Il film del sogno

現実逃避の夢日記

彼女の人生は間違いじゃない

2017-07-18 00:10:43 | 映画

7/17(月)早朝俄雨のち晴れ
7:00起床。愛犬と散歩中に激しい俄雨。雨宿りをして帰宅。シャワーを浴びさせて朝から一仕事。地下鉄で新宿へ向かう。武蔵野館で先週末から公開の邦画を鑑賞。連休最終日、9:45の初回にも拘わらず客席は中高年層中心に8割方埋まっていたのには少し驚き。都下2館、全国でも14館の興行はインディーそのもの。福島県郡山出身の廣木 隆一は不思議な監督である。ピンク時代の何本かと«東京ゴミ女»以降の諸作をほぼ全編劇場鑑賞しているが«ヴァイブレーター»がいまだにベストだと思ふ。最近は少女コミック原作のメジャー作にもクレジットされているが、やはり身上はこうした人心の闇を抉るようなテーマにあると思ふ。自ら著した処女小説の映像化ということで気合の入り方が違うのは本編を観れば明らかだった。カメラは母を亡くし父をスポイルして彼氏との関係をも悪化させた天災という不気味な理不尽さに徒手空拳で格闘する彼女を執拗に追う。タイトルが物語るようにヒロインの心情や生き方を肯定するか否かで評価は分かれるだろう。昼過ぎに戻り、愛犬と夜まで過ごす。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーズ クロスロード | トップ | 獣道 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。