悠翠徒然

画像中心

アメ車は日本で売れるのか?

2017-04-21 09:08:09 | Weblog
トランプがどう言おうと、アメ車は日本でドイツ車の様には売れないだろう。

よく言えばおおらかな国民性、悪く言えばざっくりとした国民性が求めるアメ車は、アメリカ大陸でのみその真価を遺憾なく発揮する様に作られているからだ。

それを、よく言えば繊細な国民性、悪く言えばせせこましい国民性をもった日本人が、田畑のあぜ道が少し広くなった程度の裏道で乗り回すことかできるわけがない。

ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンだって、売れ筋は、小さくて小回りの効く安いモデルだ。

アメ車は基本でかいのしか作らず、それを押し付けてくる。

右ハンドルもようやく作り始めた様だが、その途端になぜかフォードは日本から撤退してしまった。

中国の広い大地には、大きくて押し出しの強いアメ車が喜ばれるだろう。

しかし、中国は大気汚染の問題を工場より先に自動車の排ガスに求めたようで、今後数年先にはプラグインハイブリッドや電気自動車の販売を一定量課すことになっているらしい。

新天地を求めて中国大陸に渡ったアメ車は、又してもピンチだ。

もう、アメ車はアメリカ大陸でしか生き残れない絶滅危惧種なのだ。

新型キャデラックもできはよいと聞いているが、日本で売れるアメ車はテスラぐらいだろう。

そのテスラも、でかい、、、、。

ドライバーの高齢化が進む中、求められる車は、安全で、運転がしやすく、燃費の良い便利な車なのだ。

アメリカ自動車産業は日本のことをわかっちゃいないのだ。

いや、わかっちゃいるけど、始められないんだな、株主のことを考えると。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 『九成宮醴泉銘』をよく鑑賞... | トップ | Mr.Beanがメグレ警視を演じて... »
最近の画像もっと見る