悠翠徒然

画像中心

金文

2016-11-02 23:36:53 | Weblog
青銅器に鋳込まれた文字を金文と言います。

骨や甲羅に刻するのは直線的にならざるを得ませんが、青銅器に鋳込む場合場合曲線も表現できるのです。

こんな感じ。



そしてこんな感じ。



『殷』の甲骨文字は神との交信に使われましたが、『周』の青銅器に鋳込まれた金文は、人と人を結ぶ文字として使われたのです。

中央政権から地方へ契約や命令、指示などに使われたり、子々孫々に伝える家訓などを鋳込まれてなどして広い範囲で使われました。

地方に伝わった金文は、それぞれの地方で独自の発展をとげます。

そして次第に周の金文とは違う文字になって行くのです。

そしてそれは『篆書体』の成立ににつながっていくのです。

次回は『篆書体』について〜

お楽しみに!







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 三千年のたび | トップ | LINEで告知しちゃったので »
最近の画像もっと見る