ヒゲジイのアル中患者よもやま話

朝から飲酒で廃人=死の淵まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。まだ、チョット変かな?

自我のめばえを幼女に教わる

2017-06-20 06:46:32 | 随筆
 図書館でひとしきりうたた寝した後、その帰り道に10分ほど離れたスーパーに寄ってみました。スーパーのイートイン・コーナーで一休みしていると、少し離れたところで2~3歳ぐらいの女の子が大声で泣き叫び始めました。側にいる母親は素知らぬふりをしていました。

 「(あぁ、やってるやってる・・・)」初めはそんな軽い気持ちで見ていました。そのうち、文字通り地団駄を踏んでは体中から怒りが爆発しだしました。
そんな女の子を見て、「(今あの子、頭にジワッと血が上っているな !?)」。女の子の姿に幼い頃の私自身が被って見えました。

 あの歳頃の私も、思い通りになりそうもないと直ぐに悔しさを通り超して怒って泣き喚いていたのでしょう。頭にジワッと血が上った感覚と涙で鼻が詰まっていた感覚は今でも鮮明に覚えています。「(そうか、ヒトって怒っても泣くんだ!)」。アリキタリのことでこんな当たり前のことに気づかされました。

 大人なら、涙を流して泣くのは余ほどの悔しさや悲しさがあってのことで、怒って泣くことはありません。ところが、言葉の未発達な幼児では、悔しさ極まっての怒りでも泣くのです。強いてそこに共通点を挙げるなら、思い通りにならない悔しさでしょうか。幼児の場合は、欲しいものが手に入らない悔しさに、思いを言葉で言い表わせない悔しさが二重になって怒ってしまうのでしょう。

 自分の思い通りにならない悔しさは自分という意識がなければあり得ません。・・・と言うことは 2~3歳ぐらいの幼児でも自我があるということ? じゃぁ、赤ん坊が泣くのも自分の思い通りにならない悔しさ? 赤ん坊にも自我がある? ・・・これ以上やると屁理屈の捏ねくり回しになるので止めにしました。
 
 言葉にできない悔しさは怒りに変わる。
 言葉にできない怒りは泣くことでしか晴らせないこともある。
言葉に思いを託せるか否かが鍵。幼い女の子に実地で教わりました。
 
 アリキタリのことでこんな当たり前のことに今さら気づくなんて、最近どうかしてます。うたた寝したら本来頭が冴えるはずなのに、冴えているのかボンヤリしているのか・・・、少なくともどこか変調を来たしているようです。毎年、2月下旬から3月にかけてと7月下旬から8月にかけて、頭の回転が鈍くなるのが普通ですが、ちょっと早いのではと思っています。今の時期、気温の変化など大したことないはずなのに、思いの外快適な気候続きのせいでしょうか?



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒゲジイ流 “言語化” の流儀 | トップ | 転んでパンダ顔になる?(血... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怒りでも泣く (まーとん)
2017-06-20 07:05:08
今あの子、頭にジワッと血が上っている。
一息深呼吸してー
と思ってしまいました。

私はジワッときたら一息深呼吸したいと思います。
(歳ぜんぜん違いますが)

怒りをコントロールできなければ自分は2~3歳の子供と同じということですね

怒りは相当のエネルギーを使います。

怒らない一日をすごしたいと思います。
Re.まーとんさんへ (ヒゲジイ)
2017-06-20 18:18:50
いつもコメントありがとうございます。

以前の記事と同じ返事となりますが、
頭に血が上る感覚、わかりますか?
トレーニングとしてお勧めしたいのはゴミ拾いです。
試しに、公園や道でゴミ拾いをやってみてください。
ジワァッとした感覚が何度も実感できると思います。
怒りをぶつける相手がいないのも打って付けです。
怒りの減感作療法として私のお勧めです。

ジワァッとした感覚がしたら、とにかく何も考えないこと。
ここが大事!
ゴミ拾いですね (まーとん)
2017-06-20 20:33:26
ヒゲじいさんこんばんは
頭に血が上る感覚なんとなくわかっているつもりなのですが
そこに意識を集中していないのでなんとなくです。

公園や道でゴミ拾いですね
怒りの減感作療法
やってみたいと思います。

ジワァッとする。
何も考えない。

怒らない。
いいですね。
ほんとの平穏で穏やかな日々をすごせそうな気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL