やまんばの庭

ド田舎のドへき地の、まるでこんな所に日本人・・・みたいな環境の中でのお花との生活、
ありのままの暮しの日記です。

赤紫のお花が咲きました

2017-09-14 07:36:06 | ガーデニング
人気ブログランキング

赤紫のお花が咲きました。
と言っても・・・
わたス、このお花は今まで・・・
毎年、何度ももUPしている、リンドウなのですが・・・
でも、ネタ花も無いんで・・・
今年も、やっぱし、UPです。↓(笑)




リンドウ・・・
これも、晴れている時じゃないと、咲かないお花です。
なので・・・
わたス、咲いているのに気付いて、後で撮ろうって思っていると・・・
思い出した頃には、夕方になっていて・・・
なかなか綺麗に咲いた所を撮れないお花です。
でもね・・・
昨日はね・・・
たまたまパートから帰った時、咲いているのを見たので・・・
忘れないうちに・・・ってね、即、撮ったと言う、この画像であります。↓



ねっ、どう?
青紫色のリンドウも、それはそれでリンドウって感じで、綺麗なお花なんだけど・・・
この赤紫も、なかなかでしょう?

で・・・
これも、いっつも言いますんですが・・・
この赤紫のリンドウが咲いているのは、ツクシカラマツ草の鉢植えの中で・・・
わたス、まったく、植えた覚えは無いんですが・・・
何故そこで、育ったのか、全く分からないのですが・・・
今年も、細々ですが、なんとか、咲いてくれましたんで・・・
とっても、嬉しく見ています。↓



↑このツクシカラマツ草の鉢、もう何年も、植えたまんまなのですが・・・
よくよく見たら、植えた鉢の縁がボロボロになっていました。
だから・・・
今年こそは・・・
絶対、絶対、放たらかしていないで、植え替えなアカンって、思っています。
思ってはいますんですが・・・
それは、毎年の事で・・・
思っていても、なかなか実行できない、グウタラなわたスなんで・・・
「今度は、必ず遣る!」ってね、ここで宣言しときます。
遣っらね・・・
また、UPしますね。(と、自分に言い聞かせるわたスです。)
まぁ、どうでもいい話ですけど・・・ スミマセン。。。。


ではでは・・・
赤紫のお花を繋いで・・・
これも、またまたのUPですが・・・
昔々から我が家で咲いてくれている、赤紫のカクトラノオが、見頃になんでUPです。↓




そんでもって・・・
これは、お花ではありませんが・・・
「コムラサキ」が、少しづつ色づいて来たんで、これも、紫って事で、撮って見ました。↓







コムラサキ・・・
わたスね、昔は、この花が、「紫式部」だと思っていて・・・
ずーっと、この花が欲しくって・・・、
それが、たまたま、お隣のおばあさんが、娘さんが送ってくださったと言って育てていらっしゃったのが殖えて・・・
それを、頂いたんだけど・・・

で・・・
その後・・・
我が家で、こぼれ種で、ドンドン殖えだした頃に・・・
ようやく、これは、紫式部では無いと、知りましたんです。

わたス、まったく気づいていなかったけど・・・
山のそこら辺で、普通に育っている、小さな紫の実の奴が、本当の「紫式部」だと知って・・・
本当に、ビックリポン!しましたんンです。
わたス、それ、庭で育つと、いっつも、引っこ抜いていましたんです。
アハハハ・・・
バカだねぇ・・・

とにかく・・・
我が家は、やまのうえなんで・・・
なんでも、勝手に育っちゃうです。
このミニギボウシだって、こぼれ種で、庭のそこら中に拡散状態で育って咲いていますんです。↓



まるで、雑草の如く・・・です。↓



まぁね・・・
ミニだから、普通のギボウシみたいには、邪魔にはならないけど・・・
邪魔な所は、株の張らないうちに、見つけたら、即、引っこ抜いていますんです。


とにかく・・・
繁殖力強い花は、土の無いような所でも、勝手にこぼれ種で育ちます。
ほらね・・・
コスモスも、我が家では、こんな土の無い所で、秋風にたなびいて咲いています。↓




秋風・・・
今朝も、秋風が吹く、そよそよと吹いている、寂しい我が家です。↓




風・・・
風って言えば・・・
台風、このままだと、我が家は直撃かも?
今朝も、「どうなんかなぁ~?」ってね・・・
とっても、心配して・・・
この、変な雲を、見ていました。↓



↑この空の彼方では・・・
もう既に、台風の影響を受けていらっしゃる方々があるんですよね。
どうか、台風が何処を通ろうとも、最小限の被害で済むようにって・・・
心から、願っています。

