悠翠徒然

画像中心

『sontaku』&『revers sontaku』

2017-03-24 08:42:53 | Weblog
『忖度(そんたく)』

最近よく耳にする言葉ですね。

調べてみると『相手の気持ちを推しはかる事』とあります。

それを英語に訳すと
『Reading between the lines』
となるそうです。

つまり、
『行間を読む』、、、、

昨日、日本海外特派員協会で行われた籠池氏の記者会見に出て来た『忖度』という耳慣れない言葉に、現場にいた海外の記者たちはざわついたようぇす。

まあ
『Reading between the lines』
となると、ざわつきますよね。

籠池氏は会見の中で『逆の忖度』と言う言葉も使っていました。

『sontaku』に対して
『reverse sontaku』となったわけです。


会見聞き、例のFAXをみての感想ですが、随分と思い込みが激しく、歪んだ想像力が豊かな方だな、と。

『忖度』は
『相手の気持ちを推しはかる事』ですが、
『忖度を感じる人』は
『思い込みが激しく、ときに歪んだ想像をする事』
なのではないかな、と。

確かにFAXの文章には思いやりが感じられます。

それは安倍昭恵夫人付職員の、籠池氏と安倍昭恵夫人に対する『配慮』であって、それを『忖度』の力が働いた結果とする解釈はできないと思いました。

『随分と丁寧な表現だなぁ』
『見守ってまいりたい云々』のくだりなどは、
『こんな断り方もあるんだなぁ。勉強になるなぁ〜』
と感じたほどです。


籠池夫人と安倍昭恵夫人とのメールも公表されるようですが、この流れだと『爆弾』はなさそうです。

問題はやはり、相場よりかなり低い金額で売却された流れの中で、誰かが私腹を肥やしていなかったのかどうかだと思います。

元を辿れば、騒音問題やゴミの問題で売れない塩漬けになった土地資産を格安にしてでも売却し、流動化できる資産にしたい国の姿勢の中で生まれた規制緩和の結果だったのかもしれません。


ここまで大きくなった話しなのですから、この件も豊洲の件も、疑惑は解明してほしいですね。


















般若心経から二文字

2017-03-23 21:00:17 | Weblog


波磔に気持ち、少しだけ込めてみました(笑)




一つ目の転折は二つ目の転折とかぶらないようにしてみました。

般若心経の文字を二つ書いただけでも、こころが落ち着きます。




『カルテット』を見終わって

2017-03-23 07:36:54 | Weblog
割り切れない結末でしたが、私はすんなりと受け入れることができました。

私も含めてほとんどの人が普通に三流ミュージシャン(笑)

そのほとんどの人たちの人生は、白黒つけられないはっきりしない日常の中で進んでいくのです。

それを受け入れていくのは苦痛ですが、当時に快感でもあるのです。

流されていく、不快な快感、、、、

自虐的ですね(笑)

でもそれが日常です。

今日もやりたい事とやらねばならぬ事のスケジュールが詰まっています。

どうせやるなら楽しんでやろうと思うか思わないかぐらいの違いしかないのです。

それを相手や仕事に対するリスペクトなんてカッコよくは言えません。

単なる生活の知恵程度です。

美味しい料理を食べる為に、汚さず綺麗に卵を割る方法をいく通りか想像して、ニヤッとできたら幸せそうでしょ?(笑)

それでも卵を割った手は、過去に人にいないような過ちを犯しているのかもしれないのです。

でもそこはどうでもいい。

白黒つかないグレーゾーンのままでいい。

私はなんとなくそう思って、日々生きているように感じる日もだにはあります。

そんな感じなのです。

だから、些細な事に白黒つけるのはやめましょう。

パセリに感謝して、メインを召し上がれ。

三流ミュージシャンはパセリみたいなものなのですから。







今月の五週目お休み告知です

2017-03-23 07:20:10 | Weblog


小学生が綺麗なポスターを作ってくれました!

かわいくかけましたね〜

来週の水曜木曜金曜はお休みなんですね。

何しようかな?

ゴールデンウィークの予定はお決まりてますか?

