詩 の 雫

人生の喜怒哀楽を <冠 句> に深め・・・ 

“春夏秋冬の囁き”を 爽やかな風 にのせて・・・

     

視えてくるもの

2016年09月18日 13時34分19秒 | Weblog

 すごく蒸し暑く、過ごし難いですね。

 昨夜も寝苦しく不眠状態で朝になりました。台風の影響の雨でしょうか、古傷も痛み

 スカッと気持ちが晴れぬ日が続きますが、気持ちの切り替えをしながら、今日から

 暫く、支部の選句にかかります。

 毎回、難しさを感じながらの選ですが、いつも心掛ける事は、自分に詠めない句の

 詩想を見つけ、余韻を感じる一句を選べればと思います。気持ちを真っ白にして・・・

 頑張ります。

 

   <冠句から広がる想いの色々>  以前に詠んだ冠句です。

 

                              直向に 句歴十年攀じ上がる

               柿青し 逸る闘志がうずうずと

               柿青し 初心は褪せず心(うら)に秘め

               風通る 響く余韻に残り香も

               広がる輪 深める詩心光帯び

               森の声 こんなに優し里の風

               滲ませて 語り継がれし一代記

               良い予感 一気に詠みし句の響き

               眼がうるむ 気丈な姿文字に視え

               叱咤かも 翳りし一句受け止める

               又も雨 句談義弾み長電話

   

 

                    

 

 

  投句の付箋を机に並べ、「 三才、五客、秀、佳 」を、決めていきますが、

  それぞれのお人柄が浮かんでくる句に、色々な場面に隠れる心の動きが見えます。

  人生図を見るような気持ちで、じっくり考え込んだり、感動したり、自分に置き換えて

  みたり、、、今回も一生懸命向き合いたいと思います。

  後日の句会の場に於いて、「披講」をすることになっていますが、かなり緊張!です。

 

           今日もお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問いかけて・・・ | トップ | 慕情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む