ヒゲジイのアル中患者よもやま話

朝から飲酒で廃人=死の淵まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。まだ、チョット変かな?

正義の味方のコマッタさん

2017-05-23 06:30:02 | 随筆
 朝の市役所ロビーでのことです。いつものように同年配の老人が三々五々集まって来ては新聞を手にとって静かに読んでいました。私もその中の一人でした。

 「何なんだ? グチュグチュうるさいな!」大きな声が隣のテーブルから聞こえてきました。見ると声の主の向かい側に、テーブルを挟んで見覚えのあるジイさんが座っていました。以前、指に唾つけでページを捲っていた私を見て、同じようにイチャモンをつけてきたキツネ目のジイさんです。今回も例の細い目で、例のごとく声の主を睨んでいました。

 「唾がついた新聞なんか、誰が読むか!」キツネ目のジイさんはくぐもった声で詰り続けました。言われた方はそりゃ不本意です。
「それならアンタが読まなきゃイイだけだろう! 指に唾つけぐらいのことで、いちいち人にイチャモンつけるな!」と応戦したので、
「そうですよ! そんな些細なことで言いがかりをつけるなんて可笑しいですよ」と、私もつい加勢してしまいました。

 新聞を読んでいた人は腹を立て、私のテーブルの方に席を移して来ました。するとキツネ目のジイさんはその人にくっついて来て、なおも執拗に詰り続けました。とうとう新聞を読んでいた人は根負けして席を立ち、憤懣やるかたない様子で去って行きました。キツネ目のジイさんはしばらく自分の席に座ったままで、今度は私の方をじっと睨んでいました。私は素知らぬふりをし、そのまま新聞を読み続けることにしたのです。

 それにしても、あの執拗さはただごとではありません。前回の一悶着以来すでに半年経ちますが、私もキツネ目のジイさんには気をつけてきました。いつも朝10時ぐらいに姿を現しては新聞を読むふりをしつつ、その実、新聞越しに細い目で周りを監視していました。幸いその間、私のようにイビられた人はいなかったのです。今回は久々のイビリでした。

 自分は正しいと思い込み、単なるクセに過ぎない人の行儀の悪さが不正としか見えないのです。正した相手からたとえ反発を買っても、自分が正しいのですから悪びれることはありません。いつでも唯我独尊で、何処吹く風と人を詰り続けるだけです。自分の考えが他人からはいびつに映っているなどとは夢にも思わないのでしょう。

 恐らくは多感だった年頃に、指に唾つけをやったことで心に深いキズを負ったのかもしれません。そのときの相手は異性でしょうか。そんな余計なことまで考えてしまいました。心の闇は、かくのごとく他人には容易く見透かすことができても、本人が気づくのは至難の業なのです。私はそれがわかるだけに、黙っているしか他に対策の立てようがありません。

 やれやれ当分の間、私も再び重点的監視対象になりそうです。そうなったら私の方も笑顔(?)で睨み返してやりましょうかネ。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

“気づき” って?

2017-05-19 06:49:34 | 随筆
 「気付く」という言葉には、外からの刺激をリアルタイムで知覚するという意味の「気付く」もありますが、自分の内なる過去を思索し何かを「悟る」という意味も含まれています。さらに「気付く」は、身体的・心理的変化をリアルタイムで自覚するという場合にも使われます。それだけ幅広い意味を持った言葉です。

 私が “気づき” という場合は、ヒラメキに似たこの「悟る」という意味の方が重要で、単に記憶を呼び戻し特定するという意味だけではありません。精神科領域では自分の内なる世界を洞察する自己洞察とも言われ、その積み重ねが依存症の回復に不可欠とされています。

 自助会AAのミーティングでも “気づきの積み重ね” は殊の外大切にされます。その “気づき” という言葉に混乱していた時期がありました。AAのミーティングに通い始めてから1年(断酒後1年半)ぐらいまでの間だったと思います。その頃は、他人の酒害体験を聞くことで、なぜ “気づき” があるのかよくわかっていない状態でした。

 記憶障害に加え、ちょうどひどい想起障害を自覚し始めた時期でもあり、こともあろうに情動不安と情動不安定の区別がつかないほど頭が混乱していました。時の流れがとてつもなくゆっくり感じていた状態から回復しつつありましたが、文章を書いていて時制の区分に混乱するなどとても奇妙な時期でした。

