃったよ

ホは驚いて、一発殴っちゃった

 

これ、カンチーム長は勿論目撃していたんですが、もしかしたらファンチーム長も見ちゃったのかな?

翌日の二人の態度が、ジョンミンに物凄く冷たいというか、喧嘩売ってる感じと言うか・・・。

ジョンミンは、何も覚えていない見たいだったのですが、気付いたようですよ。相手がホだったってことを・・・。

ホに急接近して来てます。

それを、カンチーム長が邪魔してるのがまたねぇ

 

カンチーム長が、なぜだかソン・テギの携帯番号を知ってて、ホに教えてくれました。

で、一気に直接交渉が叶い、企画は再発進できそうです。

迷惑をかけたのに、ノー天気で明るいテギを演じるジョンソクくん。可愛いから私は許しましょう

 

ホを迎えに行こうとしたり、影で助けてあげたりするカンチーム長。いったい彼は何者?

単にホを想ってるだけ

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『コ・ホ、星が輝く夜に』視... | トップ | 『コ・ホ、星が輝く夜に』3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国ドラマのエトセトラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。