悠翠徒然

画像中心

エンジンが悲鳴をあげる暑さ

2017-07-12 06:33:52 | Weblog
エンジンはガソリンを爆発させて動いています。

爆発させるとき、どうしても熱が出てしまいます。

その熱を冷やすのが冷却水。

エンジンの周りをぐるぐると回って冷やしています。

その冷却水を冷やすのがラジエター。

ほとんどの車は前部分についていて、風をあてて冷やしています。

それでも足りない場合は、そのラジエターを冷やすためのファンを回して冷やすのです。

渋滞や停車時は風をラジエターにあてることはできませんからね。

炎天下の青空駐車場でエンジンをかけ、エアコンをきかせて休んでいる車を外から観察すると、ものすごい勢いでファンが回ってラジエターを冷やしています。

遮音性のよい最近の車に乗っているとあまり気がつかないのですが、外はかなりの騒音です。

駐車時アイドリング禁止の規則もあるようですが、運転手の気持ちを考えると環境破壊防止のルールを盾に一方的に取り締まるのはかわいそうです。

でも、もっもかわいそうなのは車のほうです。

ここ数日の暑さで、ラジエターファンとエンジンの悲鳴が、そこらじゅうの駐車場から聞こえていました。

内燃機関にとって、日本の暑く湿度の高い夏はとても過酷なのです。

暑さが落ち着くまでは、古い車に乗ることはできません。

オープンカーと一緒で、夏場の出動は避けたほうがよいのです。

特に日本の夏を想定して作られていない外国車には、とても過酷な夏です、、、、。

あ、まだ梅雨あけしていないのか、、、。

笑えませんね。

みなさま水分補給とエアコン上手に使って、体調管理をしっかりやりましょう。

今日は水曜日、私のお稽古担当曜日です!

元気なお顔見せてくださいね〜

お待ちしております。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« みんなどうやって我慢してい... | トップ | 今日は作品制作に没頭する予定 »
最近の画像もっと見る