 当時の私は、体験談を聞いて似たような経験を思い出すぐらいのことはあっても、その場で何かに “気づく” ことはまれでした。ミーティングの帰り道、やっと思い当たるということの方が多かったようです。言ってみれば旧式の蛍光灯状態そのもので、即刻点灯するようなヒラメク経験はありませんでした。だから、他のメンバーが「仲間の話で今 “気づいた” のですが…」と即座に反応していたことに感心し、反面強い違和感を持っていました。

 ミーティングでは、一言も聞き漏らすまいと耳をそばだてていたものです。そんなことで集中力が長続きするわけがなく、記憶障害のせいで物覚えも悪かったので、これはと思った言葉でも左から右に抜けていく状態でした。今でこそ聞くでもなしに聞いている状態でも、琴線に触れた言葉はしっかり心に残るようになっているのですが・・・。ゴミ拾いで、見るでもなしに見ている方がよくゴミに気付けるのと同じです。当時はせいぜい最後に聞いた言葉が、辛うじて耳に残る程度だったのです。

 外からの刺激の場合と違い、自分の内なる世界を洞察するには時間が掛かる場合もあるのです。アルコールでイカレた当時の頭でも、「気付く」に幅広い意味があることは理解していました。しかし「悟る」と同義の “気づく” も、外の刺激にリアルタイムで気付けるのと同様に、リアルタイムが当たり前と考えていたようなのです。しばらくは「気付く」というよりは、むしろ「思い当たる / 心当たりがある」という言葉を使った方が正しいのではないかとしきりに考えていました。

 今からみると、ただ単に反応が遅すぎただけなのに、随分可笑しなことを真剣に考えていたものだと思います。後になって、その場で即刻 “気づく” などはむしろ希で、“気づく” には少し間が空く方が当たり前なのだと思えるようになれました。心当たりにヒラメくようなことがあったら、私はそれを “気づき” と呼ぶことにしています。

 酒害体験は個人を超えて共通するところが多く、当然聞き手も似通った経験をしているものです。AAのミーティングでは、話し手は共通したテーマに沿って各自の体験を語ってくれます。言ってみれば異なった角度から同じテーマについて語るわけです。

 聞き手は多角的にそれらを聞くうちに、たとえ遠い記憶であっても似通った経験を呼び戻すことができます。最初のうちは反応が遅くても、聞く経験を繰り返すうちに反応するのが速くなり、中には当然ながらヒラメキもあります。こんなことで “気づきの積み重ね” が得られ、究極の「悟り」につながるのだと私は考えています。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

孫に教わった自分のクセ

2017-05-16 06:43:26 | 随筆
 「どーすっかなぁ~ う~ん これじゃーなぁ~」将棋を指しているときの下の孫のつぶやきです。私の手番になると決まってこうつぶやくのです。しかもわざと太いしわがれ声で仕掛けてきます。
「こーなるかぁ~ う~ん どーすっかなぁ~」

 棋力に格段の差がある孫が相手でも、さすがに小憎らしく聞こえイラッときます。
「いっちゃん、友達と将棋を指すときもそんな変な声を出すの?」
そう問い詰めても孫は黙ったままです。一体どこでこんなことを覚えてきたのでしょう。長い間謎でした。

 私と孫たちとのコミュニケーションは専ら将棋です。長男と私が将棋を指しているのを上の孫が見て興味を示し、その上の孫と私が将棋を指すのを今度は下の孫が見て、うまいこと共通の遊びに引き摺り込めたのです。上の孫は、今では中盤まで私と互角に指せるようになりました。まだまだ詰めが甘いものの、私が窮地に立たされることもしょっちゅうです。

 上の孫が私と平手で指すようになって1年も経たないうちに、下の孫も私と平手で対戦できるようになってくれました。ちょうどその頃からでしょうか、私と二人きりで対戦するときに限って、先のつぶやきが始まったのです。私が断酒を始めて1年ぐらい経った頃のことだったと思います。

 今年になって久しぶりに下の孫と対戦したときのことです。いつものつぶやきが始まりハットしました。「ひょっとして私のマネか?」自分では全く気づいていなかったのですが、上の孫との対戦で窮地に陥ったときに、知らずしらず口にしていたクセなのかもしれません。声の調子といい台詞といい、冷静になってみれば私以外には考えられないのです。

 「な~んだ、おじいちゃんのマネだったのか?!」そう言うと、孫はニヤリとしただけで何も言いませんでした。
 「やっと周りが見えてきたか」そのとき私は正直そう思えました。それまでは自分のことだけに精一杯で、周りのことが何も見えていなかったのです。孫にまで腹を立てていたとは何ともおぞましい限りです。知られざる私のクセばかりか、自分のことにこだわってばかりの姿がどんなふうに映るのかまでも孫に教わりました。
 
