Il film del sogno

現実逃避の夢日記

私の殺した男/真珠の頚飾

2017-05-12 01:02:54 | 映画

5/11(木)晴れ時々曇り
快晴気温も上がり爽やかな初夏の空。案件を1日1件確実に処理する。昼食に讃岐うどん。定刻退社して渋谷で途中下車。シネマヴェーラではベルッチ・タッチⅡと称してエルンスト・ルビッチの特集を組んでいる。本日の演目は1930年代の2本。トーキーに移行したばかりのころであるが、第一次大戦後の反戦ものや洒脱に洗練されたコメディーなど今見ても全く古びていない。それにしてもディートリッヒとクーパーのラブシーンというのはこの世のモノとは思えないほど甘美であります。モノクロ画面を見上げて嘆息しきり。雑沓の渋谷の夜道を帰路に就く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイヒマンの後継者 ミルグラ... | トップ | ガーディアンズ・オブ・ギャ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。