ヒゲジイのアル中患者よもやま話

朝から飲酒で廃人=死の淵まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。まだ、チョット変かな?

怒りの感情に振り回されないために・・・

2017-06-02 06:31:22 | 随筆
 唐突ですが、嫌な言葉をかけられた場合、一瞬頭の中で “ジワァッ” とした感覚がしていませんか? そして、この感覚と同時に「これはキライだ! オモシロクナイ!」と判断して腹を立てていないでしょうか?

 この “ジワァッ” とした感覚こそ、キライと判断したのと同時に一瞬現われる怒りの兆候ではないか、と私は考えています。俗に「頭に血が上る」と言われているのはこの “ジワァッ”  とした感覚のことだと思います。

 このことに気づいて以来、“ジワァッ” とした感覚を察知したら、精々「あっ、来た!」と一息深呼吸するぐらいに止めてみました。すると不思議に心が鎮まったのです。ですから、この感覚が怒りの兆候とみてまず間違いありません。

 さて、結論です。
怒りなどのマイナス感情に振り回されないためには、感情の湧きだす兆候を察知するだけに止めることです。努々「・・・を変えなければならない」など余計なことを考えてはいけません
これが最善策と思います。

 以前は、「怒っちゃいけない。何とかしなければ・・・」などと考えたものですが、そうするだけで意識が固まってしまい、周りのことが何も見えなくなっていました。抑えが一層効かなくなるだけだったので一切考えないことにしたのです。そうしたらうまくいきました。

 繰り返しになりますが、頭の中で “ジワァッ” とした感覚がしたら、それが怒りの兆候です。まだ生煮えながら、これが私の苦い経験から導き出した結論です。ご用心ください。


 なお、兆候に「気づく」とは敢えてせず、「察知する」としました。「察知する」の方が情報戦の戦時下(?)という緊迫感と臨場感に富んでいると思えたからです。どこか野性的で直感的な語感のある「感づく」もよさそうですが・・・。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アル中の哀しきクセ | トップ | “捨てるヒトあれば 拾うヒト... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一息深呼吸ですね (まーとん)
2017-06-19 21:34:07
こんばんは
いつもヒゲじいさんのブログでかなり勉強させてもらっています。

“ジワァッ” とした感覚を察知したら、「あっ、来た!」と一息深呼吸するぐらいに止めてみる。

実践してみます。

怒ってもとくがないことはじゅうじゅう承知しているつもりなのに・・・

とにかくやってみます。
Re.まーとんさんへ (ヒゲジイ)
2017-06-20 18:11:49
コメントありがとうございます。

頭に血が上る感覚、わかりますか?
トレーニングとしてお勧めしたいのはゴミ拾いです。
試しに、公園や道でゴミ拾いをやってみてください。
ジワァッとした感覚が何度も実感できると思います。
怒りをぶつける相手がいないのも打って付けです。
怒りの減感作療法として私のお勧めです。

コメントを投稿

随筆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL