やまんばの庭

ド田舎のドへき地の、まるでこんな所に日本人・・・みたいな環境の中でのお花との生活、
ありのままの暮しの日記です。

私のしくじり先生、河津桜

2017-04-18 07:41:42 | ガーデニング
人気ブログランキングへ

雨上がりの我が家の庭で、ようやく早咲きの桜、「河津桜」が咲きだしました。

どう?
寒い我が家では、あんまし早咲きってほどでもないけど・・・
やっぱりね、我が家の桜は、これからなんで・・・
この少し色濃い、ピンク色の河津桜のお花は、嬉しい春の訪れで・・・
わたス、可愛く思って見ています。?↓



これね、この画像は、今朝、5時半過ぎごろ撮った画像で・・・
しかも・・・
昨夜の嵐のような雨風に打たれた、まだお花の濡れた状態なんで・・・
あんまし、河津桜の可愛さが撮れんかったけど・・・(わたス、下手だしね・・・)
でも、まぁ、お花は、こんな感じで、今朝は咲いていました。↓




で・・・
わたス・・・
毎年同じ事を言うんだけど・・・

我が家の「河津桜」は・・・
今年もね・・・
やっぱりね・・・
お花と一緒に、葉っぱも、咲いちゃうんだよね・・・↓




わたスね・・・
「河津桜」が、TVで、もてはやされた頃・・・
それはそれは、「河津桜」が欲しくって・・・
その頃、まだ、わたスの地域の大型園芸店でも、「河津桜」の苗が売って無かったんだけど・・・
やっと見つけて、庭のイイポジションに、1本植えましたんです。

そして・・・
数年して、ようやく咲くようになったんだけど・・・
なぜかね・・・
我が家で植えた、「河津桜」は、葉桜で・・・
わたスが、夢に描いていた、あの濃いピンク色のお花が、ドバァ~っと咲く姿ではありませんでした。

で・・・
その時のわたス・・・
「何でぇ~?」って・・・
お花と葉っぱが同時に開く事が理解できず・・・
諦めきれず・・・
きっと、わたスの買った苗は、交配種の河津桜の、アカン所が出た苗だったんだと、そう思って・・・
また、1本苗を買って・・・
また、我が家の庭の中では、イイポジションに植えましたんです。

それがねぇ・・・
2本目も、最初の苗と同じように、花と葉っぱ一緒に開いて、やっぱし、アカンかったです。↓




「あぁぁ・・・河津桜・・・買わず桜・・・だったなぁ~」ってね・・・
今朝もね、少しガッカリしながら・・・
この河津桜の姿を、見てました。↓



なぁ~んてね・・・
河津桜には、なんの罪はありません。

河津桜は、今年も、頑張って咲いてくれましたんで・・・
可愛いお花と、優しげな葉っぱを愛でながら・・・

お花だって、環境ってものがあるんだと・・・
そうよね・・・
人間だって、環境で、性格も、変わちゃうんだから・・・
植物だって、同じ生き物だから、同じだよね・・・

河津桜は、わたスの「しくじり先生」・・・
色んな事を教えてくれた、わたスの大切な、可愛い桜です。


そんでは・・・
今朝の、雨上がりの庭も撮ったんで、貼り付けまぁ~す。↓



↑昨日からの春の嵐のような雨風が引き金になったのか、少し、白木蓮が、咲き始めて来ました。
もしかしたら・・・
今日はね・・・
パートから帰ったら、ハクモクレンも開花して・・・
真っ白な景色が、見えるかも・・・
これは、絶対、葉っぱは後からだから・・・
期待して出掛けまぁ~す。


期待・・・
期待と言えば・・・
強い雨風で、今朝の庭の水仙は、倒れてしまっているけど・・・↓



↑この倒れた水仙は、まだ咲き始めたばかりなので・・・
なんとかね、頑張って、また復活して欲しいってね・・・
期待して見ています。


そうそう・・・
春の嵐の中で、あまり倒れもせず、頑張っていてくれたお花・・・
爽やかなブルーのムスカリが、薄暗い、雨上がりの庭で目立っていたので、撮って見ました。↓



このムスカリ、正式な名前は・・・忘れました・・・
確か・・・
これも、処分品の球根で・・・
わたス、そん時・・・
「ムスカリは、我が家にもあるけど、まぁ、お安いから、どんだけあっても、イイかぁ~」
って、思って、買って来て、適当に、桃の木の下に植えましたんですが・・・
まさかね・・・
こんな、わたス好みの、綺麗なブルーだったんで・・・
このムスカリも、毎年咲くのを楽しみにして、嬉しく見ているお花です。↓




