映画少年

映画と音楽を愛し 教育の未来を想う 少年のつぶやき

警察(刑事)ドラマ

2017-04-22 05:04:09 | 日記
明日、第二話が放送される「小さな巨人」は、警察組織やそこで展開される人間関係の内幕が描かれる典型的な警察(刑事)ドラマである。
もちろんフィクションであるので現実とかけ離れた場面やエピソードも多々あるのだろうが、それを承知で視聴者は楽しんでいる。
では、当事者、つまり警察関係者はどう思っているのだろうかと、知人の警察OBに尋ねてみたところ、
「時々突っ込みたくなることはあるが娯楽として楽しんでいるよ」ということだった。
そして、警察に就職しようと思うきっかけになったのが、数々の名場面を世に送り出した往年の刑事ドラマ「太陽にほえろ」だったことを少し照れながら明かしてくれた。
案外そうなのかもしれない。ドラマが人の人生を左右することは私自身の人生を振り返ったときにも心当たりがある。

 「太陽にほえろ」
 
 藤堂捜査一係長(石原裕次郎)と精鋭ぞろいの部下たち。
 木製の机が時代を感じさせる。

 「太陽にほえろ」では、当然ながら主役の石原裕次郎の存在感が圧倒的であったが、シリーズごとに入れ替わる若手刑事の活躍も人気の要因だった。
 そしてかれらは、そのキャラクターや服装から愛称が付けられた。例えば、
 
 「マカロニ」(萩原健一)
  
 
 「ジーパン」松田優作
  

 

次回は警察、特に刑事を主人公にしたドラマ(テレビ・映画)を特集したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな巨人 | トップ | 絵本「ふたりはともだち」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。