シャンソン歌手

シャンソンの好きな方 ようこそ !

シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 稽古場の 華麗な花達

2017年07月13日 01時41分35秒 | Weblog
シャンソン歌手リリ・レイLILI LEY 稽古場の 華麗な花達


猛暑の中 朝 市場から ピーちゃんパパの花達が
届きました。感謝。
今日の 生け花 お題は「リリーレイと シャンソン仲間達」
と ピーパパから メールで指示して頂きました。

なので みんな仲間なのだから
一緒に 花瓶の中に 入れようと・・・
一番大きな 九谷焼の花瓶に
ばばばーんと 投げ入れしてみました。

華麗な生き生き シャンソン仲間達さながらです。

パリ祭の後の 感想も皆さまから届き
色々な ご意見で 有難いです。

今回は 歌唱を 軽く・・・軽く・・・と
プロデューサーから 課題を与えられていたので
本当に いつもより ずっと 
躍動感を 工夫して

曲の真ん中から
ジャズスイング リズム
と サンバのリズムに変わるので
その軽快さに 乗るように歌唱法を変えたら

なんとなく 私らしくなく
声が 物足りない感じだったかもしれないです。

軽く歌う・・ということは
クラシック出身で
特に ドラマティックな声の私には 
とても難しくて
悩み尽して
最後に 勝本先生にも 相談したほどで

悩み解決の言葉は
「クラシックの 歌手だって 楽譜通り歌わない味を
だすものよー」と言われて

楽譜を一切忘れて
ナタリーさんからの 指導いただいている原語の 
一息しゃべり の方法で
さらさらさら・・・と 
サンバのリズムに のせて・・という事にしたのですが
いやはや
自分の画像と 音源を確認するまでは
怖い。

一生涯 悩むものなのですねぇ。
クラシック古典音楽と違い
シャンソンは ますますリズムが多様なので
これから先も
課題満載。

あー なかなか ポピュラーのリズムも深い。
ジャズや サンバの リズムの中で
メロディーライン作曲するようなものです。

色々 感想をお聞きして
また来年まで 人生は 修行。

シャンソン嫌いの 我が妹が 
お姉ちゃんの主催するフランス語だけの
シャンソンコンサートの方が まだ 好きだぁー
と 
パリ祭の後 メールに書いてきて嬉しかったです。

妹は 太っているので
私の姿勢と スタイルと 踊りに関しては べた褒めして
くれていたので 
姉の私としては  ボディースタイル作成も
音楽修行と同等の 修行の証なので

来年は 更に 磨きを掛けた ボディーラインで
登場する努力をし続けます。

両方とも 芸道精進の道です。簡単ではないです。

夏場の花の命は とても短い。
パリ祭の 広い舞台で 楽々と踊れるのは
何時までなのだろうか・・・

怖い怖い 自分の将来ですが
取敢えず 出品作品は まるごと私自身 全身。
本当に 将来が怖い。でも 感謝して この道を歩むのが
どうも 私の運命らしいです。
とにかく 感謝。 大感謝。

そして
歌手は 聴きにいらしてくださる方々がいて
歌手として成立するのですから
やはり 
主催してくださる方
応援に駆けつけて下さる皆さんの
お蔭様で 私が存在しているという事も確かです。

ありがたいことです。
自分は 他者がいてくれるから 初めて自分なのだ・・・と
しみじみ感じます。





 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャンソン歌手リリ・レイLIL... | トップ | シャンソン歌手リリ・レイLIL... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事