シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 内幸町ホールコンサート八日前のリハーサル

2017年03月13日 01時01分14秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 内幸町ホールコンサート八日前のリハーサル

日曜日 お仕事の方は リハーサル出来なくて
お気の毒でしたけれど
コンサート 一週間前と プラス一日
(この一日が 妙にありがたいものです)
八日前に 全員の作品が ほぼ完成間近になりました。

オリンピック大会でもないので
別に 日の丸を 背負っているわけでも無いし
勝負に 負けたら 監督を引退しなければ
いけないわけでも無いのに

私としては 皆さんの作品に先生としての
責任がある気がして
私の 教え方や 音楽センス 舞台振り付けが
皆さんの素質を 開花させてあげていない場合は
すべて 私の責任なので

どうしたらよいのか・・・と
夢の中でも 教えていたりします。

一人一人の 個性や 声質 音楽的長所短所 
生まれつきの性質 肉体の質 筋肉の状態
生活環境 時間的余裕 健康状況

何もかも 小さな私の脳のなかで 整理整頓して
あとは 感で それぞれの皆さんとの
シャンソン作品 作成に 燃えて過ごしています。

先生が一人で 燃えているのでは
まるで 悲しいピエロ状態ですが
どっこい
私の お弟子さん達は
燃え方は それぞれ違いますが
皆さん 人間がホットで 感受性も強く

一緒に 作品作りに 真剣に立ち向かって
くれるのが 有難いです。

そして それが シャンソン仲間全員なので
一緒に
リハーサルを 聴いていれば
心に感じる感性も 似てきてしまうようです。

人間の芸の術
特に 人間楽器の 声の伝える フランス詩人の 英知の
人間言葉
その えも言われる 人間っぽさ
そして
耳からの美に
リハーサルを聴いて 幸せでした。

プログラムは 先ほど
簡単に 出来ました。
私が お客様だったら
こんな風に 作品羅列 作品展示されていたら
きっと 飽きないだろうなー

22人と私 26曲が あっという間のシャンソン宇宙に
したいなー

本日は 皆さん二回づつ 合間に公開レッスン付きみたいな
リハーサルでしたけれど
四時間の リハーサル宇宙は あっという間でした。
私は たぶん24時間でも 永遠でも 聴きつづけていられるほど
声の 音楽が好きみたいです。

理想の音楽が 何か?
長い音楽人生の中で
ある程度の 指針が 私的には確立したみたいです。

リズム メロディー ハーモニーという
音楽の三大要素の 規則を忠実に

詩人の魂と 自分の心とを 合致させて
朗誦するとき

声には 生きてきた その人間の人生の色彩を
放たせてあげなければ ならない。

なので 私にとって 皆さんの声が 自然に
流れるように と
声楽器の使い方ばかりを
ついつい 教えることになります。

まずは 素材。まずは 声という素材。
声の色という素材が 最終的には 要になる。

トランペット オーボエ フルート
すべての 吹奏楽器の音色が違うように
音色は違うけれど
詰まった 流れない音では 音楽を聴くとき
観客は 欲求不満になります。

声という 息で奏でる吹奏楽器は 相当に
肉の音です。
金属でも 木でもない 肉の暖かい 肉の強い 音のはずです。

そして 肉の声には 温かい 色香の艶もあります。

あー 声
なんて 声という 楽器は 素晴らしいのだろうか。
そして  なんと フランス語の音は 開口と 閉口の
色の繊細な事か。

本日も リハーサルで 
私は すっかり 満足してしまいました。
 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャンソン歌手リリ・レイLIL... | トップ | シャンソン歌手リリ・レイLIL... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事