ヒゲジイのアル中患者よもやま話

朝から飲酒で廃人=死の淵まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。まだ、チョット変かな?

挑発する言葉

2017-07-14 07:57:06 | 随筆
 「(自分は)他人を挑発する天性のアル中みたいだ」と言われたことがあると、自分の性格上の欠点を告白した人がいました。まだ酒を飲んでいなかった若い頃の話だそうです。薄々察しがついたので以前読んだ次の言葉を思い出しました。場違いのような言葉なのですが・・・。

― 知的でない人は異なる意見を「自分への攻撃」とみなす。
― 知的でない人はわからないことがあることを恥だと思う。
  その結果、それを隠し学ばない。

 これらの言葉にドキリとしない人がいるでしょうか? 私は痛いところを突かれた思いでした。上の言葉はFBからの孫引きなのですが、人を挑発しようとする際の、ズバリ本質を突いた言葉と思います。

 「知的でありたい。人から知的でないとは見られたくない」のは誰にも共通する思いです。自分と異なる意見は敵対していると見做すことも、自分が知らないことを恥と思うことも、程度に差はあれ誰もが懐いている思いです。これらの言葉を書いた人も、自分にもある性格と認めていたから書けたのだと思います。

 人は誰でも無意識ながら “自分は絶対” と密かに考えているものです。自己愛(自我?)の為せる業なのですが、他者との関わりの中で懐く優越感やら劣等感、さらには慢心や嫉妬心に至るまで疚しい心の源です。そのどれもが胸の奥底に秘めているもので、人前には晒したくないものです。

 挑発する言葉はこの秘めた部分をやんわり刺激して来るのです。天性のアル中と言われた人は、恐らく自分の気に入らないことの腹いせに、相手の秘めた部分をストレートに口にしたのでしょう。そんな言葉を受け取った側はどうすればいいのでしょうか?

 それには人の言葉に容易く動揺しないよう心を鍛錬するしかありません。鍛錬の場としては、黙って人の話を聞けるよう場数を踏むことが一番と考えています。その点、アル症の自助会ミーティングは恰好の場となり得ます。

 自助会ミーティングでは、自分を正直に語ろうとしていますから、核心を突く言葉がよく出て来ます。そんな場では、話し手が聞き手にとっての鏡となり、聞き手が自分自身を相対化した客体とみることができるのです。

 冷静に聞ける耳を養った後は、発憤材料とするか挑発に乗るかは聞く側に立った者の自由です。選択肢が増える分だけお得です。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷暑を乗り切るには汗かき体質に | トップ | 鳩の仲間イジメ? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL