悠翠徒然

画像中心

スウェーデンの刑事ドラマ

2016-10-12 12:41:10 | Weblog
BBCが制作しているのかもしれませんが、シリーズもので何年か見てきた刑事ドラマがあります。

今回が最終回でした。

最後は主人公の刑事が、認知症を発生していくと言う終わり方、、、、

ドラマの中で、悩まされ続けてきた父親と同じ道を辿るのです。

ドラマの中で既に亡くなっている父親が最後に出てきて、主人公にこう言うのです。

『お前が覚えられなくても、お前のことをみんなが覚えてくれている』

救われない結末のようでいて、哲学を感じさせる終わり方でした。

記憶はDNAに乗って引き継がれていくのだと思います。

デジャビュの中には、そんなDNAレベルでの記憶がふと蘇ることがあるのではないでしょうか。

過去、現在、未来、、、、

時間を超えた世界に、主人公は旅立っていくのかもしれませんね。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 朝の目薬、4回 | トップ | 若者の車の離れ »
最近の画像もっと見る