Il film del sogno

現実逃避の夢日記

何者/永い言い訳/失楽園

2016-10-16 23:27:17 | 映画

10/16(日)晴れ
6時半起床。朝食後、同居の古老と植木の剪定をする。3か月ぶり、3時間の刈り込みでスッキリ。その後、ネットで予約して昨日から公開の邦画を鑑賞。10:45開始、2割程度の入りと苦戦。原作は未読の直木賞受賞作。監督は演劇出身の三浦大輔。平成版『就職戦線異状なし』ではあるが、ネットやスマホ、SNSなど小道具・アイテムが現代的で怖くもあり。後半の劇中劇構成に大いに感心。これは原作にないシナリオも描いた監督のアイデアだろう。やはり才人なり。ついでにふみ嬢に☆献上。気をよくして贔屓監督の新作を再見。初見の時よりも感動してやはり佳作は再見に耐える。それにしても2割に満たない客席は不入りである。大ヒットする題材ではないが、ファンとしては次回作が撮れなくなるのは大いに困る。愛犬との散歩、ジムでの遠泳、夕食は駅前のイタリアン。夜はPCでアマゾンプライム無料演目を鑑賞。20年前の大ヒット作を天邪鬼にもヒットしていることを理由にスルーしていたが、出来心で鑑賞。古典的な不倫道行ものだが綺麗に撮られている。森田芳光が職人監督であったことが良く解る。それ以上でも以下でもなし。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鱈々 | トップ | ダゲレオタイプの女 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。