そんでは・・・
わたス・・・
今日も、パートなんで・・・
これから、大急ぎで、準備して、出かけまぁ~す。

出来る分を、出来る分しか、出来ないけど・・・
今日も、働ける事を喜び・・・
「頑張んべー!」
でございます。

今日も、最後まで見て下さって、ありがとうございました。(ペコッ!)
人気ブログランキング
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えっ!二階に上がるのぉ? | トップ | 何かねお疲れ気味なんで・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しいリンドウの季節 (マーコ)
2017-09-14 09:35:49
おはようございます!
清々しい朝に赤紫色のリンドウをありがとうございます。

小紫と紫式部の違いがやっと分かりましたよ。マーコも混同してゴチャゴチャだったわ。
https://blogs.yahoo.co.jp/noriomat7/38556446.html  ←コレで
やまんばさんも知ったのが相当後だったなんて
よくそう言う事ってありますよね。

こんなのどかな所にも もう被害のいっぱい出た日本をやっつけないで欲しいよね。

今日も気を付けて行ってらっしゃい
リンドウ可愛いですね(*´∀`*)ノ。+゚ *。 (イズミ)
2017-09-14 10:40:00
ホントに可憐なリンドウ、ウットリしました
綺麗な色のコムラサキ、
ムラサキシキブより実が沢山付いて目立ちますよね

秋になると台風の心配が増えますが、
今度のは日本を直撃するようで心配ですね
外の鉢の片付けを考えなくては

お仕事気をつけて行ってらっしゃい
今日もありがとうございました
こんにちは (山小舎の灯)
2017-09-14 11:48:57
赤紫のリンドウ、どこからきたのでしょうね。ニュージーランドで作られた赤いリンドウがあって、国内でも安代リンドウで販売されていると聞いたことがあります。

ところで、ハナトラノオもコムラサキもシソ科の植物なんですよ。片方は草本で片方は低木ですが。
ハナトラノオは園芸種として海外から持ち込まれたもの、コムラサキは日本の山の中に咲いていたものです。
シソ科って本当に難しいです。(笑)
Unknown (さつまあげ)
2017-09-14 12:14:29
紫式部を鉢で数年育てたことがありますが、HCでコムラサキを初めて見たときは、?、そっくりだけど、実の成り方と色の濃さが違うな、って思ったことを思い出しました。
紫色の実もかわいいんですよね~♪

残暑が残る中、紫系のお花がさわやかで、涼しさを運んでくれてるみたいで、有り難いです~。
Unknown (みっちゃん)
2017-09-14 16:29:15
色の綺麗なリンドウは植え替えの瀬戸際なのでしょうか?
私も遣らなきゃ!と思うものの、その機会を逃し後悔することが度々です。
そのような時に、自分に言い聞かせるような○○宣言は、
意欲が湧いて実行に移せそうですね♪
本物の紫式部を抜いていたと、後で知った時は、どれだけ驚かれたことでしょう!
古風で素敵な名を持つ紫式部だから、
引き抜かれたことに対し、少しもったいない気持ちになりました。
ところで台風が来る前は、お山の雲の様子がいつもと違うのでしょうか?
本当に日常の暮らしに支障がでないことを願いたいです。
少しずつ涼しくなって来ました❗ (Ks)
2017-09-14 17:14:22
先日田舎に行きましたがススキの穗が出ていたり、木々が秋色になっていました🌾🍂
青紫色のリンドウやコスモスが綺麗です✨わが家の屋上のプランタ-の中にいつの間にかはえて紫の実をつけていました‼
鳥が運んで来たのでしょうね⁉
でも、大きくなりすぎて切ってしまいました..紫式部と思っていましたが違うんですね
今日始めてしりました❗
マ-コさんのイラストや写真で違いが
よくわかりました‼
ありがとうございます🎵😊
散歩に行ったときに見かけたら、どちらかなぁ~と確めてみます🎵本物はないと思いますが~
歩く🚶のも楽しくなりますね、きっと🎶
台風何事もなく通り過ぎてくれたらいいですよね🍀
今日も癒される山の景色ありがとうございました🌿🍀💕
Unknown (Ks)
2017-09-14 17:21:35
スミマセン❗
青紫色のリンドウではなく
赤紫のリンドウですね
まちがえました😔
はじめまして (れん)
2017-09-14 17:42:42
シンボルツリーを検討していて、初めてガーデニングブログにやって来ました。
赤紫のお花に目が止まりお邪魔したところ!
紫式部とコムラサキと似た木があると初めて知りました(*_*)
生け花で紫式部を知って十数年…ホームセンターにも置いておらず忘れかけていました。
コムラサキという木についての説明ありがとうございました。
これを期にコムラサキを育ててみたいです(*^.^*)

ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。