まったり まぎぃ

愉快な仲間たちの事、日常生活で思う事、好きな事あれこれ。

『コ・ホ、星が輝く夜に』完観

2017-04-05 12:30:34 | 韓国ドラマのエトセトラ

                      

レビュー一覧は、こちらから。

 

ホは、泣きながら、カンチーム長に、自分が酷い事を兄に言った所為かもしれない・・・と打ち明けました。

この辺を探してみようか?・・・と言ってくれたカンチーム長と一緒に、ホは屋台やPCカフェなんぞを探しまわりました。

 

実は、兄が居なくなったと聞いたカンチーム長は、ファンチーム長にホの兄について聞いたのです。

そしたら、ホや母親は知らないだろうけど、ホの兄はお酒が飲めます・・・と、情報をくれました。居酒屋を探してみて・・・と。

カンチーム長を応援するような言い方に、立場を変えたのかと聞いたカンチーム長。

今、ホの家族の前に自分は顔を出せないからだとファンチーム長は言いました。

 

で、見つけたのです。

散々酔っ払って、道端でうずくまっている兄を。

兄は、亡き父の姿を見ていました。

怒りのあまり、兄に掴みかかったホ。

でも、そのおかげで気持ちはすっきりしたようで、兄に素直に謝る事が出来ました。

そんな仲の良い兄妹を、カンチーム長は嬉しそうに楽しそうに笑顔で見つめていました。

 

お礼を言うホを、カンチーム長は食事に誘いました。

何度も誘っているのですが、間が悪かったり会社の食事会が入ったりして、実現出来ていませんでした。

「俺は一見、物凄く怒りっぽく見えるかもしれないが、そうでもない。世界を凍りつかせたこともないし、少なくとも人を不愉快にする天才でもない。だから、一緒に食事しよう。」

その言葉を聞いたホは、まさか・・・と思いました。

カンチーム長についてもウェブで同じレビューを載せていたからです。

見て無いよね、見てたら私は半殺しに遭ってる筈・・・と焦るホでした。

 

初めてのデートにオシャレして出かけたホ。

カンチーム長は、ホと二人だけの時は、仕事の時とは正反対と言って良いほどの優しさなんです。好きだと言う言葉をさりげなく口にするし、優しいのなんのって

ホは、その優しさにも素敵な笑顔にも慣れないので戸惑いまくりです。

 

仕事じゃないんだから・・・と無礼講で行こうと提案したホ。

カンチーム長も了解し、ため口で話始めたホは、自分が倒れて病院に搬送された翌日、カンチーム長は体調を心配せずに怒ってた・・・と文句を言いました。

「倒れた私より仕事が大事?」

「違います。」

と、カンチーム長。こう言う無礼講の時でも・・・いえ、こう言う時は何故か、カンチーム長は敬語で話すんですよね。それがとても純粋に写るんですよね、私には あ、いえ、私が気に入っても何の意味も無いですが

「倒れたと聞いて心配してました。迎えに行けなかった自分が腹立たしくて。よりによってファンチーム長に先を越されました。俺である必要はないけれど、あの時はいい気分じゃなかったんです。」

正直な言葉を聞いて、ホは笑顔になりました。嬉しかったのです。

「私も。」

と、答えました。やっぱりあの時“チーム長が来る事になってる”と聞いて、カンチーム長が来てくれるものだと期待していたんですね。

 

少し素直になったホ。

少し近づいた二人です。

ホのことは、いろいろ知ってる・・・とカンチーム長。誕生日、兄がいること、憧れの先輩がいたこと、情に厚く分析好きで、すぐにデータに依存すること、彼氏と別れて1年・・・等々。

「その間、俺は嫉妬で怒りっぽくなりました。」

 

「いろいろ知ってますが、まだ知らない事があれば、知って行きたい。だから、俺たち、付き合いませんか?」

カンチーム長がkissしました。

ホは避けませんでした。

 

ファンチーム長の父が亡くなった事を知りました。

ホはお葬式に駆け付けました。このところ、ファンチーム長が病院に行くと言って会社を早退した事があったのですが、その理由が分かりました。

ファンチーム長は、ホを抱きしめ、泣きました。

それを見たカンチーム長。この時ばかりは怒りませんでした。

 

ホは、ファンチーム長の両親に可愛がられていました。

特に父親は、実の子のようにホを愛していました。

ホもそれは充分感じていました。だからこそ、最期の挨拶に来たのです。

 

そして、この経験でホは気付いたのです。

明日また家族と同じように会えるとは限らないということを。

母からしょっちゅう届く手作りのスープが、手つかずのまま部屋に置かれていました。既にカビてしまってて、食べられません。

その時、兄から動画が送られてきました。

母がホの作ったCMがTVで流れる度に、録画していたモノだそうです。そんな事一言も聞いた事がありませんでした。

それどころか、母は自分を兄ほどには愛していないと思って来ていましたからね。

母の愛情を自分は如何に分かっていなかったか・・・。

ホはその動画を見ながら泣きました。

そして、実家に飛んで帰りました。

突然帰って来たホを見て、母は驚きました。

ホは母に抱きつきました。大声で泣きました。母は優しく背中を撫でてくれたのです。それだけで十分でした。

 

ある日、ファンチーム長が、ホに話しがあるから、一緒に帰ろうと声をかけました。

その場に、カンチーム長もいましたが、何も言いません。

ホは、何と言って良いのか分からず、口ごもってしまいました。多分、カンチーム長に止めてほしかったんだと思います。

 

「断りましょうか?」

と、二人だけになった時、ホはカンチーム長に聞きました。

「何故俺に聞く。」

そうですね・・・とすねた顔で行こうとしていたホを引き留めたカンチーム長。

「断るのがそんなに難しいか?俺はキープかよ。」

ホも言い返しました。

「そっちこそ“一緒に帰るな”そう言うのは難しい?」

次の瞬間、その自分の態度を後悔したホは、カンチーム長の腕を取って謝りました。

「すみません。頭がちょっと混乱して・・・。」

「お前が混乱するのが一番頭にくる。」

と、カンチーム長。

これまた、きゃぁ~っな台詞ですよ。

 

カンチーム長が決心しました。

ホを渡したくないと、それには正直に自分の気持ちを伝えないと・・・と。

 

ホの家に行くと、ファンチーム長がホの手を取って立っていました。

カンチーム長は、二人に近づいて行きました。

ホがカンチーム長の元に来て言いました。正直に気持ちを話したから・・・と。

カンチーム長を選んだと言う事です。

 

ホは人を一面しか見ないで評価していた事に気付きました。

自分が知らない面を、人はたくさん持っていると言う事です。表面だけでは分からないということですね。

 

思った以上に楽しく面白い作品でした。

余計なエピソードを挟まず、ホの心情を細かく描写し、ありきたりに見えるけど、だからこそ共感できる感情の揺れが表現されていましたね。

そして何度も書きましたが、田代親世さんおっしゃるとおり、キム・ヨングァンssiがめちゃくちゃカッコ良かったと思いました。

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『コ・ホ、星が輝く夜に』7... | トップ | 「僕は彼女に絶対服従~カッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。