ブルー・・・
ブルーと言えば・・・
今朝、5時半頃のやまのうえの景色は、ブルーっぽい、こんな景色でした。↓



雨は上がったけど・・・
時折、風が、台風のように、ビュービュー吹いています。

さてさて・・・
わたス、今日も、パートだよ・・・
雨にも負けず、風にも負けず・・・
貧困にも・・・
睡眠不足にも・・・
負けず・・・

「今日も、出来る事を、出来る分だけ、ガンバンベー!」

で・・・
ございます。

昨日ね・・・
以前、そう、4年ぐらい前まで、わたスの働くスーパーで、働いていらっしゃった方が、亡くなったと・・・
仕事中に、聞きました。
「エェ・・・ 何でぇ~」
って、聞いたら、ガンだったとか・・・

確か・・・
わたスの働くスーパーでは、60歳になると、半日勤務になるので・・・
「まだ、一日働きたいから・・・」と、仰って、60歳で、退職されて・・・
彼女は、他の所で、働いていらっしゃったと思っていたんだけど・・・
スーパーを、辞めてからも、時々、お孫さんを連れて、お買い物に来ておられたんだけど・・・

本当に、ビックリしました。
そして・・・
悲しかったです。

彼女とは、同じ部署で働いた事は無かったけど・・・
それほどのお付き合いも無かったけど・・・
それでもね・・・
やっぱりね・・・
すご~く、ショックでした、わたス・・・
だって、64歳で、まだまだこれからだよね、楽しめるのは・・・
彼女は、シングルマザーで、早くに離婚されて、お子さんと両親と暮して、頑張って生きていらっしゃったのに・・・


無常ですね・・・・

生きていれば、いつかは、死にきす・・・

分かってるけど・・・

何度そう言う事を、目の当たりにしても・・・
やるせない・・・
悲しいねぇ・・・

わたス・・・
いっつも、思います。
「今年の桜は見えたけど、来年の桜は、見えるのかしら?」
ってね・・・
一日、一日、あっと言う間に、終わっちゃうから・・・
人生も、あっという間に、終わっちゃうね、きっと・・・

どんな事があっても・・・
今を大切に・・・
ですよね・・・
やっぱり・・・

今日も、最後まで見て下さって、ありがとうございました。
人気ブログランキングへ
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒椿「ナイトライダー」 | トップ | エ、エーッ!もう咲いてる »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
河津桜がねぇ (マーコ)
2017-04-18 09:18:16
おはようございます!
その荒らしが今こちら越後にやってきています。
酷い春の気候ですねぇ

河津桜も寒い所に植えた場合は皆そうなるのかしらねぇ
山桜ではないのにねぇ

やまんばさんちには2本もあるのね。
日当たりの良い場所ならいつか暖冬の年に2月から咲くかもよ

水仙もムスカリもローメンテナンスで咲いてくれるので良い子ですよね。

マーコもがんだったら「62歳からあと何年?」という事を覚悟した時もありました。
この方も急に進むがんだったのでしょうが本当に会えなくなって悲しいね。

やまんばさん!!
今日も気をつけて行ってらっしゃい
河津桜綺麗ですね(*´∀`*)ノ。+゚ *。 (イズミ)
2017-04-18 11:23:44
こちらは数日前ソメイヨシノが満開でしたが
どんよりとした天候であまり良いお花見は出来ませんでした
今日は風が強いせいで、あっという間に散ってしまいそうです
やまんばさんはこれからタップリお花見いいですね

河津桜は咲く時期が遅いと葉っぱが一緒に出てくるんですね
そういえば近くの公園にソメイヨシノとは違う
白っぽい花色の桜があって(多分オオシマザクラだと思いますが)
ソメイヨシノと同時に咲くのにそれだけは葉っぱも一緒に出てきますが
私はその桜が一番好きでいつも咲くのを楽しみにしています
そう言えば八重桜や鬱金桜も葉っぱと一緒に咲いてますね
今まで葉っぱのことあまり気にしたことがなかったですが、
葉っぱが出るものはそれもアクセントになって素敵だと思います

同年代の元同僚の方の訃報、心がざわざわするでしょうが
その方は今まで人一倍頑張ってこられた分、
必ず天国で報われていると信じたいですし、
人の寿命は人それぞれだから、仰る通り今を大事に生きていきたいですね

お仕事気をつけて行ってらっしゃい
今日もありがとうございました
河津さくら (ゆき)
2017-04-22 10:20:43
お宅様の河津桜は、たぶん、それで合っていますよ。
山桜混血の自然雑種で、どこかのおばあちゃんが川岸から見つけてきて庭に植えたら、こんなに素敵な桜が咲いた、という伝説は本当なんでしょうかね?奇跡ですね。
宅にも有りますが、やはりはと花が同時にでていますよ。
ご心配なく。  樹形は横広がりになるちょっとお行儀悪い
かたちになります。 2本になってなお素敵ですね。

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。