やまんばの庭

ド田舎のドへき地の、まるでこんな所に日本人・・・みたいな環境の中でのお花との生活、
ありのままの暮しの日記です。

心配だったけど咲きました

2017-05-06 08:24:26 | ガーデニング

人気ブログランキング

去年、家の側で(我が家の土地)、咲いているのを見つけて・・・
「あらぁ~ こんな所で咲いていたんだぁ~」
ってね・・・
大喜びして、少しだけ、庭に移植したお花が、咲きました。
ねっ、どう? この清楚なお花、野草とは思えないお花で、なかなかでしょう?↓



わたス・・・
ずーっと、欲しかった「一輪草」だったんです。
子供頃は、春になると、野山で遊んでいれば、どこかでは見かけたお花だったんだけど・・・
大人になって、まさかね、野山で遊ぶ・・・なんて事もないんで・・・
ぜんぜん、何処に咲いているのか分からず・・・
かと言って、その辺で、咲いているはずの一輪草を、園芸店で、買うのもねぇ・・・

って事で・・・
とにかく、「あった!あった!」って、喜んで、夫に自慢してたら・・・

そん時ね・・・
夫がね・・・
言いましたんです。
「そんな所に植えたって、絶対着かないよ。やっぱ自然じゃなくちゃ!」ってね。

わたス、「フン!大丈夫だよ、こんな感じの所で、咲いていたんだから・・・」ってね・・・
裏庭の片隅に植えてみたものの・・・
やっぱしね、心の中では・・・
「もしかしたら、ダメかも・・・」と、心配していましたんです。

で・・・
今年になって・・・
いつも、見ていたんだけど・・・
春になって、雪が溶けて、二輪草の葉っぱが、庭で勝手に生い茂って来ても・・・
一輪草の植えた所には、なぁ~にも、それらしいものは、出て来なかったんで・・・
「やっぱ、アカンかったなぁ・・・移植して、可哀相なことしちゃった・・・」って・・・
ガッカリしていましたんです。

それが、それが・・・
最近見たら・・・
何か見た事の無い葉っぱが出て来たんで・・・
草かと思って、ひっこ抜こうと思って・・・
手を伸ばして・・・
フト、思いましたんです。
「もしかしたら・・・これって、一輪草?」ってね。

それでね・・・
「もう少し様子を見て、草だったら、その時、引っこ抜けばイイ」って、思い直して・・・
そぉ~っと、しときましたんです。

そしたらね・・・
諦めていた一輪草の葉っぱに育って・・・
昨日見たら・・・
2輪ですが、お花を咲かせてくれ、本当に、嬉しかったです。↓




ほんでは・・・
昨日見たら、庭で咲いていたお花、まだいっぱいあったんで、貼り付けまぁ~す。

今日も、時間が無いので、ドンドン、画像、行きますよぉ~
モチロン、わたスの記録を兼ねてねっ!

まずは・・・
自然交配で、勝手に育って、こんな可愛い、芝桜のお花に、ビックリポン!しました。↓



桜・・・
桜と言えば・・・
これも昨日、開花し始めたのですが・・・
わたスの還暦の記念樹に植えた「天の川」です。↓



わたス、「天の川」って桜は、最初、本で知りました。
マニアックなお花なので、普通のHCでは、出会いもなかったけど・・・
たまたま、わたスが60歳になる年に・・・
毎年桜や桃の苗木を買う、園芸店に行った時・・・
その園芸店の庭の片隅に、いつ入荷されたのか分からないような、ヘロヘロになった「天の川」って札の付いた桜の苗木を見つけましたんです。
本当に、ヘロヘロになって、枯れそうな苗でした。
でも・・・
それを見ていたら・・・
なんだかね、悲しい事ばっかしで、凹みがちな自分の心のように思えて・・・
「我が家で、一緒に、頑張って生きて行かない?」
「ダメだったら、一緒に天の川に、行こうよ。」ってね・・・
そんな事を思って・・・
連れて帰り、庭に植えました。

あれから・・・
3年?
芯の木は、枯れてしまったけど・・・
今年はね、他の枝が育って、こんな風に、大輪のお花を咲かせてくれました。↓




天の川・・・
いつかは、きっと・・・
わたスが、先に行くから・・・
あなたは、ずーっと、このやまのうえで、私の代わりに、生きて欲しいと、願って、見ています。↓




わたスね・・・
記念樹に限らず・・・
毎年、何らかの、苗木を、「何かの記念に・・・」って、言い訳がましく買って、庭に植えています。

それがねぇ・・・
これはねぇ・・・
去年、何かの記念樹として植えた、桃の花なんだけど・・・
わたス、なんの記念だったのか・・・
ぜんぜん、思い出せないんですが・・・(認知症)
とっても、可愛いお花を咲かせましたんで、UPです。↓




どう? 我が家で咲くのは、今年が初めての小さな桃の苗ですが・・・
早く大きくなって、後ろの桃の花のように、元気に育って欲しいと思って見ています。↓




ちなみに・・・
後ろで咲いている照手桃は、今が盛りで咲いています。↓




あっ、時間が無いので・・・
すみません、ここからは、昨日撮った、庭の様子を、ドンドン貼り付けます。

これも、ずーっと欲しかった椿の「羽衣」ですが、素敵に咲いていました。↓




椿の葉っぱに、隠れているつもりの、アマガエルを見るけたのですが・・・
わたス、爬虫類は苦手なのですが・・・
なんだかね、その隠れているつもりの様子が可愛く見えて、今年始めて見たので、とってみました。↓




お目目直しに・・・
可愛いシャクナゲもUPです。↓



シャクナゲは、けっこう植えたんだけど・・・
わたス、植えっ放しだし、イマイチ、シャクナゲの性格が分からなので・・・
買った苗が、かなり枯れました。

でも、それでも、頑張って育っている苗が、今、こんな風に、少しづつ咲き始めてくれてるんで・・・。↓




やっぱりね・・・
シャクナゲの咲いている、こんな景色を見ると・・・↓



どう?シャクナゲのお花も、なかなかイイよね。↑
わたス、「シャクナゲは、枯れるから、もう止めよう!」って、決めてもね・・・
ついつい、禁断のタガが外れて・・・
アカンですねぇ・・・


たった一輪咲いた、名前忘れたけど、こんな木蓮が咲いていました。↓







たった一輪・・・
こんな可愛い水仙も咲いていました。↓




たった一輪、こんな都忘れも、見つけました。↓




庭の外れで、白い椿も咲いていました。↓




白い椿と言えば・・・

我が家には、昔々から、白い椿があるのですが・・・
わたスね、昔は、八重咲きって、あんまし好きじゃなかったけど・・・
今はね・・・
この椿を見ていると、なんだかね、ジィーンっとなって、涙でそうになります。↓




ねっ、白椿も・・・
素敵でしょう? ↓




椿のお花も、汚れやすいお花なんだけど・・・
でも、それも自然の技なんで、受け入れて、全部が美しく見える・・・(老眼だからねぇ・・・)
そんな、我が家の、昔からの白椿のお花は、今が見頃です。↓




ほんでは・・・
別に、今が見頃・・・って、訳でもありませんが・・・
昨日、適当に撮って見た、庭の様子を、忘れやすい、わたスの記録を兼ねて、UPです。↓















では・・・
わたス、今日は、今から、結婚式にお呼ばれなんで・・・
お出掛けでぇ~す。

そんでは・・・
今日も、見て下さって、ありがとうございました。(感謝)

人気ブログランキング

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白花九輪草が咲きました | トップ | 娘を想う「乙女椿」・・・ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わ~イチリンソウ素敵ですね(*´∀`*)ノ。+゚ *。 (イズミ)
2017-05-06 09:18:53
大好きな山野草からアップ嬉しいです
イチリンソウは花が大きくて美しくて大好きですが、
なかなか見られないのが残念です
ここで見られてラッキーでした

更に次から次へと美しいお花のオンパレード
シャクナゲも椿も見事に咲いていますね
ホント5月は1年で最高の時期ですよね
5月が3ヶ月ぐらい続いたらどんなにいいだろうな~
といつも思ってしまいます
 
結婚式、楽しんできてくださいね
今日もありがとうございました
あ~書き忘れたので続きです(^_^;) (イズミ)
2017-05-06 09:23:13
しつこくて申し訳ないですが
アマガエル可愛くて大好きなのでアップ嬉しかったです
水仙もまだ見られてウットリ
本当にありがとうございました
イチリンソウまでお庭に!! (マーコ)
2017-05-06 10:15:08
おはようございます~おめでたい日でしたよね

大切な場所からイチリンソウが咲いてくれてよかったですね!!
白くて大きなお花を目いっぱい咲かせてここが好きと言っているようです!!
2輪だけでもそれだけ葉っぱか育っていたら来年は・・・もっとたくさん咲きますよね〜

多くの花木の中で記念樹の天の川が活き活き!
もう一つの花桃の記念樹も花びらが多くて良いピンクだね。

羽衣も白椿も山の上だと本当にはつらつと咲いていますね。
白があるとほかの赤やピンクの椿が生きてきますから・・・


都忘れがいよいよですね
解明前のやまんばさんの記事を思い出しますよ

今日はお若いお二人を祝福してきてくださいね

コメントを投稿

ガーデニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。