Il film del sogno

現実逃避の夢日記

PとJK

2017-03-29 23:40:48 | 映画

3/29(水)晴れ時々曇り
三寒四温で春も一進一退感あり。のんびり案件を仕上げて月末の目途も立つ。昼に石焼ビビンバ。定刻退社して新宿で途中下車。ピカデリーで先週末から公開の邦画を鑑賞。場内婦女子率8割で7割程度の入り。ジャニーズ系の主演男優と旬の主演女優を起用すればそこそこの集客は見込めるだろう。原作は少女コミックスらしいが未読。函館の景観麗し。以上。しかしこれは本当に酷い。まず基本のシナリオがお粗末。説得力のない無理な展開。押しつけがましく独り善がりなセリフ。演出も単調。締まりのないラブシーン。ドキドキするどころか、こちらが気恥ずかしくなった。役者が可哀想である。口直しに≪ひるなかの流星≫を再見したくなった。地下街をふらついて通勤快速で帰宅。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラエヴォの銃声 | トップ | マイマイ新子と千年の魔法 »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。