 私には2人の息子と4人の孫息子がいます。父親から受け継いだ私の大切なY染色体の系譜です。私としては息子たち2人に囲碁を教えたかったのですが、結局将棋だけになりました。それぞれの駒の働き方さえ理解できれば、工夫次第で相手の駒を召し捕れて、そしてさらに進めて大将を召し捕りさえすれば勝てる、そんな将棋の方が入りやすかったからです。

 囲碁も将棋も全体の形で形勢判断します。単なる領土の分捕り合戦の陣取りゲームであり、一見わかりやすいはずの囲碁の方が、実は教えるのが難しいのです。囲碁は白黒の石の並びだけの単純なゲームですが、ネジレ合いの競り合いになれば初心者では形がハッキリ見えないこと、「生き死に」の概念が難しいことから、結局、息子たちは将棋しか覚えてくれませんでした。

 どうやら孫たちも同じことになりそうで残念でなりません。何を隠そう私に力がないだけなのですが・・・。ちなみに三番目の孫はオセロから始めることになりそうです。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動き出さなきゃ何も始まらない(下)

2017-05-12 06:20:12 | 随筆
 “認知のゆがみ” が露わになるのが性格です。性格は、無理に変えようとしてもなかなか変えられるものではありません。ところが行動なら、ほんの少し向きを変えることで容易く変えられます。それを繰り返せば、無理をしなくても自然に思考パターンが変わり、性格も変わってくれるのではないでしょうか。最近、そう思えるようになりました。
 行動することで自分自身がありのままに見えてきた ― 断酒10ヵ月後から私に起きた変化について更に続けます。

 患者仲間の話に触発されて始めたことなのですが、ブログへ投稿することでも様々なことに気づかされました。

 先ず痛感させられたのは記憶障害の一つ想起障害でした。メモ程度の私的なものなら、言葉そのものや表現に多少誤りがあっても先に進めますが、ブログではさすがにそうも行きません。書いてみて違和感があったら手直ししようとするのですが、どう手直しすべきか的確な言葉がなかなか思い出せないのです。そんなことが頻繁にありました。必死に思い出そうとしても、浮かんで来るのは大抵類似の言葉ばかりで、もどかしいったらありません。

 困ったことはこの他にもありました。考えがなかなか纏まらないことです。書き出しの一文は誰でも苦労するところですが、書き出しだけに限りませんでした。様々な文案が頭の中で飛び交い、そのうち脳が混乱してストライキを起こすのが定番でした。そのお陰(?)でストライキを起こした脳には睡眠を取るのが一番と知りました。夜更かしせずに早く寝れば、早起きのスッキリした頭で書き物が予想外に捗るものです。

 遠回りでピント外れの論旨展開に気づくことも多々ありました。この遠回り思考や、翻訳調の諄(くど)い表現、助詞の使い方に迷うこと、時制に迷うことなど、考えがなかなか纏まらないことも含め、これらは一括りに思考プロセス障害と呼ばれているようです。その原因は想起障害そのものか、あるいは根っこが同じものではないかと私は考えています。

 想起障害や思考プロセス障害は、情動障害などと一括されてアルコール急性離脱後症候群(PAWS≒ドライドランク)と呼ばれています。程度に差はあれ、断酒後の回復過程で誰にでも起こる遅発性の離脱症状です。

 これらの障害は、自分で書いた物が目の前にあるからこそ客観的に可笑しいと見え、ハッキリ自覚せざるを得なかったのだと思います。「ありのままが見えてきた」というのはこういう意味で、読み手にうまく伝えようとすると自分自身をも第三者として突き放して見ざるを得ません。断酒前のようにモノを書くこともせず、行動しないままでいたなら、決して見えて来なかったことと思います。

 障害を自覚できた以外にも貴重な体験がありました。書き出してみて初めてエンジンがかかり、考えが深まることです。それまで一体何を考えようとしていたのか、書いているうちにその輪郭が次第にハッキリ浮き出てきます。

 大凡のテーマを決め、ある具体的エピソードをモチーフに書き始めるのが普通ですが、実の話、テーマがさほどハッキリしてないことの方が多いのです。書くことが記憶を刺激し、着想を広げてくれるのだと思います。書きながら、アーでもないコーでもないと自分自身と対話を重ね、それで初めてテーマの掘り下げが進むものだと実感しました。これも障害がなければ自覚できなかったことかもしれません。

 繰り返しになりますが、性格を無理に変えようとするよりも、先ず行動を変えてみることをお勧めします。手始めに外に出て歩いてみませんか? 外を歩くと、諸々の刺激に身体も脳も自然に反応してくれます。玄関から外に出た途端、大事な忘れ物に気づくことありませんか? 外を歩きながら、忘れていた言葉を不意に思い出すことありませんか? 
「動き出さなきゃ何も始まらない」これは私の実感です。
(この項おしまい)


以下の記事もご参照ください。
“認知のゆがみ” 回復の最難関にどう向き合う?(下)」(2017.2.10投稿)
アルコールPAWSの一つ“思考プロセス障害”の軛(くびき)」(2016.5.20投稿)


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

手荷物は一カ所に!