2017-03-23 07:10:55 | Weblog
五月六日土曜に和翠塾『書道倶楽部』の発足イベントとして『遠足』なるものを企画いたしました。
学芸員の方に、漢字のルーツから隋、唐の書家までを解説していただきながら書道博物館を回る事は中々無いと思います。

詳しくは水曜、木曜、土曜の私が担当するお稽古時間で質問してください。

今日は木曜日。

18〜22時で闇営業やってます。


『ゴジラのラ』

2017-03-23 06:56:52 | Weblog
映画『シン ゴジラ』の中で、『ゴジラ』は『呉爾羅』がそのルーツと設定されていました。

昨日は『羅』を書いて見ました。

これは『般若心経』にも出てくる『波羅蜜多』の『羅』でもあります。



今日は『呉爾羅』を完成させることができるかもしれません!

頑張ります〜

結局『奴』を観てしまう(笑)

2017-03-23 06:45:51 | Weblog
体調不良だったのに、我慢できずに深夜まで『シン ゴジラ』を見てしまいました。

ツッコミどころは満載ですが、会議室のやりとりと多摩川防衛ラインの攻防は迫力ありますね〜

続編は作らない方が賢明だと思います。

ゴジラと対等に戦えるのは『巨神兵』か『ウルトラ兄弟』ぐらいしか考えられません。

鉄人でも鉄腕でもエバでもZでも敵わないでしょうからね。






敬うためにはかしこまらないと

2017-03-22 21:06:31 | Weblog
ささっと書いて、敬う気持ちを表現するのは難しいことです。

たっぷりと朱墨をつけて、楷書で書いてみました。



久々に、美しいべんがら色が目に染みました。

誰を敬ったかですって?

それは私に影響与えてくれた、すべての恩師全員に対してです。

出会いに感謝、そして悲しい別れにも感謝できる様にならないと、、、

修行が足りん!

精進します。

ついに『奴』がやって来た!

2017-03-22 17:59:10 | Weblog


今夜は徹夜で見ようと思うのであります(薄笑)


『LEGOランド』

2017-03-22 08:19:36 | Weblog
四月に『LEGOランド』が名古屋オープンするそうで、昨夜その特集番組をやっていました。

責任者がムーミンパパみないな同い年の方でした。

少し身だしなみは気になりましたが、身を削る思いで心血注いでいる時ですから、仕方ないなと。

問題はそこではなくて(笑)、『LEGOランド』が日本で成功するのかどうかにあります。

番組の解説によると、アメリカに二つ、ヨーロッパきは三つ、アジアには二つあるそうで、ディズニーランドとUSJとこの『LEGOランド』の三つが揃う国は、アメリカ以外では日本だけだそうです。

テーマパーク好きの国民性なのか、戦争に巻き込まれそうもない国との判断があったのかはわかりませんが、選ばれたことは間違いないようです。

ディズニーランド並みの料金なのに、かなり狭い、、、、

五分の一ほどだそうです。

そもそも『LEGO』に興味がある人がそんなにいるの?

そんな疑問が浮かびます。

多分私はLEGO第一世代です。

子供の頃LEGOで遊びました。

でもね、似ているけれどやっぱり似ていないんですよね(笑)

だから興味はプラモデルに行っちゃったわけです。

つまり、

積み木→LEGO→プラモデル→フィギュア

なぜフィギュアに行ったかというと、クオリティ高い物を作るのが面倒になっちゃちゃったから(笑)

作るのが好きだったわけではなかったんですね。

LEGOでいろんな建物や街中などの造形をして展示しているようですが、東武ワールドスクエアのほうがクオリティ高いように思えてしまいます。

何せ円谷プロ製ですから!

でも東武ワールドスクエアは真面目すぎるんですよね〜

そこを『LEGOランド』がLEGOにこだわりすぎず、LEGOのデザインと配色に特化した場所にしていけば、LEGOを刷り込まれた人たちが来るようになるかもしれませんね。

ただしリピーターにするには、ハウステンボスのように、細かいアトラクションを数打っていかないといけないのかもしれません。

何れにしても、ディズニーランドやUSJに続くテーマパークにするには、大変そうです。

ムーミパパのかも奮闘が期待されます。