悠翠徒然

画像中心

欧陽詢をリスペクトして書きました

2017-04-20 18:31:18 | Weblog


臨書ではありません。

欧陽詢が書いた、私のお気に入りの文字を書いてみました。



縦画四本とも変化をもたせました。

ハネ方と方向を少し変えましたが、横画の角度は合わせました。



上から三本の横画の角度が違うのに、なぜバランスがとれているのか不思議です。

最後の縦画はやりすぎたかも(笑)

でも、リスペクト度が増すとこうなってしまうのです。

書道あるあるかも知れませんね。

欧陽詢は初唐の三大家、楷書の四大家と言われる人物です。

5月6日土曜日のイベントでも、きっと取り上げられているはずです。

代表作の一つに『九成宮醴泉銘』があります。

今回の中から大好きな文字を選んで、リスペクトパワーで書いてみました。

初唐の大家に挑戦です!(笑)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« もう初夏ですが、 | トップ | これで『くじ』なのか、、、 »
最近の画像もっと見る