2017-05-09 06:01:39 | 随筆
 またまたドジを踏んでしまいました。その日は隣市にある県立病院で
3ヵ月に一回の糖尿病外来の予約日でした。

 懸案だった大腸内視鏡検査を受診時に予約できたので、検査の前日と
当日の注意事項を聞いた後、下剤やら検査食やらを買い求めました。昼
飯まで1時間余の時間が空き、病院から歩いて丁度の頃合いだったので、
食堂のある我が市の市役所に歩いて向かいました。日差しも強く脚が棒
になる寸前でしたが、市役所には何とか予定通りに辿り着けました。

 市役所に着いた後はいつもの行動パターンになりました。昼食を終え
るとロビーで少しうたた寝し、目覚めた後はゴミ拾いしながら帰るとい
うお決まりコースです。途中でコープのお店に寄って買い物をするのも
いつも通りでした。いつもと違っていたのは、セカンドバッグを小脇に
抱え、下剤や検査食の入った手荷物を持っていたことと、行きつけの薬
局にも立ち寄らなければいけないことでした。

 薬局の窓口に処方箋を出したときのことです。『お薬手帳』も一緒に
出そうとしたのですが、そのとき初めてセカンドバッグがないことに気
付きました。セカンドバッグには『お薬手帳』の他、医療費の自立支援
受給者証など大切な物が入っていました。一瞬、気が動転し頭が真っ白
になりました。
「セカンドバッグがないんです!『お薬手帳』を入れていました。どこ
かに落としたみたいで・・・」とにかく声に出して言ってみました。
「どこか心当たりはありませんか? 他に貴重品は入っていませんでし
たか?」
「市役所から歩いて来たのですが・・・、金目のものは特に入っていませ
んが・・・。とにかく来た道を市役所まで戻ってみます。」
「夜7時まで(店を)開けていますから、・・・落ち着いて、心当たりを
しっかり探してみてください」そう励まされました。


 薬局の一軒おいた隣に交番があります。そこでも試しに相談してみま
した。
「たとえ金目のものが入っていても大丈夫ですよ。きっと届けてくれま
すよ。見つからないときは本署に電話してください。とにかく落ち着い
て、よく思い出してみてください」と当直の警察官が電話番号をメモし
てくれました。


 交番を出て、来た道を歩き始めて間もなくのことです。
「歩いていて落としたのなら、気付かないはずがない。どこかに置き忘
れたに違いない。自分から置いたなんてことは・・・?」
冷静に行程を振り返り推理してみました。声に出して相談したことで少
し落ち着きを取り戻し、歩き始めたことでどうやら脳が冴え始めたよう
なのです。「自分から置いた」がヒントとなって、すぐに思い当たる節に
辿り着けました。

 途中でコープに寄ったとき、買い物の後でトイレに行っていました。
そこで先ずセカンドバッグを棚に置き、他の手荷物は多すぎたため、棚
ではなく目の前の床に置いたのです。そのとき「ひょっとすると棚のセ
カンドバッグは忘れるかも・・・」と、ご丁寧に懸念までしていたことも
思い出しました。用が済んだ途端、最初に目に入ったモノだけに気を捕
られてしまういつものパターンだったのです。そしてこの推理通り、セ
カンドバッグはコープのトイレにありました。

 手荷物は一ヵ所にまとめて置くのが鉄則です。物を分散すれば、それ
だけ注意力も散漫になります。それでなくても危なっかしい記憶力なの
に、その鉄則を敢えて破ったのですから当然の報いなのです。

 さらに他にも鉄則が・・・。
― 悩みは1人で抱えていてはどうにもならない
― 黙っているより先ず声に出してみなきゃ始まらない
この鉄則にも改めて気づかされた出来事でした。

 鉄則ばかりが増えていくのですが、これで大丈夫でしょうか? それ
にしてもやはり歩きは脳を刺激する、又々実感できました。



いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓    ↓
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加