映画少年

映画と音楽を愛し 教育の未来を想う 少年のつぶやき

夢の中へ

2017-06-13 18:53:02 | 日記


井上陽水のダウンロードランキングを調べてみた。
1位は「少年時代」
陽水最大のヒット曲と言えるこの曲は、発売から27年を経た今でも人気が衰えていない。

そして2位が、現在NHKで放送されている人気番組「ブラタモリ」のエンディング曲「瞬き」である。

洗練された曲想と甘い歌声は実にお洒落で、気の利いたバーでかかっているような素敵な曲である。


3位は、同じく「ブラタモリ」のオープニング曲「女神」
ハロー ハロー お元気?
今夜 なにしてるの?
TVなんか 見てないで
どこかへ一緒に 行こう

この番組は、特別な演出もなくタモリとアシスタントの女子アナが、全国各地をまさにブラブラと歩くだけのものなのだが、時折博識ぶりを披露するタモリのトークに惹かれて一緒に歩いているような気になる。
ご当地の案内人も登場して解説してくれるのでちょっとした教養番組とも言える。
ちなみに、博多編の際に案内人を務めた当時博物館職員だったA氏は知り合いで、今でも会った時にその時のことが話題になる。

話をランキングに戻そう。
その後、「いっそセレナーデ」(1984年)、「リバーサイドホテル」(1982年)と往年の名曲が続く。
他にも中森明菜に提供した「飾りじゃないのよ涙は」(1984年)やパフィの「アジアの純真」(1996年、作曲は奥田民生)などがある。凄い才能である。


しかし、はじめに陽水の才能を思い知らされた曲は、「夢の中へ」(1973年)である。
今でもテレビ番組のテーマ曲やBGMとして耳にすることがある時代を超えた名曲だと思う。


探し物は何ですか
見つけにくい物ですか
カバンの中も机の中も
探したけれど見つからないのに
まだまだ探す気ですか
それより僕と踊りませんか
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか
ウフッフー ウフッフー ウフッフー
サーアー

探し物とは、なんだろう。
自分の生き方?
悩みの答え?
それとも恋の行方?
それらはさておいて、目の前の楽しいことをやろうじゃないか。
そんな感じの曲である。
先の見えない若者、悩み多き若者の気持ちを代弁しているのかもしれない。

そう言えば、ファーストアルバム「断絶」(1972年)に収録された「傘が無い」もそんな感じだったなぁと思う。


都会では 自殺する 若者が増えている
今朝来た 新聞の 片隅に書いていた
だけども 問題は 今日の雨 傘が無い
行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ
つめたいたい雨が 今日は心にしみる
君のこと以外は 考えられなくなる
それは いいことだろう

これも「それはさておき、・・・」的曲である。

今回のタイトルは、「夢の中へ」であったが、話があちこちに及び、まとまりのないものになってしまった。
これも陽水特集らしい?ということでお許し願いたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東へ西へ | トップ | 限りない欲望  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。